TopレンタルサーバVPS > 2013年2月
2013年2月26日

さくらVPS(その6:Remiを使ったPHPの最新バージョンのインストール)

February 26,2013 12:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

「さくらVPS」のサーバにPHPをインストールする方法について紹介します。

デフォルトの状態ではPHPの旧バージョンがインストールされるみたいなので、優先度を設定するyum-prioritiesを導入し、サードパーティのリポジトリ「Remi」を利用して最新版のPHPをインストールします。

この記事は「さくらVPS」環境設定シリーズの6回目です。

1.yum-prioritiesのインストール

まず、優先度を設定するyum-prioritiesをインストールします。yum-prioritiesをインストールするには、root権限でyumコマンドを実行します。

$ sudo yum -y install yum-priorities

以下のような感じでインストールされます。

yum-prioritiesをインストール

2.パッケージの優先度を設定

パッケージの優先度を設定するために標準レポジトリの設定ファイル、/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoをrootで編集します。

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

[base][updates]のグループの末尾に「priority=1」を設定し、それ以外のグループには「priority=2」を設定します。

# CentOS-Base.repo
#
# The mirror system uses the connecting IP address of the client and the
# update status of each mirror to pick mirrors that are updated to and
# geographically close to the client.  You should use this for CentOS updates
# unless you are manually picking other mirrors.
#
# If the mirrorlist= does not work for you, as a fall back you can try the
# remarked out baseurl= line instead.
#
#
 
[base]
…中略…
priority=1
 
[updates]
…中略…
priority=1
 
[extras]
…中略…
priority=2
 
[centosplus]
…中略…
priority=2
 
[contrib]
…中略…
priority=2

3.Remiのインストール

Remiをwgetでダウンロードします。

2014.2.18追記
ダウンロードURLが変わっているようなので、ブラウザから「Les RPM de Remi - Repository」にアクセスし、下の画面にある「Maintained Enterprise Linux (RHEL / CentOS / Other clones)」にある「remi-release-5.rpm」または「remi-release-6.rpm」のURLを利用してください。

remi-release-5.rpmのダウンロードは次のとおりです。

Les RPM de Remi - Repository

$ wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

続けてインストールします。

$ sudo rpm -ivh remi-release-5.rpm

-----------ここから以前の情報です-----------

64ビット版の場合は以下のコマンドを実行してください。

$ wget http://rpms.famillecollet.com/el5.x86_64/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm
$ wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

32ビット版の場合は以下のコマンドを実行してください。

$ wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

以下は64ビット版をダウンロードした画面です。

Remiのダウンロード

続けてインストールします。こちらは32ビット・64ビット共通です。

$ sudo rpm -ivh remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

以下は64ビット版をインストールした画面です。

Remiのインストール

-----------ここまで以前の情報です-----------

4.Remiの初期設定

Remiリポジトリ設定ファイル、/etc/yum.repos.d/remi.repoをrootで編集します。

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/remi.repo

[remi]グループに「enabled=0」「priority=1」となるように編集します。

[remi]
…中略…
enabled=0
priority=1

変更前
変更前

変更後
変更後

5.PHPのインストール

本題のPHPのインストールを行います。執筆時点の最新バージョンは5.4.10です。

最新版のPHPをインストールするには、rootでyumコマンドを実行するときにオプションパラメータ「--enablerepo=remi」を設定します。「--enablerepo=remi」はRemiリポジトリを利用するというオプションです。

また、PHPのインストールでは「php」「php-cli(コマンドラインから実行)」「php-common」「php-mbstring(マルチバイト処理)」など、必要なパッケージをまとめて指定するとよいでしょう。

$ sudo yum --enablerepo=remi install php php-cli php-common php-mbstring

以下は実際にインストールしたときの画面です。

PHPのインストール

6.PHPバージョンの確認

バージョン確認は一般ユーザーで「php -v」で行います。

$ php -v

作業した時点で最新版の5.4.10がインストールされています。

PHPバージョンの確認

7.Apache再起動

Apacheを再起動してブラウザからPHPが動作することを確認します。

$ sudo service httpd restart

/var/www/htmlに移動して、viコマンドでphpファイルを作成します。

$ cd /var/www/html
$ vi test.php

ファイルの内容は以下でよいでしょう。

<?php phpinfo(); ?>

ブラウザからアクセスして次の内容が表示されればOKです。

ブラウザからアクセス

8.参考サイト

参考サイトは以下です。ありがとうございました。

CentOS 外部レポジトリの追加(Remi)

2014.2.18
RemiのリポジトリURLについて修正しました。

Comments [2] | Trackbacks [0]
2013年2月13日

さくらVPS(その5:MySQLのインストールと起動)

February 13,2013 12:33 AM
Tag:[, , ]
Permalink

「さくらVPS」のサーバにMySQLをインストールする方法について紹介します。

この記事は「さくらVPS」環境設定シリーズの5回目です。

1.MySQLのインストール

MySQLをインストールするには、root権限でyumコマンドを実行します。「-y」オプションはすべての質問に対し「yes」と答えるためのものです。

% sudo yum -y install mysql-server

インストール時の画面は次のようになります。

(クリックで拡大)

2.MySQLのバージョン確認

インストール後にApacheのバージョンを確認したい場合は、

% mysql --version

を実行します。次のように表示されます。

mysql  Ver 14.14 Distrib 5.1.66, for redhat-linux-gnu (x86_64) using readline 5.1

3.MySQLで扱う文字コードの変更

/etc/my.cnfを編集して、MySQLで扱うデフォルトの文字コードをUTF-8にする設定を行います。

root権限でviエディタを起動して/etc/my.cnfを編集します。

% sudo vi /etc/my.cnf

[mysqld]と表示されたグループの最後に以下の内容を追加します。

character-set-server=utf8

また、ファイルの最後に[mysql]、[client]、[mysqldump]というグループと文字コードの設定を追加します。

[mysql]
default-character-set=utf8
 
[client]
default-character-set=utf8
 
[mysqldump]
default-character-set=utf8

変更前(クリックで拡大)

変更後(クリックで拡大)

[mysqld]グループに「skip-character-set-client-handshake」を追加する記事が多くありますが、SQLインジェクションの脆弱性を生じるため設定しない方がいい、という以下の記事をみつけたので本エントリーでは設定していません。

skip-character-set-client-handshake について

4.MySQLの起動

MySQLの起動はroot権限でserviceコマンドを実行します。mysqldはMySQLのデーモンプロセスです。

% sudo service mysqld start

次のように「OK」と表示されれば起動完了です。

(クリックで拡大)

mysqldコマンドでも起動します。

% sudo /etc/rc.d/init.d/mysqld start

5.MySQLの停止と再起動

MySQLを停止するには、

% sudo service mysqld stop

と入力します。「OK」と表示されれば起動完了です。

起動中のMySQLを再起動(停止→起動)するには、

% sudo service mysqld restart

と入力します。こちらも「OK」と表示されれば起動完了です。

mysqldコマンドを利用する場合は、

% sudo /etc/rc.d/init.d/mysqld stop

または

% sudo /etc/rc.d/init.d/mysqld restart

と入力してください。

6.MySQLを自動起動にする

前項までの設定ではサーバを再起動したあと、mysqldを個別に起動させなければなりません。

この手間をなくすために、chkconfigコマンドでサーバ再起動時にmysqldも起動するようにします。

まず「chkconfig --list」でmysqldの自動起動の状態を確認します。

% chkconfig --list mysqld

(クリックで拡大)

次のコマンドを実行すれば自動起動できるようになります。

% sudo chkconfig mysqld on

7.rootユーザーにパスワード設定

MySQLインストール直後はrootユーザーにパスワードが設定されていないので、パスワードを設定します。

パスワードの設定は、root権限でmysqladminコマンドを実行します。

% sudo mysqladmin -u root password 'パスワード'

実際の画面(クリックで拡大)

設定後、mysqlコマンドを使ってrootユーザーでログインできればOKです。

% mysql -u root -pパスワード

「-p」とパスワードの間にスペースは不要です。スペースを入力するとパスワードとして認識されず、パスワードの入力を求められます。

実際の画面(クリックで拡大)

最後に表示された「mysql>」は、MySQLコマンドラインツールのモードになっている状態です。

コマンドラインツールの利用方法については割愛しますので、「quit」と入力してリターンを押下するか「Ctrl+D」を押下して、コマンドラインツールのモードから抜けてください。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3