TopHTML(X)HTML > 2005年11月
2005年11月 2日

文字実体参照について

November 2,2005 11:50 PM
Tag:[, ]
Permalink

HTMLタグの開始タグ「<」終了タグ「>」などを画面にそのまま表示するための「文字実体参照」について解説します。

1.基本

例えば、

<foo>

という文字をそのまま入力しても、画面には何も表示されません。

これは「<」と「>」で括られた部分をマークアップの開始および終了文字、つまりHTMLタグと誤認してしまうためです。

ブラウザ上でこれを表示させるためには、

&lt;foo&gt;

と入力する必要があります。この置き換えられた「&lt;」や「&gt;」等を「文字実体参照」といいます。

分類的には「文字参照」という定義の中に「数値文字参照」と「文字実体参照」という定義が存在します。

2.文字実体参照

主な(というか、主観的によく使う)文字実体参照は下記の通りです。

文字文字実体参照
<&lt;
>&gt;
&&amp;
"&quot;
半角空白&nbsp;
«&laquo;
»&raquo;
©&copy;

他の文字実体参照は下記にあります。

WEB ARCHIVES REPRINTXHTML 文字実体参照
ばけらの HTML リファレンスHTMLで使える文字実体参照

3.数値文字参照

「数値文字参照」は、10進数または16進数によって該当文字を参照します。先の例であれば「<」は「&#60;」、「>」は「&#62;」となります。数値実体参照も文字実体参照と同じ効果です。
一覧はネットを検索すればすぐにみつかりますが、下記のページで簡単に文字を数値文字参照に変換することができます。また上記の文字実体参照一覧に掲載されていないものも変換できるので重宝しています。

Software CollectionsHTMLエンティティ化

4.文字参照の勧め

「<」や「>」を画面に表示する方法が分からずに、全角の「<」や「>」で代用するケースをときどきみかけます。

が、個人的には文字参照することを推奨します。

理由は、全角文字の「<」や「>」で代用したり、他の文字に置き換えて表示した場合、コピー&ペースト後の修正に手間がかかることと、誤ってそのまま利用したときに当然期待通りの動作にならず、原因が発覚しにくいためです(個人的にこれで一度苦労した経験あり)。

また「&」については文字実体参照を行わなくても主要ブラウザで正常に表示されますが、ページをXHTML1.0として表示する場合、実体参照(&amp;)で記述することが定められています。

ブラウザに「&」を表示しないも実体参照が必要です。たとえばリンクのURLに&を含む場合がこれに該当します。

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

HTML 4.01仕様書(邦訳)5.3 文字参照
XHTML 1.0(邦訳)W3C勧告 2000年1月26日版

2005.11.04 追記
表に半角空白を追記しました。

2006.12.26 追記
実体参照に誤りがありましたので修正しました。

2012.04.07 追記
本文を一部見直しました。

Comments [3] | Trackbacks [5]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3