Movable Typeでimg要素からアイテム登録できる「AssetAppenderByURLプラグイン」

Movable Typeでimg要素からアイテム登録できる「AssetAppenderByURLプラグイン」

Posted at August 25,2015 12:03 AM
Tag:[AssetAppenderByURL, MovableType, Plugin]

Movable Typeで本文のimg要素からアイテム登録できる「AssetAppenderByURLプラグイン」を公開します。

AssetAppenderByURLプラグイン

1.はじめに

Movable Typeのデフォルト機能ではアイテム登録は1つずつしかできません。

よってプラグインで一括登録する方法が一般的と思われますが、FTPでアップロードした画像を本文フィールドのimg要素で表示させるケースもあるかと思います。

ただこの方法ではアイテムからサムネイルを作ることができず不便です。

ということで本文フィールドのimg要素からアイテムに登録するプラグインを作ってみました。

2.機能

次のような本文フィールドの記事があるとします。

画像A
<img src="http://user-domain/2015/08/aaa.jpg" />
画像B
<img src="http://user-domain/2015/08/bbb.jpg" />
画像C
<img src="http://user-domain/2015/08/ccc.jpg" />

この記事を保存するタイミングで本文フィールドから3つのURL、

http://user-domain/2015/08/aaa.jpg
http://user-domain/2015/08/bbb.jpg
http://user-domain/2015/08/ccc.jpg

を取得してアイテムとして登録し、さらに該当記事のアイテムとしても関連づけを行ってくれます。

また、一度登録されたアイテムと同じパス・ファイル名のアイテムが重複登録されることは(多分)ありません。関連付けも同様です。

記事に新たなimg要素を追加した場合、未登録アイテムであればアイテムとして登録し、登録済であれば関連づけのみを実行します。

3.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、AssetAppenderByURLのプラグインアーカイブをダウンロードします。

更新履歴

2015.10.21 v0.02 記事の一括更新に対応

AssetAppenderByURL_0_02.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるAssetAppenderByURLフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

管理画面にアクセスするとバージョンアップが開始するので画面にしたがって進めてください。

バージョンアップ完了後、システム管理画面のプラグイン設定画面で「AssetAppenderByURL~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

4.注意事項

画像のURLはサイトパス配下にアップロードされている必要があります。

また現状のバージョンでは、src属性はimg要素の直後に記述されている必要があります。

さらに、アイテム重複登録チェックはアイテムの名前(パス・ファイル名)で行います。アイテム登録後にアイテムの名前は変更しないでください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)