TopMovable Typeカスタマイズアイテム > 2011年1月
2011年1月14日

Movable Typeのブログ記事で未使用のアイテム一覧を表示する(本文未挿入版)

January 14,2011 2:55 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Movable Typeのテンプレートを使って、ブログ記事で未使用のアイテムを表示するTipsです。この記事は「Movable Typeのブログ記事で未使用のアイテム一覧を表示する」に対し、「記事のアイテムとして登録されていて、本文の埋め込みコードを削除したものの一覧は表示できないでしょうか」という質問がありましたので、その回答です。

1.サンプル

あるブログに次のように4つのアイテム(画像)を登録しているものとします。

アイテム一覧

このアイテムのうち、2つのアイテムをブログ記事で使用しています。

ブログ記事に登録しているアイテム

が、そのうちひとつしか本文に埋め込んでいません。

記事本文

この状態で、2項に示すサブテンプレートを利用すれば、記事本文に埋め込まれていないアイテム一覧をリストすることができます。

アイテム一覧

2.サブテンプレート

利用するサブテンプレートは次のようになります。

<mt:Entries lastn="0">
  <mt:EntryAssets type="image">
    <mt:AssetID setvar="key" />
    <mt:AssetLabel setvar="value" />
    <mt:SetVar name="asset_list{$key}" value="$value" />
  </mt:EntryAssets>
</mt:Entries>
<mt:Entries lastn="0">
  <mt:EntryAssets type="image">
    <mt:AssetURL setvar="asset_url" />
    <mt:AssetID setvar="asset_id" />
    <mt:if tag="EntryBody" like="$asset_url">
      <mt:GetVar name="delete(asset_list)" key="$asset_id" setvar="tmp" />
    </mt:if>
  </mt:EntryAssets>
</mt:Entries>
<mt:loop name="asset_list">
  <mt:if name="__first__">
<ul>
  </mt:if>
  <li><mt:GetVar name="__value__" /></li>
  <mt:if name="__last__">
</ul>
  </mt:if>
</mt:loop>

以下、サブテンプレートの解説です。

まず、最初のMTEntriesタグで、ブログ記事で使っている画像のアイテム一覧のハッシュを生成します。MTEntriesタグブロック内部で、アイテム情報をハッシュ変数asset_listに保存します。ハッシュのキーがアイテムID、ハッシュの値がアイテムの名前になります。

<mt:Entries lastn="0">
  <mt:EntryAssets type="image">
    <mt:AssetID setvar="key" />
    <mt:AssetLabel setvar="value" />
    <mt:SetVar name="asset_list{$key}" value="$value" />
  </mt:EntryAssets>
</mt:Entries>

次のMTEntriesタグで、ブログ記事本文で使っているアイテムを、先程作成したハッシュから削除します。ブログ記事本文でアイテムが使われていることの判断は、MTIfタグにtagモディファイアを与え、MTEntryBodyタグにアイテムのURLが含まれているかどうかでチェックしています。ハッシュから削除するには、MTGetVarタグとnameモディファイアにdelete関数を使って対象のハッシュ変数を指定し、keyモディファイアに削除対象のハッシュキーを設定しますが、deleteした時点で削除対象のハッシュの値が出力されるので、setvarモディファイアで変数tmpにおいやり、画面に表示しないようにします。

<mt:Entries lastn="0">
  <mt:EntryAssets type="image">
    <mt:AssetURL setvar="asset_url" />
    <mt:AssetID setvar="asset_id" />
    <mt:if tag="EntryBody" like="$asset_url">
      <mt:GetVar name="delete(asset_list)" key="$asset_id" setvar="tmp" />
    </mt:if>
  </mt:EntryAssets>
</mt:Entries>

最後のMTLoopタグで、ハッシュの一覧を出力します。ここで出力されたアイテムがブログ記事で使われなかったものになります。この部分は前のエントリーと変わっていません。

<mt:loop name="asset_list">
  <mt:if name="__first__">
<ul>
  </mt:if>
  <li><mt:GetVar name="__value__" /></li>
  <mt:if name="__last__">
</ul>
  </mt:if>
</mt:loop>
Comments [1] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3