Google Chromeのテキストエリアに表示される赤い波線を消す方法

Google Chromeのテキストエリアに表示される赤い波線を消す方法

Posted at February 24,2014 1:55 AM
Tag:[GoogleChrome]

Google Chromeのテキストエリアに表示される赤い波線を消す方法を紹介します。

赤い波線

1.問題点

Google Chromeでブログなどのテキストエリアに文字を入力すると、半角英数文字に大量の赤い波線が表示されます。

赤い波線

2.原因

原因はスペルチェック機能が有効になっているためです。

スペルチェック

以下、対処方法をいくつか紹介します。

3.テキストエリアに表示される赤い波線をすべて消す

赤い波線をすべて消す手っ取り早い方法としては、このスペルチェックを無効にする手があります。

「Google Chromeの設定」アイコン→「設定」をクリック。

Google Chromeの設定

設定画面をスクロールして、一番下にある「詳細設定を表示...」をクリック。

設定画面

さらに項目が表示されるので、「言語」→「言語と入力の設定...」をクリック。

詳細設定

デフォルトでは「スペルチェックを有効にする」にチェックが入っているみたいです。

言語と入力の設定

「スペルチェックを有効にする」のチェックをはずして「完了」をクリック。

スペルチェック

これでテキストエリアの赤い波線が表示されなくなります。

赤い波線が表示されなくなったテキストエリア

4.赤い波線を一時的に消す

もう少し調べてみたところ、スペルチェックを一時的に無効にする方法もありました。

テキストエリア上で右クリックして、「スペルチェックのオプション」→「テキストフィールドのスペルをチェック」のチェックをはずします。

(クリックで拡大)
スペルチェックのオプション

これでこのテキストエリアのみ、赤い波線が表示されなくなります。

5.辞書を追加する

3項・4項の方法では、本来行うべきスペルチェックができなくなります。

ということで、下線が表示された文字を辞書登録し、スペルチェック対象外にするという本来の対処方法も紹介します。

テキストエリア上で辞書に追加したい文字を選択。

文字を選択

右クリックして「辞書に追加」を選択。

辞書に追加

これで選択した文字が辞書に追加され、スペルチェックでOKと判断されます。

テキストエリアの表示

または2項の手順から「カスタム スペルチェック辞書」をクリック。

カスタム スペルチェック辞書

辞書一覧が開くので「新しい単語を追加」に登録したい単語を追加していきます。

新しい単語を追加

これで追加した部分については正しいスペルであれば下線が非表示になり、本来のチェックが行えるようになります。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)