Movable Typeでプレビューファイルを残すことができる「PreviewFileSaverプラグイン」

Movable Typeでプレビューファイルを残すことができる「PreviewFileSaverプラグイン」

Posted at May 10,2013 12:55 AM
Tag:[MovableType, Plugin, PreviewFileSaver]

Movable Typeでプレビュー時のファイルを残すことができる「PreviewFileSaverプラグイン」を公開します。

PreviewFileSaverプラグイン

1.MTのプレビュー機能について

Movable Typeのプレビュー機能では、プレビュー時に

mt-preview-382655ae9353f1d6c0ddc3b5e86f25ee21a787b8.html

といったファイルを作成し、このファイルを表示することでプレビューを実現しています。

MT5.2.3のソースコードを確認したところ、プレビューファイルを削除する契機は、ブログ記事の場合であれば、

  • プレビュー画面で「このブログ記事を編集する」をクリックして編集画面に戻るとき
  • プレビュー画面で「このブログ記事を公開する」をクリックして記事を公開するとき

などになっているようです。

削除は、プレビューを行ったときに保持しているセッション情報を元にしています。ファイルの削除と同時に、プレビュー時のセッション情報も削除します。

2.本プラグインの機能

「PreviewFileSaverプラグイン」を利用すれば、上記の契機でファイルを削除しないようにすることができます(セッション情報は削除します)。

通常、プレビューファイルを再利用することはないと思いますが、例えば公開前のプレビューファイルを残して、そのファイルをMTユーザー以外の人に見せてチェックしてほしいという場合に使えるかもしれません。

プレビューファイルが残っている場合、同じセッションであれば次回のプレビューで上書きされます。異なるセッションでプレビューすれば、別のプレビューファイルが残ることになります。

3.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。

PreviewFileSaver_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるPreviewFileSaverフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「PreviewFileSaver~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

4.注意事項

このプラグインを利用すると、すべてのウェブサイト・ブログのプレビューファイルが残ります。

また、テンプレートのプレビューでもファイルが残ることになります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)