Movable TypeとGoogle Analyticsの連携

Movable TypeとGoogle Analyticsの連携

Posted at June 3,2015 1:55 AM
Tag:[Analytics, MovableType]

Movable TypeとGoogle Analyticsの連携について紹介します。

1.はじめに

Movable Type+DataAPI+Google Analyticsを使ったアクセスランキングの記事が公式サイトで公開されました。

ということで、このブログでも試してみようと思います。

このエントリーでは、まず基本設定であるMovable TypeとGoogle Analyticsの連携について紹介します。

ちなみに、手順で登場するGoogle API ConsoleのUIはかなり変更されているようです。

2.Movable TypeとGoogle Analyticsの連携

Google Analyticsを使いたいウェブサイトまたはブログの「設定」→「Webサービス」をクリック。

Webサービス

「Google API Console」のリンクをクリック。

Google API Console

プロジェクト名をクリック。プロジェクト名が表示されていない場合は「プロジェクトを作成」をクリックし、任意の名称のプロジェクトを作成します。

プロジェクトを作成

左メニューから「API」をクリック。

API

「Analytics API」をクリック。

Analytics API

「APIを有効にする」をクリック。

APIを有効にする

これで有効になりました。

有効

左メニューから「認証情報」をクリック。

認証情報

「新しいクライアントIDを作成」をクリック。

新しいクライアントIDを作成

表示された画面で次の内容を設定して「クライアントIDを作成」をクリック。

  • アプリケーションの種類:ウェブアプリケーション
  • 承認済のJavaScript生成元:「承認済のリダイレクトURI」に設定したドメイン(https://www.example.comなど)を入力
  • 承認済のリダイレクトURI:Movable TypeのGoogle Analyticsの設定画面に表示された「Authorized URI」をペースト

クライアントIDを作成

これでクライアントIDが作成されました。

クライアントIDが作成

表示された「クライアントID」をMovable Typeの「Client ID」に、「クライアント シークレット」をMovable Typeの「Client secret」にそれぞれ設定。

クライアントID・クライアント シークレット

設定後「Google Analyticsのプロファイルを選択する」と表示された場合、そのボタンをクリック。

Google Analyticsのプロファイルを選択する

「~が次の許可をリクエストしています」というウィンドウが表示されるので「承認する」をクリック。

承認する

プロファイルの一覧が表示されるので、該当のプロファイルを選択して「OK」をクリック。

該当のプロファイルを選択

「使用するGoogle Analyticsのプロファイル」の右側に選択したプロファイルが表示されていれば「変更を保存」をクリックして完了です。

完了

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)