TopMovable Type > バージョン別 > 3.3-ja > 2006年6月
2006年6月29日

Movable Type 3.3(英語版)リリース延期

June 29,2006 7:20 PM
Tag:[, ]
Permalink

日本語版がリリースされ、興味が薄れつつある英語版のリリースが延期になりました。

Where in the world is MT 3.3?!

?略? It is for all of those good reasons that we've decided to postpone the final release for an unspecified amount of time in order to make sure that we and, in turn, your experience with the whole product, are solid on all fronts. ?略?

開発体制は不明ですが、場合によっては日本語版のマイナーバージョンアップが行われる可能性もありそうです。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2006年6月28日

Movable Type 3.3-ja リリース

June 28,2006 11:16 PM
Tag:[, ]
Permalink

Movable Type 3.3-ja が正式リリースされました。

Movable Type 3.3 リリース

Movable Type 3.3の正式リリースをお知らせします。
まずはご期待いただいていた多くの皆さまをお待たせすることになってしまい、申し訳ありませんでした。また、多くの皆さまにベータ版をテストしていただき、日本語ではもちろん、英語でも多くのフィードバックを日本の皆さまからいただきました。

日本語版プラグインディレクトリも同時公開されています。なお当サイトでもプラグイン一覧を提供中です。どうぞごひいきに。

2006.06.29 追記:
Movable Type 3.3 マニュアルも公開されています。

3.3-ja 用テンプレートはベータ版ですでに作成しておりますので、正式版で動作が確認でき次第公開したいと思います。

Comments [0] | Trackbacks [3]

Movable Type 3.3(英語版)28日リリース

June 28,2006 5:30 PM
Tag:[, ]
Permalink

公式サイトのニュースでは、Movable Type 3.3(英語版)が28日にリリースされるようです。

Movable Type 3.3: Ready for release!

Well, it's been months of long, hard work by us and weeks of dedicated beta testing by you all, so it naturally makes me very happy to say that, at long last, Movable Type 3.3 has been frozen and is ready for release! ?(略)? So, look for the release tomorrow and, in the meantime, go tell the world (or at least the very geeky, digerati portion of it) how much you love Movable Type!

Comments [0] | Trackbacks [0]

Movable Type 3.3 リリース延期

June 28,2006 12:38 AM
Tag:[]
Permalink

27日リリース予定の Movable Type 3.3 が延期になりました。

Movable Type 3.3 リリース延期のお知らせ

本日リリースを予定しておりました、Movable Type 3.3 ですが、商品の最終確認が継続中のため、6/27のリリースを延期させていただくことといたしました。

上記の記事と関連はないと思いますが、ベータ1(日本語版含む) から 3.3b3-20060626 まで 「コメントの一覧」テンプレート(の中身)がありません。全く気がついていませんでした。
2006.06.28 追記:中身がないのは製品の仕様だそうです。

Comments [0] | Trackbacks [1]
2006年6月17日

Movable Type 3.3 追加タグ一覧

June 17,2006 12:50 AM
Tag:[, ]
Permalink

Movable Type 3.3 で追加されたタグ一覧です。厳密には、Movable Type 3.3マニュアル(ベータ版)で「(タグの)対応しているバージョン」が 3.3から新たに記載されているものを抽出しています(Enterprise1.0 ではすでに利用されているものもあるようです)。

説明文は Movable Type 3.3マニュアル(ベータ版)から引用させて頂いたものに補足しています。

MTBlogPingCount
公開済みの総トラックバック数を表示します。迷惑トラックバック・未公開トラックバックは含まれません。複数のブログを運用している場合、他ブログのトラックバック数は表示しません。
MTEntriesCount
MTEntiresコンテナ内のエントリー数を表示します。categoryをはじめとする各種条件で絞り込みを行った場合、条件に該当するエントリー数を表示します。簡単な例では、 lastn="7" という指定であれば MTEntriesCount は「7」になります。
MTEntryAdditionalCategories
エントリーに指定したカテゴリー一覧を表示するためのコンテナ・タグです。この一覧にはメイン・カテゴリーは含まれません。また、このコンテナ・タグの中では<$MTCategory*$>タグを利用できます。アトリビュートglueを使うと、カテゴリーの区切り文字を指定できます。
MTEntryTags
特定のエントリー内のエントリー・タグ(以下「タグ」)一覧を表示するためのコンテナ・タグです。アトリビュートglueを使うと、タグの区切り文字を指定できます。
MTEntryIfTagged
エントリーにタグが入力されているときに実行する条件タグです。
MTCategoryBasename
カテゴリーのファイル名を表示します。
MTCategoryPrevious
現在のカテゴリーの前のカテゴリーの内容を表示するためのコンテナ・タグです。このタグの中の<MTCategoryLabel>では、前のカテゴリーのタイトルを表示します。このタグを利用することでカテゴリー・アーカイブに前カテゴリーのリンクを表示することができます。
MTCategoryNext
現在のカテゴリーの次のカテゴリーの内容を表示するためのコンテナ・タグです。このタグの中の<MTCategoryLabel>では、次のカテゴリーのタイトルを表示します。このタグを利用することでカテゴリー・アーカイブに次カテゴリーのリンクを表示することができます。
MTIfCategory
コンテキスト内に指定されたカテゴリーが含まれる、またはアクティブなエントリが指定されたカテゴリーに属している場合に有効になる条件タグです。このタグを利用することでカテゴリー毎に見栄えを変えることが可能になります。
MTEntryIfCategory
コンテキスト内に指定されたカテゴリーが含まれる、またはアクティブなエントリが指定されたカテゴリーに属している場合に有効になる条件タグです。MTIfCategoryタグと異なる点は、コンテキスト内のエントリーに対してのみ適用する点です。つまり特定のカテゴリーに属するエントリーの見栄えを変えたりすることができます。
MTCategoryDepth
カテゴリーの階層構造におけるレベル(階層)を表示します。
MTTags
タグの一覧を表示するためのコンテナ・タグです。アトリビュートglueを使うと、タグの区切り文字を指定できます。
MTTagName
特定のタグの名前を表示します。
MTTagID
タグのID番号を表示します。
MTTagCount
特定のブログ内で、指定したタグが含まれるエントリー数を表示します。
MTTagRank
特定のタグの頻度を表示します。数値が小さい方が頻度が高くなります。このテンプレート・タグは、タグ・クラウドを表示する際に利用します。試したところ、1エントリーからの指定では「6」という値になりました。
MTTagSearchLink
特定のブログ内で、指定したタグを付加したエントリーを検索するためのリンクです。タグやタグクラウドからのリンク表示はこれを用います。
MTCommenterIfTrusted
コメント投稿者が登録済みの場合にのみ実行する条件タグです。
MTIfPingsModerated
受け付けたトラックバックについて、即時に公開しない場合に実行する条件タグです。
MTIfStraightSearch
エントリーの検索の場合に実行する条件タグです。これは検索画面制御用(エントリー検索・タグ検索で見栄えを変える)のものです。
MTIfTagSearch
タグ検索(検索というよりは一覧表示)の場合に実行する条件タグです。これは検索画面制御用(エントリー検索・タグ検索で見栄えを変える)のものです。
MTSearchIncludeBlogs
環境設定ファイルmt-config.cgiのIncludeBlogsディレクティブの値を出力します。
MTSearchTemplateID
公開しているブログの検索で利用したテンプレート名を表示します。
MTAdminScript
管理画面のCGIプログラムのファイル名を表示します。MTCGIPathと組み合わせることで、プログラムへのパスを生成できます。
MTHTTPContentType
XML形式の出力における、HTTPヘッダーContent-Typeを設定します。typeアトリビュートに適切なContent-Typeの値を設定します。たとえば、Atom 1.0形式の場合、以下の例のように設定します。
MTProductName
システムの製品名を表示します。
MTSetVarBlock
コンテナ・タグで囲まれた内容を、変数として値を設定します。変数を呼び出すときは、MTGetVarタグを使います。
MTIgnore
指定した範囲について、処理を行わない条件タグです。端的に言うとテンプレート用コメント文に使用します。
Comments [2] | Trackbacks [4]
2006年6月13日

Movable Type 3.3 ベータ2公開

June 13,2006 11:39 AM
Tag:[]
Permalink

Six Apart で Movable Type 3.3 のベータ2が公開されました。

Movable Type 3.3 ベータ2 を公開

Movable Type 3.3 ベータ2を公開しました。米国Six Apart, Ltd上の公式ベータサイトより、日本語版をダウンロードできます。

ベータ2で StyleCatcher が同梱され、GoogleSearch プラグインが加わっています。プラグインの説明では

Googleの検索結果を保持するテンプレートタグを追加します。このプラグインを利用するためにはライセンスキーが必要です。

となっています。
このプラグインは MTGoogleSearch/MTGoogleSearchResult タグを利用できるものですが、タグ自体は 3.2 から存在するものです。

ベータ2は下記のページよりダウンロードできます。

Movable Type 3.3

リリースノートは下記です。

Release notes

Comments [0] | Trackbacks [2]
2006年6月 4日

Movable Type 3.3b1-ja 再構築のパフォーマンス

June 4,2006 1:30 AM
Tag:[, ]
Permalink

このサイトのバックアップデータを利用して Movable Type 3.3b1-ja の再構築時のパフォーマンスを測定しました。測定といっても目分量ですが。

実行環境等は下記の通りです。

  • OS:Windows XP Service Pack 2(Pen4 2.8GHz メモリ1.5GBで700MBほど使用中)。自宅サーバです。
  • Perl:5.6.1
  • DB:MySQL/SQLite
  • 再構築対象:エントリー・アーカイブ
  • 利用テンプレート:小粋空間3.2テンプレートのエントリー・アーカイブテンプレートを用い、再構築時間に影響があると思われる「最近のコメント *1」「カテゴリーリスト」「サブカテゴリーリスト」をいずれかひとつ設定。その他(カレンダー・最近のエントリー・最近のトラックバック・月別アーカイブ)のリストは常に設定。
  • エントリー:約1000
  • コメント:約7000
  • トラックバック:約2500
  • カテゴリー:103

以下、測定結果です。

1.エントリー・アーカイブの再構築時間

数値は最初の120エントリー(40エントリー×3)の平均を元に算出しています。

MySQLSQLite
最近のコメント22s/40エントリー35s/40エントリー
カテゴリーリスト27s/40エントリー147s/40エントリー
サブカテゴリーリスト38s/40エントリー270s/40エントリー
上記リストなし19s/40エントリー23s/40エントリー

2.CPU使用率

再構築中は常にほぼ100%。

3.メモリ使用率

再構築時間に比例して増加することはありませんでした(再構築単位でリソースが解放されている模様)。


*1 MTEntries に lastn属性値5を追加しています。lastn 属性を設定しない場合、1エントリーの再構築に30s以上かかるようです(MySQL・SQLiteとも)。

Comments [3] | Trackbacks [5]
2006年6月 3日

Movable Type 3.3b1-ja 新機能と変更箇所一覧

June 3,2006 2:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

Movable Type 3.3b1-ja を早速インストールしてみました。以下、新機能および変更箇所について紹介致します(もれていたらすいません)。また確認された不具合についても併せて報告しておきます。
動作は Windows XP Service Pack 2 + Perl 5.6.1 + SQLite で確認しています。

なお、3.3b1-jaでの問題点については、Movable Type 3.3 マニュアル(ベータ版)ベータ1における既知の問題点を参照ください(本記事の内容に合致するものがあります)。

2006.06.03:8.検索結果画面/10.検索結果画面のシステムテンプレート化を追加(以下繰り下げ)しました。
2006.06.06:3項にMySQL不具合の記述を追加しました。
2006.06.07:2.マニュアルへのリンクを追加しました。
2006.06.11:12.カテゴリーファイル名/14.エントリー一覧のリンクを追加(以下繰り下げ)しました。

1.旧バージョンとのファイル差分

毎回実施している旧バージョンとのファイル差分ですが、今回は 3.2-ja-2 との不一致が325ファイル見つかりました。ちなみに一致ファイルは556、比較元(3.2-ja-2)のみファイル存在が82、比較先(3.3b1-ja)のみファイル存在が148でした。
アップグレードでは全てのファイルをアップロードしましょう。

2.設定ファイル

mt-config.cgi は必要最低限の内容に変更され、CGIPath、StaticWebPath、データベース(不要なものを削除する形式)のみとなっています(下記)。

##          Movable Type configuration file                   ##
##                                                            ##
## This file defines system-wide settings for Movable Type    ##
## In total, there are 147 options, but only those critical   ##
## for everyone are listed below.                             ##
##                                                            ##
## Information on all others can be found at:                 ##
## http://www.sixapart.jp/movabletype/manual/3.3/config
 
################################################################
##################### REQUIRED SETTINGS ########################
################################################################
 
# The CGIPath is the URL to your Movable Type directory
CGIPath    http://www.example.com/cgi-bin/mt/
 
# The StaticWebPath is the URL to your mt-static directory
# Note: Check the installation documentation to find out 
# whether this is required for your environment.  If it is not,
# simply remove it or comment out the line by prepending a "#".
StaticWebPath    http://www.example.com/mt-static
 
#================ DATABASE SETTINGS ==================
#   REMOVE all sections below that refer to databases 
#   other than the one you will be using.
 
##### MYSQL #####
ObjectDriver DBI::mysql
Database DATABASE_NAME
DBUser DATABASE_USERNAME
DBPassword DATABASE_PASSWORD
DBHost localhost
 
##### POSTGRESQL #####
ObjectDriver DBI::postgres
Database DATABASE_NAME
DBUser DATABASE_USERNAME
DBPassword DATABASE_PASSWORD
DBHost localhost
 
##### SQLITE #####
ObjectDriver DBI::sqlite
Database /path/to/sqlite/database/file
 
##### BERKELEYDB #####
DataSource  /path/to/database/directory

他のオプションは

Movable Type 3.3 マニュアル(ベータ版): 環境変数

を参照し、必要に応じて設定、ということでしょうか。

3.新規インストール画面

新規インストール画面3.2 までと異なり、ログイン名・メールアドレス・パスワードを設定する画面が表示されます。Melody・Nelsonではなく、この画面でユーザは自身のログイン・パスワードを決定します。 その後は 3.2 と同様なインストールが行われます。

なお、MySQLでインストールNGになる場合、mt-config.cgi に下記の設定を追加する必要があります。

SQLSetNames 0

情報は SWEET WATER Web Server さんより頂きました。ありがとうございました。

4.初期設定画面

初期設定画面大きな違いはありませんが、Windows へのインストールではディレクトリのセパレータが "/" で表示されていました。

5.新規エントリー画面

新規エントリー画面デフォルト状態では新規ユーザが迷わないように(?)、設定項目がタイトルとエントリーの内容のみの表示に変更されています。追記やカテゴリーといった項目を表示する場合は左下にある「画面の表示設定を変更」でカスタマイズします。 また大きな変更点として、テキストエリアの縦幅を、右上にあるアイコンで変更できるようになりました。ただしこの版では幅の変更は保存されないようです。

エントリー一覧画面のタイトルリストの一番右側にはHTMLページのリンクが追加されています。

6.ファイルのアップロード

ファイルのアップロードアップロードパスの設定方法が若干変更されています。ただしこの版では設定は保存されない模様です。

7.タグ

新規インストール画面タグが導入され、タグクラウドもデフォルトのMTタグを利用することで実現できるようになりました。スクリーンショットのようにエントリー編集画面に「タグ」の項目が追加されています。設定がどのようにページに反映されるかについては次項で説明します。

8.新しいMTタグ

タグMTタグで大きな変更点のひとつは、タグ(キーワード)が表示されるようになったことです。メインページやアーカイブページに下記のMTタグが追加されています。
<MTEntryIfTagged>
<div class="entry-tags">
    <h4 class="entry-tags-header">タグ:</h4> 
    <ul class="entry-tags-list">
        <MTEntryTags>
            <li class="entry-tag"><a href="<$MTTagSearchLink$>"><$MTTagName></a></li>
        </MTEntryTags>
    </ul>
</div>
</MTEntryIfTagged>
前後カテゴリーのリンク もうひとつは、カテゴリー・アーカイブで前後のカテゴリーが表示できるようになりました。カテゴリー・アーカイブに下記のタグが追加されています。
<MTCategoryPrevious>
    <p>前のカテゴリは<a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><$MTCategoryLabel$></a>です。</p>
</MTCategoryPrevious>
<MTCategoryNext>
    <p>次のカテゴリは<a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><$MTCategoryLabel$></a>です。</p>
</MTCategoryNext>

ただしこの版では、前後カテゴリーリンクを正常に生成するためにはカテゴリー・アーカイブの再構築が必要なようです(エントリーの投稿だけでは片方向のリンクしか生成されない模様)。

もうひとつ、未公開タグも含めて検索結果画面でいくつかのタグが追加されています。以下抜粋です。

<MTIgnore>
 ##########  検索結果のフィードのAuto Discovery用リンクは検索が実行されたときにのみ表示されます。
</MTIgnore>
         :
<MTNoSearch><MTElse>
    <link type="application/atom+xml" rel="alternate" title="<$MTBlogName encode_html="1"$>: 検索結果" href="<$MTCGIPath$><$MTSearchScript$>?<MTIfStraightSearch>search<MTElse>tag</MTElse></MTIfStraightSearch>=<$MTSearchString$>&amp;Template=feed&amp;IncludeBlogs=<$MTSearchIncludeBlogs$>" />
</MTElse></MTNoSearch>
         :
<MTIfTagSearch>
    ブログ: <$MTBlogName$> でタグ: <$MTSearchString$> が指定されているエントリ
</MTIfTagSearch>
         :
<MTEntryTags>
    <li class="entry-tag"><a href="<$MTTagSearchLink$>&amp;IncludeBlogs=<$MTSearchIncludeBlogs$>"><$MTTagName></a></li>
</MTEntryTags>
         :
<MTBlogResultFooter>
    </div>
</MTBlogResultFooter>
         :
<MTSetVar name="search_feed_param" value="tag">
<MTSetVarBlock name="search_feed_description">フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリでタグ「<$MTSearchString$>」が指定されているものにアクセスできます。</MTSetVarBlock>
         :
<p><$MTGetVar name="search_feed_description">  [<a href="http://www.sixapart.jp/about/feeds">フィードとは</a>]</p>
         :
<MTTags>
    <li><a href="<$MTTagSearchLink$>"><$MTTagName> (<$MTTagCount$>)</a></li>
</MTTags>

MTタグは真面目に探した訳ではありませんので、他にもありましたらお許しください。

9.ログフィード

ログフィードエントリー・コメント・トラックバック・ログの各メニュー右上「ログ・フィード」というリンクが追加されており、それぞれのメニューに対応する内容のフィードが取得できます。また全てのブログに跨った取得も可能です。 やや冗長ですがすべてのログフィードのサンプルを掲載します。

エントリー・ログフィード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html" 
      rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi?__mode=list_entries&blog_id=1" 
      title="「First Weblog」のエントリー" /><title>エントリー: </title><entry xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<title>hogehoge (ID: 1) が投稿しました (エントリーID: 2)</title>
<published>2006-06-02T14:54:56Z</published>
<updated>2006-06-02T14:54:56Z</updated>
<id>http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi:log-4</id>
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html" 
      rel="alternate"
      href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/archives/2006/06/post_1.html" />
<author>
<name xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">hogehoge</name>
<email xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">hogehoge@gmail.com</email>
<uri xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"></uri>
</author>
<content mode="base64">PGRpdiBjbGFzcz0iY29udGVudCI+CjxwPuODiOODqeODg+OCr+ODkOODg+OCr+ODhuOCueODiDwvcD4KPC9kaXY+Cgo8ZGl2IGNsYXNzPSJhY3Rpb25zIj4KPGEgaHJlZj0iL2Jsb2cvTVQtMy4zYjEtamEvbXQuY2dpP19fbW9kZT12aWV3JmFtcDtfdHlwZT1lbnRyeSZhbXA7aWQ9MiZhbXA7YmxvZ19pZD0xIj7nt6jpm4Y8L2E+CjwvZGl2Pg==</content>
</entry>
<entry xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<title>hogehoge (ID: 1) が投稿しました (エントリーID: 1)</title>
<published>2006-06-02T14:40:43Z</published>
<updated>2006-06-02T14:40:43Z</updated>
<id>http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi:log-2</id>
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html" 
      rel="alternate"
      href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/archives/2006/06/post.html" />
<author>
<name xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">hogehoge</name>
<email xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">hogehoge@gmail.com</email>
<uri xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"></uri>
</author>
<content mode="base64">PGRpdiBjbGFzcz0iY29udGVudCI+CjxwPuaKleeov+ODhuOCueODiDwvcD4KPC9kaXY+Cgo8ZGl2IGNsYXNzPSJhY3Rpb25zIj4KPGEgaHJlZj0iL2Jsb2cvTVQtMy4zYjEtamEvbXQuY2dpP19fbW9kZT12aWV3JmFtcDtfdHlwZT1lbnRyeSZhbXA7aWQ9MSZhbXA7YmxvZ19pZD0xIj7nt6jpm4Y8L2E+CjwvZGl2Pg==</content>
</entry>
</feed>

コメント・ログフィード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html" 
      rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi?__mode=list_comments&blog_id=1" 
      title="First Weblogへのコメント" /><title>コメント: </title><entry xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<title>「てすと (ID: 1 )」への新しいコメント</title>
<published>2006-06-02T14:53:54Z</published>
<updated>2006-06-02T14:53:54Z</updated>
<id>http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi:log-3</id>
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html" 
      rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/archives/2006/06/post.html#c1" />
<content mode="base64">PGRpdiBjbGFzcz0iY29udGVudCI+CnRlc3QKPC9kaXY+Cgo8ZGl2IGNsYXNzPSJhY3Rpb25zIj4KPGEgaHJlZj0iL2Jsb2cvTVQtMy4zYjEtamEvbXQuY2dpP19fbW9kZT12aWV3JmFtcDtfdHlwZT1jb21tZW50JmFtcDtpZD0xJmFtcDtibG9nX2lkPTEiPue3qOmbhjwvYT4KPC9kaXY+</content>
</entry>
</feed>

トラックバック・ログフィード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html"
      rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi?__mode=list_pings&blog_id=1"
      title="First Weblogへのトラックバック" />
<title>トラックバック: </title>
<entry xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<title>エントリー「てすと (ID: 1)」への新しいトラックバック</title>
<published>2006-06-02T14:55:21Z</published><updated>2006-06-02T14:55:21Z</updated>
<id>http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi:log-5</id>
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html" rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/archives/2006/06/post.html#p1" />
<content mode="base64">PGRpdiBjbGFzcz0iY29udGVudCI+ClhNTDo6QXRvbTo6Q29udGVudD1IQVNIKDB4NDFmM2RjOCkKPC9kaXY+Cgo8ZGl2IGNsYXNzPSJhY3Rpb25zIj4KPGEgaHJlZj0iL2Jsb2cvTVQtMy4zYjEtamEvbXQuY2dpP19fbW9kZT12aWV3JmFtcDtfdHlwZT1waW5nJmFtcDtpZD0xJmFtcDtibG9nX2lkPTEiPue3qOmbhjwvYT4KPC9kaXY+Cg==</content>
</entry>
</feed>

ログ・ログフィード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html"
      rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi?__mode=view_log&blog_id=1"
      title="Movable Typeログ" />
<title>Movable Typeシステム・ログ</title>
<entry xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<title>エントリー「てすと (ID: 1)」への新しいトラックバック</title>
<published>2006-06-02T14:55:21Z</published>
<updated>2006-06-02T14:55:21Z</updated>
<id>http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi:log-5</id>
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html"
      rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/archives/2006/06/post.html#p1" />
<content mode="base64">PGRpdiBjbGFzcz0iY29udGVudCI+ClhNTDo6QXRvbTo6Q29udGVudD1IQVNIKDB4NDFmOTY0NCkKPC9kaXY+Cgo8ZGl2IGNsYXNzPSJhY3Rpb25zIj4KPGEgaHJlZj0iL2Jsb2cvTVQtMy4zYjEtamEvbXQuY2dpP19fbW9kZT12aWV3JmFtcDtfdHlwZT1waW5nJmFtcDtpZD0xJmFtcDtibG9nX2lkPTEiPue3qOmbhjwvYT4KPC9kaXY+Cg==</content>
</entry>
<entry xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<title>hogehoge (ID: 1) が投稿しました (エントリーID: 2)</title>
<published>2006-06-02T14:54:56Z</published>
<updated>2006-06-02T14:54:56Z</updated>
<id>http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi:log-4</id>
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html"
      rel="alternate"
      href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/archives/2006/06/post_1.html" />
<author>
<name xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">hogehoge</name>
<email xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">hogehoge@gmail.com</email>
<uri xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"></uri>
</author>
<content mode="base64">PGRpdiBjbGFzcz0iY29udGVudCI+CjxwPuODiOODqeODg+OCr+ODkOODg+OCr+ODhuOCueODiDwvcD4KPC9kaXY+Cgo8ZGl2IGNsYXNzPSJhY3Rpb25zIj4KPGEgaHJlZj0iL2Jsb2cvTVQtMy4zYjEtamEvbXQuY2dpP19fbW9kZT12aWV3JmFtcDtfdHlwZT1lbnRyeSZhbXA7aWQ9MiZhbXA7YmxvZ19pZD0xIj7nt6jpm4Y8L2E+CjwvZGl2Pg==</content>
</entry>
<entry xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<title>「てすと (ID: 1 )」への新しいコメント</title><published>2006-06-02T14:53:54Z</published>
<updated>2006-06-02T14:53:54Z</updated>
<id>http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi:log-3</id>
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html"
      rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/archives/2006/06/post.html#c1" />
<content mode="base64">PGRpdiBjbGFzcz0iY29udGVudCI+CnRlc3QKPC9kaXY+Cgo8ZGl2IGNsYXNzPSJhY3Rpb25zIj4KPGEgaHJlZj0iL2Jsb2cvTVQtMy4zYjEtamEvbXQuY2dpP19fbW9kZT12aWV3JmFtcDtfdHlwZT1jb21tZW50JmFtcDtpZD0xJmFtcDtibG9nX2lkPTEiPue3qOmbhjwvYT4KPC9kaXY+</content>
</entry>
<entry xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
<title>hogehoge (ID: 1) が投稿しました (エントリーID: 1)</title>
<published>2006-06-02T14:40:43Z</published>
<updated>2006-06-02T14:40:43Z</updated>
<id>http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/mt.cgi:log-2</id>
<link xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" type="text/html"
      rel="alternate" href="http://hogehoge/MT-3.3b1-ja/archives/2006/06/post.html" />
<author>
<name xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">hogehoge</name>
<email xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">hogehoge@gmail.com</email>
<uri xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"></uri>
</author>
<content mode="base64">PGRpdiBjbGFzcz0iY29udGVudCI+CjxwPuaKleeov+ODhuOCueODiDwvcD4KPC9kaXY+Cgo8ZGl2IGNsYXNzPSJhY3Rpb25zIj4KPGEgaHJlZj0iL2Jsb2cvTVQtMy4zYjEtamEvbXQuY2dpP19fbW9kZT12aWV3JmFtcDtfdHlwZT1lbnRyeSZhbXA7aWQ9MSZhbXA7YmxvZ19pZD0xIj7nt6jpm4Y8L2E+CjwvZGl2Pg==</content>
</entry>
</feed>

10.検索結果画面のシステムテンプレート化

検索フィード検索結果画面がシステムテンプレートに組み込まれました。これによりブログ別に検索結果画面を簡単に制御できるようになります。

11.検索結果用フィード

検索フィード検索結果画面右上にフィードが追加されました。これで「フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリで検索文字列にマッチするものにアクセスできます。」と書かれていたので試してみましたが、RSSリーダーに設定しようとしたところ読み込みエラーになりました(私のミスかもしれませんが報告まで)。

12.カテゴリーファイル名

カテゴリーファイル名3.2 までカテゴリーファイル名はシステムに依存していましたが、任意のカテゴリーファイル名を設定できるようになりました。なお変更するには右側の鍵アイコンをクリックします。
この情報は Blog::Trapple::Net さんより頂きました。ありがとうございました。

13.アーカイブページのレイアウト

アーカイブページ各アーカイブページのデフォルトレイアウトが2カラムに変更になっています。また8項と重複しますが、右カラムに「About」という項目が表示されるようになり、そこに前後アーカイブのリンクが表示されるようになりました。スクリーンショットはエントリーアーカイブですが、カテゴリー・アーカイブ、月別アーカイブも同様です。

14.エントリー一覧のリンク

エントリー一覧のリンク管理画面のエントリー一覧に各アーカイブページへのリンクが追加されました。当サイトではリンクを表示するプラグインを公開していましたがこの機能追加によりプラグインが不要になります。
この情報は caramel*vanillaMovable Type 3.3 Betaをインストールしてみたより頂きました。ありがとうございました。

15.設定画面

アーカイブページ管理メニューの「設定」の表示項目が最小限になりました。詳細を設定する場合は画面右上にある「詳細モードに切り替え」をクリックします。

16.Webサービスのパスワード

Webサービスのパスワード メイン・メニュー > システム・メニュー > 投稿者 で設定する Webサービス用のパスワードです。これまではログインパスワードと別に設定する必要がありましたが、自動的にパスワードが設定されるようになりました。デフォルトの設定文字列はログインパスワードと異なります。入力エリア右にある「内容を表示」をクリックすればパスワード文字列が確認できます。

17.StyleCatcher

公式サイトのアナウンスでは StyleCatcher プラグインが同梱されるとのことでしたが、このバージョンでは同梱されていません。

Comments [11] | Trackbacks [6]
2006年6月 2日

Movable Type 3.3 ベータテスト開始

June 2,2006 8:50 PM
Tag:[]
Permalink

Six Apart で Movable Type 3.3 のベータテストが開始しました。

Movable Type 3.3 ベータテスト開始

本日2006年6月2日金曜日、いよいよワールドワイドでMovable Type 3.3のベータテストを開始いたします。以下のリンクより日本語ベータ版を入手していただき、ご評価いただければ幸いです。

ということで日本語ベータ版もダウンロードできます。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3