TopWindowsコマンドプロンプト > 2014年3月
2014年3月24日

コマンドプロンプトで日本語を入力する方法

March 24,2014 1:11 AM
Tag:[, ]
Permalink

Windowsのコマンドプロンプトで日本語を入力する方法を紹介します。

コマンドプロンプトで日本語入力

本エントリーはWindowsビギナーの方向けの内容です。

1.問題点

Windowsのコマンドプロンプトで日本語を入力しようと思って「半角/全角」キーを押下しても、日本語を入力することができません。

他のエディタで入力した日本語をコピーしたあと、コマンドプロンプトで「貼り付け」を選択してペーストする方法もありますが面倒です。

コマンドプロンプトの「貼り付け」によるペースト(クリックで拡大)
コマンドプロンプトで「貼り付け」

ということでコマンドプロンプトで日本語を入力する方法を紹介します。

2.コマンドプロンプトで日本語を入力する

コマンドプロンプトでの日本語入力は「Alt+半角/全角」で切り替えることができます。

日本語入力状態では、画面右下に「全あ般ローマ」が表示されます。

日本語入力に切り替えた状態(クリックで拡大)
コマンドプロンプトで日本語を入力

これでコマンドラインに日本語を直接入力できます。

(クリックで拡大)
日本語を入力

漢字変換やカタカナ入力などはテキストエディタなどへの入力時と同じ方法で切り替えられます。

3.起動方法の変更でペーストの手間を減らす

1項の手間のかかる方法の補足です。

「スタートメニュー」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」で起動したコマンドプロンプトでは、ペースト時にコンテキストメニューから「貼り付け」を選択しなければなりませんでした。

が、「コマンドプロンプトで目的のフォルダに一発で移動する方法」で紹介した方法のコマンドプロンプトを使えば、右クリックだけでペーストが行えるようです(注:環境に依存するかもしれません)。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年3月18日

コマンドプロンプトで目的のフォルダに一発で移動する方法

March 18,2014 1:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

Windowsのコマンドプロンプトで、目的のフォルダに一発で移動する方法を紹介します。

目的のフォルダを一発で開く方法

1.問題点

コマンドプロンプトを利用して作業することが多いのですが、コマンドプロンプトを開いたあと、目的のフォルダに移動するのが面倒です。

たとえば、

C:\Apache24\htdocs\test\test1

というフォルダに移動する場合、コマンドプロンプトでフォルダを直接入力しても構わないのですが、階層が深かったり日本語などが混じっていると入力が面倒なので、私は下記の方法で移動しています。

まずエクスプローラーを開いて、目的のフォルダに移動。

(クリックで拡大)
エクスプローラー

フォルダのアイコンをクリック。

エクスプローラー

フォルダまでのパスが表示され、選択状態になるのでコピー

フォルダまでのパスを表示

コマンドプロンプトを開きます。

(クリックで拡大)
コマンドプロンプト

コマンドプロンプトに「cd」を入力したあと、右クリックして「貼り付け」を選択してリターン。

(クリックで拡大)
コマンドプロンプト

これで目的のフォルダに移動できます。

(クリックで拡大)
目的のフォルダに移動

が、お分かりのとおり、この方法では効率がよくありません。

ということで、コマンドプロンプトで目的のフォルダを一発で開く方法を紹介します。

2.コマンドプロンプトを一発で開く

コマンドプロンプトを一発で開くには、まずエクスプローラー上で移動したいフォルダを表示。

(クリックで拡大)
エクスプローラー

一覧画面の部分でShiftキーを押しながら右クリックして「コマンドウィンドウをここで開く」を選択。

(クリックで拡大)
コマンドウィンドウをここで開く

これで目的のフォルダに移動した状態のコマンドプロンプトが開きます。

(クリックで拡大)
目的のフォルダに移動した状態のコマンドプロンプト

3.共有ネットワークにアクセスも可能

この方法であれば、共有ネットワークにアクセスすることも可能です。

1項に示した方法では、「CMD では UNC パスは現在のディレクトリとしてサポートされません。」というエラーメッセージが表示されるだけで、目的のフォルダに移動することができません(移動するにはpushedコマンドが必要)。

(クリックで拡大)
共有ネットワークにアクセスした場合のエラー

が、2項と同じ手順で「コマンドウィンドウをここで開く」を選択すれば指定したフォルダのコマンドプロンプトが開きます。

なお、実験した環境ではコマンドプロンプトが開いたあと20秒ほどコマンドが入力できない状態になることがあり、そのあとローカルドライブと同じ操作を行うことができました。

このあたりは環境によって異なるかもしれません。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
Recent Entries
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3