ブログのモバイルフレンドリー化によるスマホ・タブレットからのアクセス推移を調べてみた

ブログのモバイルフレンドリー化によるスマホ・タブレットからのアクセス推移を調べてみた

Posted at May 28,2015 2:22 AM
Tag:[Google]

Googleのモバイルフレンドリー化によるスマホ・タブレットからのアクセス推移を調べてみました。

1.はじめに

2015年4月21日より、Googleはスマホ対応しているかどうかをモバイル検索のランキング要因として採用しました。

4月21日時点でこのブログはスマホ対応いませんでしたが、5月5日頃にブログのモバイルフレンドリー化を行いました。

Googleのスマホ対応から約1ヶ月余り経ちましたので、ブログのモバイルフレンドリー化によるスマホ・タブレットからのアクセス推移を調べてみることにしました。

2.収集データ

  • 収集データ1:Google Search Consoleの「モバイルユーザビリティ」
  • 収集データ2:Google Analyticsの「ユーザー」→「モバイル」→「デバイス」でスマホ・タブレットからのアクセス

いずれも収集期間は2月28日~5月23日です。

3.アクセス推移

収集データ1と2のグラフを重ねてみたところ、アクセス推移は次のようになりました。

(クリックで拡大)
アクセス推移

GWが重なっているため非常に分かりにくいのですが、4月21日のモバイルフレンドリー化のあと(GW突入前)、若干アクセスが下がり始めているように見えます(青色の線)。

また、5月5日頃に実施したブログのモバイルフレンドリー化でアクセスが戻ってきているようにも見えますが、GW前のアクセスには戻っていないように見えます。

個人的には、この減少分がモバイルフレンドリー化が遅れたことによるものではないかと考えています。

なお、モバイルフレンドリー化については対策を実施してから数日でSearch Consoleに反映され始めました(赤色の線)。

インデックスされているほぼすべてのページを直したのですが、まだ350ページほどがモバイルフレンドリーとみなされていない状況です。

ということで、モバイルフレンドリー化による効果はもう少し日が経たないと分からないかもしれません。

以上、参考になれば幸いです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)