2009年9月29日

Movable Type 5.0 情報(MT4のサイトURLとアーカイブURLに異なるドメインを設定している場合のアップグレード)

September 29,2009 1:33 AM
Tag:[, ]
Permalink

Movable Type 4.xで、アーカイブURL(アーカイブパス)にサイトURL(サイトパス)と異なるドメインを設定している状態で Movalbe Type 5 にアップグレードした場合の動作を確認しましたので紹介します。

なお、この情報は Movable Type 5.0ベータ2 の動作を元にしています。

1.前提

Movable Type 4 では、作成したブログにアーカイブパス・アーカイブURLを適用する場合、ウェブサイトと異なるパスとURLが設定可能です(下)。

ウェブサイトと異なるパスとURLが設定可能

少し見づらいので編集状態にしたものが下記です。

編集状態にしたもの

ただし、Movable Type 5 では、新しく作成したブログにアーカイブパス・アーカイブURLを適用する場合、ウェブサイトと同じパスとURLが継承されます。言い換えると、ブログのサイトパス・サイトURLと、アーカイブパス・アーカイブURLは、Movable Type 4 のように全く異なるものを設定できなくなります(下)。

ウェブサイトの設定画面
ウェブサイトの設定画面

ウェブサイト配下のブログ設定画面
ウェブサイト配下のブログ設定画面

ということで、Movable Type 4.xで、アーカイブURL(アーカイブパス)にサイトURL(サイトパス)と異なるドメインを設定している状態で Movalbe Type 5 にアップグレードすると、アーカイブURLとアーカイブパスがどう変わるかを確認しました。

なお、MT5 のウェブサイトのウェブページはアーカイブテンプレートを使って生成しますが、ウェブサイト自体に「アーカイブ」という概念がないため、ウェブサイトの管理画面にアーカイブURL・アーカイブパスの設定項目はありません。

2.MT4からMT5へのアップグレード結果

MT4 から MT5 にアップグレードした場合、ブログのアーカイブURL・アーカイブパスは Movable Type 4 の設定値がそのまま引き継がれます。

MT4 から MT5 にアップグレードした場合のブログのアーカイブURL・アーカイブパス

Movable Type 5 で新規にブログを作成したときと異なり、サイトURL・サイトパス全体の編集も可能です。

サイトURL・サイトパス全体の編集も可能

3.ジェネリックウェブサイトのサイトURL・サイトパスについて

アップグレード時に生成される、ジェネリックウェブサイト(空のウェブサイト)のサイトURL・サイトパスは空白になっています。

ジェネリックウェブサイト(空のウェブサイト)のサイトURL・サイトパス

ちなみにこのジェネリックウェブサイトの管理画面には、次のようなメッセージが表示されます。

ジェネリックウェブサイトの管理画面

このジェネリックウェブサイトのサイトURL・サイトパスを誤って設定してしまうと(下)、

ジェネリックウェブサイトのサイトURL・サイトパスを設定

空白の状態で保存できないため(下)、元の空の状態に戻せなくなります。

空白の状態で保存できない

4.ジェネリックウェブサイトのサイトURL・サイトパスを消去する方法

誤って設定してしまった場合、ブログのサイトURL・サイトパスが、次のようにウェブサイトパスやウェブサイトURLが前半に連結した値になってしまいます(下:ブログの設定画面)。

こうなってしまうと、ブログのサイトURL・サイトパスの元の設定を削除するしかありません(下:ブログの設定画面)。

ただ、ウェブサイトに設定したパスやURLがブログのパスやURLと異なり、しかもブログの値に直したい場合もあると思います。そのような場合、データベースを直接書き換える方法があります。

phpMyAdmin を利用できるのであれば、左のメニューから mt_blog をクリックして、次の画面の上部のタブの「表示」をクリックし、表示されたテーブル(下)からジェネリックウェブサイトのblog_id(下の画面では2)をチェックして、編集をクリックします。

phpMyAdmin1

次の画面で「blog_site_path」と「blog_site_url」の右側にある設定された内容を消去して、「実行する」をクリックすれば完了です。

phpMyAdmin2

Comments [0] | Trackbacks [0]
2009年9月23日

Movable Type のウェブサイトに関するテンプレートタグ

September 23,2009 12:30 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Movable Type 5.0 で新しく「ウェブサイト」という概念が導入されました。そのことでウェブサイトに関連するテンプレートタグがいくつか追加されました。

ここではウェブサイト関連のテンプレートタグをいくつか紹介しておきます。基本的にはブログ系テンプレートタグ(MTBlogXX)と大きく変わらないので、ファンクションタグの説明は省略します。

MTWebsites

ウェブサイトの一覧を取得するブロックタグです。このテンプレートタグを使えば、ウェブサイトから他のウェブサイト、あるいはブログが属さない他のウェブサイトの情報にアクセスすることも可能です。

<mt:Websites>
    <mt:WebsiteURL />
</mt:Websites>

site_ids モディファイアを指定することで、特定のウェブサイトを指定することもできます。

<mt:Websites site_ids="1,12,19">

MTBlogParentWebsite

ブログが属するウェブサイトのコンテキストに移動するブロックタグです。このタグを利用すれば、MTWebsites タグを使わずに、自分の所属するウェブサイトの情報を取得することができます。ベータ2で追加されました。

<mt:BlogParentWebsite>
    <mt:WebsiteURL />
</mt:BlogParentWebsite>

MTWebsiteHasBlog

ウェブサイトがブログを有することを判定するブロックタグです。ウェブサイトコンテキストで使用します。なお、下の例ではウェブサイトに属するブログを指定していません(MTBlogs タグにそういった指定が可能なモディファイアはないようです)。

<mt:WebsiteHasBlog>
  <mt:Blogs>
    <mt:BlogURL />
  </mt:Blogs>
</mt:WebsiteHasBlog>

MTIfWebsite

現在のコンテキストがウェブサイトコンテキストであることを判定するブロックタグです。MTElse を併用すればブログコンテキストも判定できるようです。

<mt:IfWebsite>
    <h1>Search results for <$mt:WebsiteLabel$>:</h1>
<mt:Else>
    <h1>Search results from all blogs:</h1>
</mt:IfWebsite>

注意事項

ウェブサイト関連のテンプレートタグの利用で気がついた点を記しておきます(ベータ2時点の情報)。

  • ウェブサイトIDは、ブログIDの派生であるため、値は「ウェブサイト+ブログ」で一意
  • ウェブサイトで、ブログのコンテキストに移動せずにブログ関連のテンプレートタグを使用すると、自ウェブサイトの情報を表示
  • ブログでウェブサイト関連のテンプレートタグを使用する場合、ウェブサイトのコンテキストになっている必要あり(違反した場合は再構築エラー)
  • ブログからウェブサイトのテンプレートをインクルードする際、インクルード先でウェブサイトのテンプレートタグが使われている場合は、ウェブサイトのコンテキストにする必要あり(下)
<mt:BlogParentWebsite>
  <mt:include module="foo" blog_id="1" />
</mt:BlogParentWebsite>
Comments [2] | Trackbacks [0]
Now loading...
Recent Entries
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3