服についたホコリが一発でとれる、手入れ不要なエチケットブラシ「ベストトレッサー」

服についたホコリが一発でとれる、手入れ不要なエチケットブラシ「ベストトレッサー」

Posted at May 7,2013 1:33 AM
Tag:[Goods]

服についたホコリが一発でとれる、手入れ不要なエチケットブラシ「ベストトレッサー」を紹介します。

1.エチケットブラシとは

エチケットブラシとは、生地を撫でるようにしてホコリを吸い取る仕組みのブラシで、ブラシ部分はパイル状にして起毛させた合成繊維(ナイロンなど)が使われています。

「エチケットブラシ」という名称は、1959年にこのブラシを開発した日本シール株式会社の登録商標らしく、他には「リントブラシ」という呼び名があるようです。

以前、エチケットブラシはお店で普通に売られていた記憶がありますが、最近すっかりみかけなくなりました(100均で売っていると思うのですがみつけられませんでした)。

ポケットタイプのエチケットブラシではブラシについた埃をとるのが結構面倒なのと、コロコロといった粘着テープなどの代替手段を使う人が増えたのが、エチケットブラシが店頭から姿を消していった原因ではないかと勝手に推測しています。

ネットで調べてみたところ、エチケットブラシはまだ健在でした。

で、日本シールからエチケットブラシについたホコリを簡単にとれる「ベストトレッサー」というものが販売されていたので、Amazonで即注文しました。レビューの評価もかなり高いです。

実は同じタイプのブラシをかなり以前に使っていて重宝していたのですが、引越しなどでどこかにいってしまいました。今回同じもの(でさらに改良されたもの)が手に入って大変助かりました。

手入れが面倒なのでエチケットブラシを使わなくなった方や、エチケットブラシ自体を知らない方も増えたのではないかと思いますが、個人的には粘着テープよりもおすすめです。

2.「ベストトレッサー」の紹介

パッケージはこのようになっています。

「ベストトレッサー」本体です。ブラシ部分は通常のエチケットブラシと同じように見えます。

ブラシの裏側にレバーがついています。レバーを反対側に倒すと、ブラシについたホコリをとりながらブラシ部分が動くようになっています。レバーは1往復させる必要はなく、反対側に倒すと隠れていたもうひとつのブラシが現れる仕組みになっています。

ブラッシングする方向はレバーの中に表示されています。

たまったホコリは、裏側にたまっていくので、ワンタッチで捨てることができます。

3.使ってみた感想

以前使っていたので効果があるのは分かってましたが、やはり威力抜群です。

フリースやホコリのつきやすいジャケットなど、ささっとブラシをかけるだけであっという間にきれいになります。

ブラシについたホコリもレバーを倒すだけできれいになるので、ホコリを手で取る必要は今のところまったくありません。

手でひっぱらないととれない毛玉などは残りますが(そういうものは他の手段でも同じようにとれないと思います)、ほとんどのホコリはきれいにとれます。

以前使っていた同じタイプのものは何年も使っていたので永く使えると思いますが、もしダメになったとしてもこの程度の価格(2013年5月時点で1203円)であれば数年で買い換えても損はしない感じがします。

4.その他

日本シールから動画も公開されているので、その威力をご覧ください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)