Topgithub > 2010年10月
2010年10月22日

Github を Windows で利用する(ローカルPCにリモートリポジトリの複製を作る)

October 22,2010 2:22 AM
Tag:[, ]
Permalink

Githubを使って、リモートリポジトリの複製(ローカルリポジトリ)をローカルPCに作成し、ローカルリポジトリで変更したソースコードをリモートリポジトリに反映させる手順です。

Github を Windows で利用する(Git GUI編)」では新規のリポジトリ作成からの流れを説明しましたが、ローカルリポジトリが存在しない状態での手順を記していなかったので、本エントリーで紹介します。

Git Bashはネット上での情報が多いので、1項の「リポジトリの複製」のみにとどめ、後はGit GUIを使って作業します。

1.リポジトリの複製(ローカルリポジトリの作成)

Git Bashを起動します。

MS-DOSのようなウィンドウが開くので、cdコマンドでローカルリポジトリを作成したいディレクトリに移動します。

移動後、「git clone」コマンドを実行します。「git clone」コマンドは、svnの「svn co」と同じような動作になります。「git clone」の後にリモートリポジトリを指定します。

リモートリポジトリの取得プロトコルは、SSH/HTTP/Git Read-Onlyの3種類があります。ここではSSH(git@github.com~)を使用しています。

git clone git@github.com:xxx/xxxx.git

このあと、「Enter passphrase for key...」という風に、SSHのパスフレーズを尋ねられるので、sshキーを入力します。sshキーの設定は「Github を Windows で利用する(Git GUI編)」を参照してください。

認証OKであれば、リモートのリポジトリの複製(ローカルリポジトリ)が作成されます。

この後、ローカルリポジトリでソースコードの修正作業を行います。

2.ローカルリポジトリでのコミット

Git GUIを起動し、作成したローカルリポジトリを指定します。

ソースコードの修正を行っている場合、変更されたファイルが表示されているので、まずコミット作業を行います。

具体的には、「コミット予定に入っていない変更」からファイルを選択して、「コミット」→「変更されたファイルをコミット予定」を選択します。

「コミットメッセージ」に任意のメッセージを入力して「コミット」をクリックします。これで、ローカルリポジトリ上でのコミットが完了します。

3.リモートリポジトリへのプッシュ

ローカルリポジトリの変更をリモートリポジトリへ反映(プッシュ)します。2項の状態から「プッシュ」をクリックします。

開いた画面にある「リモート」から「origin」にして、「プッシュ」をクリックします。「git clone」コマンドでリポジトリを複製すると、リモートリポジトリに「origin」という別名がつくので、このような指定を行います。

最後にSSHのパスフレーズを尋ねられるので、入力します。認証OKであればリモートリポジトリへプッシュが実行されます。

Comments [3] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3