Google ウェブマスターツールの「robots.txt テスター」の使い方

Google ウェブマスターツールの「robots.txt テスター」の使い方

Posted at July 17,2014 12:33 AM
Tag:[Google, Webmaster]

Google ウェブマスターツールの「robots.txt テスター」の使い方を紹介します。

1.はじめに

Google ウェブマスターツールの「クロール」メニューにある「ブロックされたURL」というサブメニューが「robots.txtテスター」に変わったようです。

旧メニュー
旧メニュー

新メニュー
新メニュー

メニューを開いた画面での機能は大きく変わっていないかもしれませんが、本エントリーで紹介したいと思います。

2.robots.txt テスター

robots.txtテスターの画面は次のようになっています。

robots.txtテスターの画面

編集画面ではrobots.txtを編集することができます。

編集画面

その下のテキストフィールドには、robots.txtでブロックの状態をテストしたいURLを設定します。

ブロックの状態をテストしたいURL

テストでのデフォルトは「Googlebot」になっています。

Googlebot

botは次の7種類から選択することができます。

botの選択

3.URLのテスト

実際にURLを入力して「テスト」をクリックしてみます。

実際にURLを入力して「テスト」

OKの場合、次のように編集画面の「Allow: /」の部分が緑色に反転します。

実行結果

また、「テスト」ボタンの部分には「許可済み」と表示されます。

許可済み

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)