TopWebRSS > 2007年4月
2007年4月23日

RSSリーダー比較(ウェブ版)

April 23,2007 1:55 AM
Tag:[]
Permalink

RSSリーダー(ウェブ版)を比較してみました。このエントリーは下記の記事に触発されて書いたものです。大変参考になり、ありがとうございました。

帰納法障碍勝手にRSSリーダ処方箋

このエントリーでは上記サイトおよび feedburner の解析結果より、次の4つの RSS リーダーを対象としています。

feedburner の解析結果では、feedpath Rabbit の利用数は他の3サービスに比べ大きく引き離されていますが、個人的に使用していること・リニューアル後の「未読記事一括表示」機能復活で以前より順位が上がったこと等で比較対象に加えています。

評価の○/△/×は機能の有無または使用感等で主観的に判断したものです。評価項目は他にも色々あると思いますので、気がついたところは適宜追加したいと思います。また動作や機能把握に誤りがありましたらご指摘ください。

項目livedoor
Reader
BloglinesGoogle
Reader
feedpath
Rabbit
トップページ表示速度△遅い
操作感
(折りたたみ・スクロール等)
△やや重い
一覧表示△ *1△ *2
一覧⇔本文切替△ *3○ *4○ *5○*6
記事スペース○ *7◎ *8○ *9○ *10
未読記事一括表示×○ *11○ *12○ *13
過去記事表示△ *14◎ *15△ *16△ *16
OPML
インポート/エクスポート
○ *17○ *18○ *19○ *20
*1:タイトル下に補助情報が表示されるので未読が多いと要スクロール。
*2:サイト別。上下マージンやや多。
*3:「c」キー、または上部メニューの「その他」で切り替え。記事単位の折りたたみはできない。ただし動作は速い。
*4:折りたたみマークやや小。
*5:タイトルバー部分がクリック可+折りたたみ履歴が分かる。
*6:タイトル名をクリック
*7:右ペイン全体
*8:サイドメニュー非表示可
*9:右ペイン(上部はタブあり)
*10:右ペイン(上部にタブ・補助情報あり)・サイドメニュー非表示可
*11:サイト別表示
*12:All Itemsクリック
*13:フォルダ右の[全未読]クリック
*14:サイト別表示、時間指定不可
*15:サイト別表示、時間指定可
*16:一括表示/サイト別表示可、時間指定不可
*17:[設定変更]-[データのインポート / エクスポート]
*18:[編集]-[その他]
*19:[Settings]-[Import/Export]
*20:インポート:[Feed追加]-OPMLファイル/エクスポート:[環境設定]-[OPMLファイルの出力]

その他、比較対象外の項目です。

 livedoor
Reader
BloglinesGoogle
Reader
feedpath
Rabbit
表示切替方法「c」キー表示する記事の長さ:記事全体を表示/要約を表示/ヘッドラインだけを表示Expand view/List view環境設定:閉じて表示する(見出しのみ)/開いて表示する(見出し + 本文)
未読記事一覧からサイトへのリンク位置タイトルまたは「元記事」リンクタイトルタイトル右のアイコンまたは本文タイトルタイトル左のアイコンまたは本文タイトル

ということで上記のまとめです。どれも一長一短です。

  • 快適な操作感:livedoor Reader または feedpath Rabbit
  • 広い記事スペース:Bloglines
  • 過去記事表示:Bloglines
  • 未読記事一括表示:Google Reader または feedpath Rabbit
Comments [2] | Trackbacks [4]
2007年4月20日

feedpath Rabbit の「未読一括表示機能」復活

April 20,2007 6:23 PM
Tag:[, ]
Permalink

先日エントリーした「feedpath リニューアル」で

feedpath をご利用の方はご存知と思いますが、リニューアルされた feedpath Rabbit では私が唯一使っていたこの「未読記事を一括で一覧表示」機能が廃止されました。

と書きましたが、小川さんはじめ feedpath ファンの皆様の声が届いたようで、復活しました。

Feedリーダー・Blogエディタの改修と新機能追加を行いました。

フォルダ単位(タグ単位)での未読一覧表示の機能を追加しました。 サイドバーのフォルダ名(タグ名)の横にあります |全未読| リンクをクリックすると購読サイトフォルダ(タグ)に登録されているサイトの新着一覧を表示します。

新しく追加された「全未読」リンク上の引用にも書かれている通り、フォルダ右に新しく表示された | 全未読 | というリンクをクリックすると、以前のバージョンと同じようにフォルダ配下の未読記事がまとめて表示されます。

feedpath Rabbit を使う理由

feedpath Rabbit リニューアル後、他の RSS リーダーをいくつか試してみましたが、結局そのまま feedpath Rabbit を継続して使っています。理由は feedpath Rabbit の表示が快適、タイトルのみの一覧表示が他の Web 型 RSS リーダーと比較して一番見やすい、等です。

できればサイト単位で「何時間前まで記事を読む」というセレクトボックスも復活して頂ければ最高なのですが(これは操作を誤って未読履歴を消してしまった時に大変重宝していました)、まずはユーザの声に耳を傾け、リニューアルから1週間で機能復活くださったフィードパス社のスタッフの皆様に感謝致します。

そういう訳で feedpath Rabbit と、一度失って改めて便利だったことが分かった「未読一括表示機能」を強くお勧めします。

Comments [0] | Trackbacks [1]
2007年4月13日

feedpath リニューアル

April 13,2007 1:31 AM
Tag:[, ]
Permalink

feedpath Rabbit4月9日、feedpath が feedpath Rabbit としてリニューアルしました。

feedpath は当サイトのフィード購読者では livedoor Reader/Bloglines/Google Feedfetcher/Firefox Live Bookmarks/FreshReader に続く、第6位の RSSリーダー(Web型)です。

これまでの購読スタイル

私がたまたま RSS リーダーを使い始めたのがこの feedpath でして、以前のバージョンの feedpath では次のような方法で購読していました。

  • デフォルトに用意された「未分類」フォルダに購読したいサイトのURLをどんどん登録(自分で作成したフォルダもありましたがほとんどはこのフォルダに登録)
  • 未読記事が検出されると「未分類」フォルダの右側に未読記事数が表示されるので、そのフォルダをクリック
  • クリックするとフォルダ内に登録されているサイトの未読記事のタイトルが右ペインに一覧表示
  • 読みたい記事のタイトルをクリックして折りたたまれた本文を表示させ、それを直接読むか、あるいはサイトの記事ページへジャンプ

ほとんどのサイトをひとつのフォルダにまとめていたので、1クリックで未読記事がずらりと表示され、その中から気になるタイトルの記事だけを素早く拾い読みできます。

この簡単明瞭な「まとめて読む」という方法が自分に一番合っていたようで、「これが当たり前」という感覚で快適なネットライフを送ってました。

「未読記事を一括で一覧表示」機能の廃止

2007.04.20 「未読記事を一括で一覧表示」機能が復活しました。関連記事


feedpath をご利用の方はご存知と思いますが、リニューアルされた feedpath Rabbit では私が唯一使っていたこの「未読記事を一括で一覧表示」機能が廃止されました。

新しいバージョンにも以前と同じように「未分類」フォルダがありますが、以前と異なり、このフォルダをクリックするとフォルダに登録しているサイトの一覧が表示され、サイトをクリックすることで右側に記事一覧が表示されるという、livedoor Reader などと同じ方式に変更されています。

後で気がつきましたが、フィードパス社のサイトで下記のようなお知らせがあり、その中で該当機能廃止(3項)の記述がありました。

【メンテナンス】本日(4月9日)、feedpath Rabbit(フィードパス・ラビット)をリリースいたしました。

旧 feedpath からの仕様変更点 1.未読から既読になるタイミングの変更 2.スマートサイドバー機能の一部変更 3.フォルダ内の購読サイトの未読記事を一括で一覧表示する機能の廃止 4.feedpathウィジェットで通知しているフォルダ名をクリックするとFeedリーダートップページに遷移

大変便利な機能だったのですが、そう思っているのは私だけかと思ったら、この変更に関して同じ思いの方が大勢いらっしゃいました。

さようなら、feedpath。こんにちは、Google Reader

執筆者の小川浩さんはフィードパス株式会社の元COOで、記事本文では feedpath 全体について言及されたものですが、コメント・トラックバック欄を読まれればこの「未読記事を一括で一覧表示」機能がどれだけ多くの人に活用されていたかを改めて知ることができました。

そういう訳で、フォルダ内にあるサイト別にクリックしなければ RSS を購読できなくなってしまいましたが、

  • 未読記事サイトはフォルダ内の先頭に移動して表示
  • 未読記事一覧表示はタイトルのみ

という2点があることは助かりました。

理想の RSS リーダー

初期の feedpath そのもので、それに慣れてしまったというのもありますが、私自身が一番便利だと思う理想の RSS リーダーは次のような条件を全て満たしているものです。

  • Web型(どこからでも使える&既読状況が反映される)
  • フォルダに登録したサイトの未読記事を1クリックで一括表示(楽)
  • 表示された一覧はタイトルのみ表示する(スクロール量が少なく、読みたい記事だけを素早くみつけられる)
  • タイトルをクリックすると本文が表示される(サイトにジャンプする必要がない)
  • レスポンスが良い(スクロールが軽い等)
  • 「×時間前」「×日前」という選択で既読したものを再度読むことができる *サイト別にこれができればなお良し

前出の小川さんの記事で「残念」「他のRSSリーダーに移行します」という反応が数多くあったということは、同じ思いの隠れたユーザはさらに多く存在するのではないかと思われます。
言い換えれば、こういう RSS リーダーがローンチされれば大きなシェアを獲得できるかもしれません。

feedpath がリニューアルされたことでユーザビリティが色々と向上した面もあると思われます。そういう点に言及しないまま特定の機能のみについて一方的に要望することは身勝手な行為と思いますが、リニューアルされた feedpath Rabbit に「未読記事を一括で一覧表示する機能」が復活することを願い、このエントリーを投稿致しました。

2007.04.13 追記
「理想の RSS リーダー」の条件に6項目目を追加しました。

2007.04.20 追記
「未読記事を一括で一覧表示」機能復活について記述を追加しました。

Comments [3] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3