:checked擬似クラスでチェックボックスに連動して要素を表示させる方法

:checked擬似クラスでチェックボックスに連動して要素を表示させる方法

Posted at September 16,2014 12:33 AM
Tag:[CSS]

CSSの:checked擬似クラスを使って、チェックボックスに連動して要素を表示させる方法を紹介します。

チェックボックス・ラジオボタンの動作に連動して要素を表示(または非表示)するCSS

1.はじめに

次のようなチェックボックスがあるとします。

チェックボックス

そして、チェックボックスのチェックに連動してテキストフィールドを表示(または非表示)させるものとします。

テキストフィールドを表示

このような制御を行いたい場合、次のようなjQueryを書けば実現できます(よりエレガントな書き方はあると思いますが)。

<script>
$(function(){
    $('input[type=checkbox]').click(function() {
        if ($(this).prop('checked')) {
            $('.bar').show();
        } else {
            $('.bar').hide();
        }
    });
});
</script>
<div class="foo">
  <input id="foo" type="checkbox" name="foo">
  <label for="foo">foo</label>
  <div class="bar" style="display:none">
    <label for="bar">bar:</label>
    <input id="bar" name="bar" type="text">
  </div>
</div>

ここではjQueryを使わずCSSだけで実現する方法を紹介します。

2.CSSだけで要素の表示・非表示を制御する

CSSだけで要素の表示・非表示を制御するには、タイトルのとおり:checked擬似クラスを利用します。

<style>
.bar {
    display: none;
}
input:checked + label + div {
    display: block;
}
</style>
<div>
  <input id="foo" type="checkbox" name="foo">
  <label for="foo">foo</label>
  <div class="bar">
    <label for="bar">bar:</label>
    <input id="bar" name="bar" type="text">
  </div>
</div>

まず、該当の要素を非表示にしておきます。style属性で指定すると目的の要素が表示されなくなるようなので、style要素で設定してください。

.bar {
    display: none;
}

チェックボックスがチェックされると:checked擬似クラスが有効になり、隣接セレクタ(+)を使って非表示にした要素を表示させます。

input:checked + label + div {
    display: block;
}

動作はFirefox/Chromeで確認しています。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)