TopofficeOutlook > 2014年1月
2014年1月20日

Outlookでメールの送受信を分ける方法

January 20,2014 1:55 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Outlookでメールの送受信を分ける方法を紹介します。

1.問題点

Microsoft Outlookのメール機能は、デフォルトで送受信を同時に行なう設定になっているようです。

それを示す手順ですが、「送受信」タブをクリックし、「すべてのフォルダを送受信」をクリック。

すべてのフォルダを送受信

デフォルトの状態であればここで「送受信の進捗度」という画面が開き、「タスク」タブに「送信中」「受信中」と表示され、メール送信とメール受信の両方を実行していることが分かります。

(クリックで拡大)
送受信の進捗度

他のメールソフト、たとえばThunderbirdでは最初から送信と受信の操作は分離されていますが、Outlookはなぜこのような送受信を同時に行うUIになっているのでしょうか。

推測ですが、Outlookはダイヤルアップ接続といった常時接続が当たり前になる時代から存在します。

ダイアルアップ接続の場合、短い接続時間で多くのデータのやりとりを行う必要があり、メールについてもオフラインで返信を書き、接続中にまとめて送信できる機能が必要だったのではないかと思われます。

もちろんまとめて送受信を行いたいという方はデフォルト設定のままで構いませんが、個人的にはThunderbirdのように送受信の操作を分けたいです。

ということで、本エントリーでOutlookで送受信を分ける方法を紹介します。

ここではOutlook 2010を使用しています。

2.メールの送受信を分ける

「送受信」タブをクリック。

メニューバー

「送受信グループ」→「送受信グループの定義」をクリック。

送受信

送受信グループ画面が開くので「編集」をクリック。

送受信グループ画面

アカウントの送受信設定画面が開くので「メールアイテムの送信」のチェックをはずして「OK」をクリック。

(クリックで拡大)
アカウントの送受信設定画面

これで冒頭のように「すべてのフォルダを送受信」を実行しても、「タスク」タブには「受信中」のみが表示され、メールの受信のみが実行されるようになります。

(クリックで拡大)
送受信の進捗度

この設定を行った場合、メールの送信アクションが行えるのは、メール作成画面の送信ボタン、あるいは「送受信」タブ→「すべて送信」の2つになると思います。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年1月16日

Outlookで返信メールに引用符をつける方法

January 16,2014 12:03 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Outlookで返信メールに引用符をつける方法を紹介します。

1.問題点

Microsoft Outlookのメール機能は、デフォルトで返信時の元メールに引用符がつかない設定になっているようです。

返信時の元メールに引用符がつかない状態

が、元メールに引用符をつける方法が分かりません。

ということで、本エントリーで元メールに引用符をつける方法を紹介します。

返信時の元メールに引用符をつけた状態

ここではOutlook 2010を使用しています。

2.返信メールに引用符をつける

返信メールに引用符をつけるには、メニューバーの「ファイル」タブをクリック。

「オプション」をクリック。

Outlookのオプション画面が開くので、「メール」をクリック。

「返信/転送」の設定を変更します。デフォルトは「元のメッセージを残す」になっているので、「元のメッセージの行頭にインデント記号を挿入する」を選択。

(クリックで拡大)

「テキスト形式のメッセージの行頭に次のテキストを入れる」に、任意のテキストを設定して「OK」をクリック。

デフォルトは「> 」という文字が設定されているのでそのまま使ってもかまいません。

(クリックで拡大)

Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年1月14日

Outlookでメールを自動送受信しない方法

January 14,2014 12:55 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Outlookでメールを自動送受信しない方法を紹介します。

1.問題点

Microsoft Outlookのメール機能は、デフォルトで送受信を周期的に行なう設定になっているようです。

ということで、本エントリーでOutlookで自動送受信をしない方法を紹介します。

ここではOutlook 2010を使用しています。

2.周期的に自動送受信しないようにする

周期的に自動送受信しないようにするには、メニューバーの「ファイル」タブをクリック

メニュー

「オプション」をクリック。

オプション画面

Outlookのオプション画面が開くので、「詳細設定」をクリック。

オプション画面

「送受信」の項目の右側にある「送受信」をクリック。

(クリックで拡大)
詳細設定

送受信グループ画面が開くので、「グループ"すべてのアカウント"の設定」および「Outlookがオフラインのとき」にある「次の時間ごとに自動的に送受信を実行する」のチェックを外し、「閉じる」をクリック。

送受信グループ画面

戻ったOutlookのオプション画面で「OK」をクリックすれば設定完了です。

3.接続時に自動送受信しないようにする

注:この操作はを行うとメール送信時に送信トレイに残り、再度送信を実施しないと送信されなくなるので、基本的にこの設定を行う必要はありません。参考:電子メール メッセージが [送信トレイ] に入っている

接続時に自動受信しないようにするには、Outlookのオプション画面にある「送受信」の「接続したら直ちに送信する」のチェックを外して「OK」をクリックします。

オプション画面

2014.01.16
3項に注意書きを追加しました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3