圧縮ファイルを解凍できるオンラインサービス「B1 Online Archiver」

圧縮ファイルを解凍できるオンラインサービス「B1 Online Archiver」

Posted at October 10,2014 12:55 AM
Tag:[Service]

圧縮ファイルを解凍できるオンラインサービス「B1 Online Archiver」の紹介です。

B1 Online Archiver

1.はじめに

たとえばメールで圧縮ファイルが送付されてきたとき、該当する解凍ソフトがPCにインストールされていないと、ソフトのインストールから始めなければなりません。

このオンラインサービスを利用すれば、ソフトをインストールせずに圧縮ファイルを解凍することができます。

このサービスで対応している形式は以下です。

b1, zip, jar, xpi, rar, 7z, arj, bz2, bzip2, tbz2, tbz, txz, cab, chm, chi, chq, chw, hxs, hxi, hxr, hxq, hxw, lit, cpio, deb, gz, gzip, tgz, tpz, hfs, iso, lzh, lha, lzma, rpm, tar, xar, z, taz, xz, dmg, cb7, cbr, cbt, cbz

2.使い方

「B1 Online Archiver」のページにアクセスして「Click here」をクリック。

(クリックで拡大、以下同様)
Click here

解凍したいファイルを選択。ここではサンプルにWordPressのアーカイブを選択します。

ファイル選択

解凍が開始します。

解凍開始

20秒ほどで完了しました。表示されたフォルダ「wordpress」をクリックしてみます。

解凍完了

ファイルの一覧が表示されました。サイズやサブフォルダも表示されます。

ファイルの一覧

ファイルをダウンロードするには、ファイル名の部分をクリック。

ファイルダウンロード

または一覧の右側にあるアイコンをクリック。

アイコン

上位の階層に戻るにはパンくずリストをクリックします。

パンくずリスト

画面をリロードすると解凍した情報はなくなります。

また、アーカイブをオンライン上に保存してアクセスすることもできないようです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)