Movable TypeのDataAPIで特定のカスタムフィールドを取得する方法

Movable TypeのDataAPIで特定のカスタムフィールドを取得する方法

Posted at June 5,2015 12:55 AM
Tag:[DataAPI, MovableType]

Movable TypeのDataAPIで特定のカスタムフィールドを取得する方法を紹介します。

1.はじめに

Movable TypeのDataAPIでアクセスランキングを表示する方法」で「記事のカスタムフィールドを表示させたい」というご質問を頂きました。

ということで、特定のカスタムフィールドを取得する方法と、その応用でアクセスランキング内にカスタムフィールドデータを表示する方法を紹介します。

2.特定のカスタムフィールドを取得する

DataAPIで(特定の記事の)特定のカスタムフィールドを取得するPHPのコードは次のとおりです。

赤色部分は利用するサイトにあわせて適宜設定してください。

<?php
$cgi = 'http://user-domain/mt/mt-data-api.cgi'; // mt-data-api.cgiのURL
$domain = 'http://user-domain'; // サイトのドメイン
$siteId = ブログID;
$entryId = 記事ID;
$basename = 'カスタムフィールドのベースネーム';
 
$url = $cgi . '/v2/sites/' . $siteId . '/entries/' . $entryId;
@$response = file_get_contents($url);
if (!$response) {
    echo "get entry failed:";
    exit();
}
$entry = json_decode($response);
$size = count($entry->customFields);
for ($j = 0; $j < $size; $j++) {
    $customField = $entry->customFields[$j];
    if ($customField->basename == $basename) {
        echo $customField->value;
    }
}
?>

3.解説

データ取得に必要な基本情報を設定します。

$cgi = 'http://user-domain/mt/mt-data-api.cgi'; // mt-data-api.cgiのURL
$domain = 'http://user-domain'; // サイトのドメイン
$siteId = ブログID;

とりあえずここでは特定の記事IDを指定してください。

$entryId = 記事ID;

取得したいカスタムフィールドのベースネームを指定します。

$basename = 'カスタムフィールドのベースネーム';
URLを生成してfile_get_contents()で記事取得を実行します。
$url = $cgi . '/v2/sites/' . $siteId . '/entries/' . $entryId;
@$response = file_get_contents($url);

結果を判定し、NGであれば終了します。

if (!$response) {
    echo "get entry failed:";
    exit();
}

OKであればJSONをデコードして記事データを取得します。

$entry = json_decode($response);

カスタムフィールドのサイズを取得します。

$size = count($entry->customFields);

カスタムフィールドサイズ分処理を繰り返します。

for ($i = 0; $i < $size; $i++) {
  :
}

for文の中でカスタムフィールドデータを取得します。

    $customField = $entry->customFields[$i];

ベースネームが指定したものであれば、その値(=カスタムフィールドデータ)を出力します。

    if ($customField->basename == $basename) {
        echo $customField->value;
    }

4.アクセスランキングでカスタムフィールドデータを出力する

Movable TypeのDataAPIでアクセスランキングを表示する方法」のサンプルにある最後のfor文を次のように書き換えてください。

赤色が追加・変更部分です。

$basename = 'カスタムフィールドのベースネーム';
for ($i = 0; $i < $size; $i++) {
    $item = $json->items[$i];
    $url = $cgi . '/v2/sites/' . $siteId . '/entries/' . $item->entry->id;
    @$response = file_get_contents($url);
    if (!$response) {
        echo "get entry failed.";
        exit();
    }
    $entry = json_decode($response);
    $size2 = count($entry->customFields);
    for ($j = 0; $j < $size2; $j++) {
        $customField = $entry->customFields[$j];
        if ($customField->basename == $basename) {
            $cf = $customField->value;
        }
    }
    echo '<li><a href="' . $domain . $item->path . '">' . ($i+1) . "位:" . $item->title . $cf . '</a></li>';
}
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)