TopMovable TypeMTOS > 2007年12月
2007年12月19日

Movable Type 4.1 / MTOS における変数での算術演算子の利用方法

December 19,2007 12:10 AM
Tag:[]
Permalink

昨日エントリーした「Movable Type 4.1 / MTOS における配列とハッシュの利用方法」に加え、MT4.1/MTOS では算術演算子の利用が可能になりました。

詳細は後述しますが、可能な演算は、

  • 加算(+)
  • 減算(-)
  • 乗算(*)
  • 除算(/)
  • 剰余(%)
  • インクリメント(++)
  • デクリメント(--)

で、変数の演算結果を同一変数に保持したり、MTIf タグ等での判定や、判定と同時に演算すること等が可能です。

ということで、こちらについても以下に利用方法をまとめてみました。なお、利用可能と思われるテンプレートタグは下記の通りです。

MTIf
MTUnless
MTGetVar
MTSetVar
MTSetVarBlock
MTSetVarTemplate

1.加算

フォーマット

op モディファイアに"+"または"add"を設定します。定義済みの変数に加算する場合は value モディファイアを記述し、加算したい値を設定します。

値を加算のみする場合

<$mt:setvar name="[変数名]" op="+" value="[加算値]"$>
または
<$mt:setvar name="[変数名]" op="add" value="[加算値]"$>

加算後に表示する場合

<$mt:getvar name="[変数名]" op="+" value="[加算値]"$>
または
<$mt:getvar name="[変数名]" op="add" value="[加算値]"$>

加算した結果を判定する場合(例は等しい場合を判定)

<mt:if name="[変数名]" op="+" value="[加算値]" eq="[比較値]">
または
<mt:if name="[変数名]" op="add" value="[加算値]" eq="[比較値]">

サンプル

変数hogeに+1した結果を設定

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<$mt:setvar name="hoge" op="+" value="1"$>

変数hogeに+1した結果を表示

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<$mt:getvar name="hoge" op="+" value="1"$>

変数hogeに+1した結果が2であるかを判定

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<mt:if name="hoge" op="+" value="1" eq="2">
OK
<mt:else>
NG
</mt:if>

2.減算

フォーマット

op モディファイアに"-"または"sub"を設定します。定義済みの変数に減算する場合は value モディファイアを記述し、減算したい値を設定します。

値を減算のみする場合

<$mt:setvar name="[変数名]" op="-" value="[減算値]"$>
または
<$mt:setvar name="[変数名]" op="sub" value="[減算値]"$>

減算後に表示する場合

<$mt:getvar name="[変数名]" op="-" value="[減算値]"$>
または
<$mt:getvar name="[変数名]" op="sub" value="[減算値]"$>

減算した結果を判定する場合(例は等しい場合を判定)

<mt:if name="[変数名]" op="-" value="[減算値]" eq="[比較値]">
または
<mt:if name="[変数名]" op="sub" value="[減算値]" eq="[比較値]">

サンプル

変数hogeから-1した結果を設定

<$mt:setvar name="hoge" value="10"$>
<$mt:setvar name="hoge" op="-" value="1"$>

変数hogeから-1した結果を表示

<$mt:setvar name="hoge" value="10"$>
<$mt:getvar name="hoge" op="-" value="1"$>

変数hogeに-1した結果が2であるかを判定

<$mt:setvar name="hoge" value="3"$>
<mt:if name="hoge" op="-" value="1" eq="2">
OK
<mt:else>
NG
</mt:if>

3.乗算

フォーマット

op モディファイアに"*"または"mul"を設定します。定義済みの変数に乗算する場合は value モディファイアを記述し、乗算したい値を設定します。

値を乗算のみする場合

<$mt:setvar name="[変数名]" op="*" value="[乗数値]"$>
または
<$mt:setvar name="[変数名]" op="mul" value="[乗数値]"$>

乗算後に表示する場合

<$mt:getvar name="[変数名]" op="*" value="[乗数値]"$>
または
<$mt:getvar name="[変数名]" op="mul" value="[乗数値]"$>

乗算した結果を判定する場合(例は等しい場合を判定)

<mt:if name="[変数名]" op="*" value="[乗数値]" eq="[比較値]">
または
<mt:if name="[変数名]" op="mul" value="[乗数値]" eq="[比較値]">

サンプル

変数hogeに2倍した結果を変数に設定

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<$mt:setvar name="hoge" op="*" value="2"$>

変数hogeを2倍した結果を表示

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<$mt:getvar name="hoge" op="*" value="2"$>

変数hogeに2倍した結果が6であるかを判定

<$mt:setvar name="hoge" value="3"$>
<mt:if name="hoge" op="*" value="2" eq="6">
OK
<mt:else>
NG
</mt:if>

4.除算

フォーマット

op モディファイアに"/"または"div"を設定します。定義済みの変数に除算する場合は value モディファイアを記述し、除算したい値を設定します。

値を除算のみする場合

<$mt:setvar name="[変数名]" op="/" value="[除数値]"$>
または
<$mt:setvar name="[変数名]" op="div" value="[除数値]"$>

除算後に表示する場合

<$mt:getvar name="[変数名]" op="/" value="[除数値]"$>
または
<$mt:getvar name="[変数名]" op="div" value="[除数値]"$>

除算した結果を判定する場合(例は等しい場合を判定)

<mt:if name="[変数名]" op="/" value="[除数値]" eq="[比較値]">
または
<mt:if name="[変数名]" op="div" value="[除数値]" eq="[比較値]">

サンプル

変数hogeを2で割った結果を変数に設定

<$mt:setvar name="hoge" value="10"$>
<$mt:setvar name="hoge" op="/" value="2"$>

変数hogeを2で割った結果を表示

<$mt:setvar name="hoge" value="10"$>
<$mt:getvar name="hoge" op="/" value="2"$>

変数hogeを2で割った結果が3であるかを判定

<$mt:setvar name="hoge" value="6"$>
<mt:if name="hoge" op="/" value="2" eq="3">
OK
<mt:else>
NG
</mt:if>

5.剰余

フォーマット

op モディファイアに"%"または"mod"を設定します。定義済みの変数に剰余する場合は value モディファイアを記述し、剰余したい値を設定します。

値を剰余のみする場合

<$mt:setvar name="[変数名]" op="%" value="[剰余値]"$>
または
<$mt:setvar name="[変数名]" op="mod" value="[剰余値]"$>

剰余後に表示する場合

<$mt:getvar name="[変数名]" op="%" value="[剰余値]"$>
または
<$mt:getvar name="[変数名]" op="mod" value="[剰余値]"$>

剰余した結果を判定する場合(例は等しい場合を判定)

<mt:if name="[変数名]" op="%" value="[剰余値]" eq="[比較値]">
または
<mt:if name="[変数名]" op="mod" value="[剰余値]" eq="[比較値]">

サンプル

変数hogeを3で割った余りを変数に設定

<$mt:setvar name="hoge" value="5"$>
<$mt:setvar name="hoge" op="%" value="3"$>

変数hogeを3で割った余りを表示

<$mt:setvar name="hoge" value="5"$>
<$mt:getvar name="hoge" op="%" value="3"$>

変数hogeを3で割った余りが1であるかを判定

<$mt:setvar name="hoge" value="7"$>
<mt:if name="hoge" op="%" value="3" eq="1">
OK
<mt:else>
NG
</mt:if>

6.インクリメント

「インクリメント」とは、値に1を加算することを指します。

フォーマット

op モディファイアに"++"または"inc"を設定します。なお、定義済みの変数にしかインクリメントすることはできません。

値をインクリメントのみする場合

<$mt:setvar name="[変数名]" op="++"$>
または
<$mt:setvar name="[変数名]" op="inc"$>

インクリメント後に表示する場合

<$mt:getvar name="[変数名]" op="++"$>
または
<$mt:getvar name="[変数名]" op="inc"$>

インクリメントした結果を判定する場合(例は等しい場合を判定)

<mt:if name="[変数名]" op="++" eq="[比較値]">
または
<mt:if name="[変数名]" op="inc" eq="[比較値]">

サンプル

変数hogeをインクリメント

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<$mt:setvar name="hoge" op="++"$>

変数hogeをインクリメントした結果を表示

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<$mt:getvar name="hoge" op="++"$>

変数hogeをインクリメントした結果が2であるかを判定

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<mt:if name="hoge" op="++" eq="2">
OK
<mt:else>
NG
</mt:if>

7.デクリメント

「デクリメント」とは、値から1を減算することを指します。

フォーマット

op モディファイアに"--"または"dec"を設定します。なお、定義済みの変数にしかデクリメントすることはできません。

値をデクリメントのみする場合

<$mt:setvar name="[変数名]" op="--"$>
または
<$mt:setvar name="[変数名]" op="dec"$>

デクリメント後に表示する場合

<$mt:getvar name="[変数名]" op="--"$>
または
<$mt:getvar name="[変数名]" op="dec"$>

デクリメントした結果を判定する場合(例は等しい場合を判定)

<mt:if name="[変数名]" op="--" eq="[比較値]">
または
<mt:if name="[変数名]" op="dec" eq="[比較値]">

サンプル

変数hogeをデクリメント

<$mt:setvar name="hoge" value="10"$>
<$mt:setvar name="hoge" op="--"$>

変数hogeをデクリメントした結果を表示

<$mt:setvar name="hoge" value="10"$>
<$mt:getvar name="hoge" op="--"$>

変数hogeをデクリメントした結果が1であるかを判定

<$mt:setvar name="hoge" value="2"$>
<mt:if name="hoge" op="--" eq="1">
OK
<mt:else>
NG
</mt:if>

8.注意事項

文字列や数字を含んだ文字列に演算を行っても何も行われません。また、ベータ1a版の動作確認では、他のリスト系テンプレートタグとの組み合わせでは初期値が1でないと機能しないようです(下記)。

NG(初期値0)

<$mt:setvar name="hoge" value="0"$>
<MTEntries>
<$mt:setvar name="hoge" op="++"$>
</MTEntries>
<$mt:getvar name="hoge">

OK(初期値1)

<$mt:setvar name="hoge" value="1"$>
<MTEntries>
<$mt:setvar name="hoge" op="++"$>
</MTEntries>
<$mt:getvar name="hoge">
Comments [2] | Trackbacks [2]
2007年12月18日

Movable Type 4.1 / MTOS における配列とハッシュの利用方法

December 18,2007 1:11 AM
Tag:[, , ]
Permalink

公にアナウンスされていないようですが、MT4.1/MTOS では変数で配列とハッシュの操作が可能になり、変数処理がよりプログラマブルになりました。

ということで、以下に利用方法をまとめてみました。

1.配列

配列とは、同じ型のデータを連続的に並べた集合を指します。同一の変数名にインデックス(添え字)を付与することでデータを識別することができます。

例えば、week という変数に、Monday から Sunday までの文字列を設定するには、

week[0] = 'Monday'
week[1] = 'Tuesday'
week[2] = 'Wednesday'
week[3] = 'Thursday'
week[4] = 'Friday'
week[5] = 'Saturday'
week[6] = 'Sunday'

という感じになります。

MTSetVar による配列の設定

MTSetVar タグで配列を設定する方法は2通りあります。name モディファイアの変数名に直接インデックスを記述して、value モディファイアに値を設定するか(下)、

<MTSetVar name="week[0]" value="Mon">
<MTSetVar name="week[1]" value="Tue">
<MTSetVar name="week[2]" value="Wed">
     :

index モディファイアを記述し、そこにインデックスを設定します(下)。value モディファイアは同じです。

<MTSetVar name="week" index="0" value="Mon">
<MTSetVar name="week" index="1" value="Tue">
<MTSetVar name="week" index="2" value="Wed">
     :

MTSetVarBlock による配列の設定

MTSetVar タグに配列を設定する方法も、MTSetVar タグと大体同じで、name モディファイアの変数名に直接インデックスを記述し、value モディファイアの代わりにブロック内に値を記述します。

<MTSetVarBlock name="week[0]">
    :
</MTSetVarBlock>
<MTSetVarBlock name="week[1]">
    :
</MTSetVarBlock>
<MTSetVarBlock name="week[2]">
    :
</MTSetVarBlock>
    :

または、index モディファイアを記述し、そこにインデックスを設定します(下)。

<MTSetVarBlock name="week" index="0">
    :
</MTSetVarBlock>
<MTSetVarBlock name="week" index="1">
    :
</MTSetVarBlock>
<MTSetVarBlock name="week" index="2">
    :
</MTSetVarBlock>
    :

MTFor による配列の設定

単純な数値であれば MTFor で設定することも可能です。

下記に、0~6の値を配列に設定するサンプルを示します。MTFor タグの var モディファイアの変数名に配列のインデックスが設定されます。from モディファイアに最小値、to モディファイアに最大値を設定し、MTFor ブロック内に MTSetVar を記述して、配列のインデックスとなる $x を記述します。

<mt:for var="x" from="0" to="6">
    <MTSetVar name="week[$x]" value="$x">
</mt:for>

MTSetVar の name モディファイアと別に、index モディファイアに $x を記述してもOKです。

<mt:for var="x" from="0" to="6">
    <MTSetVar name="week" index="$x" value="$x">
</mt:for>

繰り返し処理による配列の設定

下記に、ブログ記事タイトルを配列の値に設定するサンプルを示します。

<MTEntries>
    <MTSetVarBlock name="counter"><$MTGetVar name="__counter__"$></MTSetVarBlock>
    <MTSetVarBlock name="entrytitle[$counter]"><$MTEntryTitle$></MTSetVarBlock>
</MTEntries>

2行目の counter は、インデックス値となる __counter__ の値を3行目に直接設定できないため、MTSetVarBlock でワンクッションおいてます。3行目でブログ記事タイトルを配列に設定しています。

配列の取得

配列の内容を取得・表示するには、MTGetVar(または MTVar)で name モディファイアにインデックスつきの変数名を指定します。

<MTGetVar name="week[0]">
<MTGetVar name="week[1]">
<MTGetVar name="week[2]">
     :

実行結果

Mon
Tue
Wed
 :

または、MTGetVar(または MTVar)で name モディファイアと別に index モディファイアにインデックス値を指定します。実行結果は同じです。

<MTGetVar name="week" index="0">
<MTGetVar name="week" index="1">
<MTGetVar name="week" index="2">
     :

さらに MTFor タグを使うことで、繰り返しによる取得も可能です。

MTFor タグの var モディファイアの値が配列のインデックス値となります。from モディファイアに最小値、to モディファイアに最大値を設定し、MTFor ブロック内に MTGetVar を記述して配列の値を取得します。MTGetVar の name モディファイアにインデックス値となる $x を記述します。

<mt:for var="x" from="0" to="6">
    <MTGetVar name="week[$x]">
</mt:for>

MTGetVar の name モディファイアと別に、index モディファイアに $x を記述してもOKです。

<mt:for var="x" from="0" to="6">
    <MTGetVar name="week" index="$x">
</mt:for>

配列の要素数を求める

count 関数により、配列を設定した後の要素数を求めます。
フォーマットは、

<MTGetVar name="count(week)">

で、name モディファイアに要素数を求める関数名(count)と、関数のパラメータ(括弧内)に処理の対象となる配列の変数名を記述します。

実行結果

7

または、

<MTGetVar name="week" function="count">

と書いても同じです。function モディファイアに関数名 count を記述します。

配列の最後からデータを取得する

pop 関数により、配列の最後からデータを取得し、配列から取得データを削除します。
フォーマットは、

<MTGetVar name="pop(week)">

で、name モディファイアに関数名(pop)と、関数のパラメータ(括弧内)に処理の対象となる配列の変数名を記述します。

実行結果(結果には表示されませんが配列のインデックスが-1されています)

Sun

または、

<MTGetVar name="week" function="pop">

と書いても同じです。function モディファイアに関数名 pop を記述します。

配列の先頭からデータを取得する

shift 関数により、配列の先頭からデータを取得し、配列から取得データを削除します。

<MTGetVar name="shift(week)">

で、name モディファイアに関数名(shift)と、関数のパラメータ(括弧内)に処理の対象となる配列の変数名を記述します。

実行結果(結果には表示されませんが配列のインデックスが-1されています)

Mon

または、

<MTGetVar name="week" function="shift">

と書iいても同じです。

2.ハッシュ

ハッシュは、配列のインデックスが文字列となったものです。この文字列となったインデックスを「キー」と呼びます。先の1週間の例では、

week[mon] = 'Monday'
week[tue] = 'Tuesday'
week[wed] = 'Wednesday'
week[thu] = 'Thursday'
week[fri] = 'Friday'
week[sat] = 'Saturday'
week[sun] = 'Sunday'

となります。

MTSetVar にハッシュの設定

MTSetVar タグにハッシュを設定する方法は2通りあります。name モディファイアの変数名に直接キー({}で囲まれた部分)を記述するか(下)、

<MTSetVar name="week{mon}" value="Monday">
<MTSetVar name="week{tue}" value="Tuesday">
     :

key モディファイアを記述し、そこにキーを設定します(下)。

<MTSetVar name="week" key="mon" value="Monday">
<MTSetVar name="week" key="tue" value="Tuesday">
     :

MTSetVarBlock にハッシュの設定

MTSetVarBlock タグにハッシュを設定する方法も、MTSetVar タグと大体同じで、name モディファイアの変数名に直接キーを記述し、value 属性の代わりにブロック内に値を記述します。

<MTSetVarBlock name="week{mon}">
     :
</MTSetVarBlock>
<MTSetVarBlock name="week{tue}">
     :
</MTSetVarBlock>
     :

または、key モディファイアを記述し、そこにキーを設定します(下)。

<MTSetVarBlock name="week" key="mon">
     :
</MTSetVarBlock>
<MTSetVarBlock name="week" key="tue">
     :
</MTSetVarBlock>
     :

ハッシュの取得

ハッシュの内容を取得・表示するには、MTGetVar(または MTVar)で name モディファイアにキーつきの変数名を指定します。

<MTGetVar name="week{mon}">
<MTGetVar name="week{tue}">
     :

実行結果

Monday
Tuesday
  :

または、MTGetVar(または MTVar)で name モディファイアと別に key モディファイアにインデックス値を指定します。実行結果は同じです。

<MTGetVar name="week" key="mon">
<MTGetVar name="week" key="tue">
     :

ハッシュの要素数を求める

ハッシュを設定した後の要素数は次の方法で求めます。

<MTGetVar name="count(week)">

name モディファイアに要素数を求める関数名(count)と、関数のパラメータ(括弧内)に処理の対象となる配列の変数名を記述します。

実行結果

7

または、

<MTGetVar name="week" function="count">

と書いても同じです。

ハッシュから要素を削除する

ハッシュから指定したキーの要素を取得し、同時にハッシュから該当要素を削除します。

<MTGetVar name="delete(week)" key="a">

name モディファイアに要素数を求める関数名(delete)と、関数のパラメータ(括弧内)に処理の対象となる配列の変数名を記述します。

実行結果(結果には表示されませんがハッシュのキーが削除されています)

Monday

または、

<MTGetVar name="week" key="a" function="delete">

と書いても同じです。

以上です。
さらに複雑な制御も可能と思われますがとりあえずこの辺で。

Comments [0] | Trackbacks [1]
2007年12月13日

MTOS(Movable Type オープンソース版)Nightly Build リリース

December 13,2007 12:00 AM
Tag:[]
Permalink

MTOSオープンソース版の MTOS(Movable Type Open Source)の Nightly Build がリリースされました。

MTOS

Movable Type Open Source

As of today, and forever forward, Movable Type is open source. This means you can freely modify, redistribute, and use Movable Type for any purpose you choose. Just want the details and downloads? Skip to the bottom. But you might like the story of how we got here.

下記のダウンロードページにある「» Browse the nightly build archive」のリンクより、MTOSのビルドアーカイブをダウンロードできます。URLが変更されていますので、下記のリンクより取得してください。
バージョンは 4.1 となっています。

Downloading MTOS

Downloading MTOS

その他、冒頭の記事中に掲載された、MTOSの特徴等を抜粋でピックアップしておきます。

  • MTOS の機能は MT4.0 と同等です。
  • MT4で動作するプラグイン、テーマ、テンプレート、デザイン、およびAPIはMTOSでも動作します。
  • MTOSは、ブログ数無制限、ユーザ数無制限、およびOpenIDによるサインインがサポートされた唯一のオープンソースの1つです。
  • MTOSはスタンダードなGPLライセンスでリリースされます。
Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3