TopWordPress > カスタマイズ > 画像 > 2010年10月
2010年10月15日

WordPressの「QF-GetThumb」プラグインがPHPのセーフモード環境で動作しない問題の対処

先日エントリーした「WordPressの記事に挿入した画像のサムネイルを表示する「QF-GetThumb プラグイン」」で、PHPのセーフモード環境で正常に動作しない問題の対処方法を紹介します。

QF-GetThumb」は、記事に挿入した画像から自動的にサムネイル(キャッシュ)を生成するプラグインです。

QF-GetThumb プラグイン

1.問題点

XREAやCORESERVERなど、PHPがセーフモードで動作するサーバでは、プラグインが利用するための、キャッシュを保存するディレクトリが正常に生成されないため、プラグインが正常に動作しないようです。

2.対処方法

プラグインファイルqf-getthumb.phpの中にある、qf_get_savepath()関数の以下の部分を変更することで、サムネイルを表示させることができました。

変更内容は、プラグインのデフォルト動作である、サムネイル単位のディレクトリ作成をやめて、ファイルだけを保存するようにしました。ファイル名は重複しないよう、ディレクトリ名をファイル名の一部として利用します。

変更前

…前略…
// 保存ファイル名定義
$file = dirname($file)."/".$folder_name."/".$width."-".$height."x".$crop_w."-".$crop_h."/".$append_text."_".$size."_".basename($file);
…後略…

変更後

…前略…
// 保存ファイル名定義
$file = $base_path."ドメイン以下のパス/".$folder_name."/".$width."-".$height."x".$crop_w."-".$crop_h.$append_text."_".$size."_".basename($file);
…後略…

変数$base_pathにはドメインに対応するパスが設定されています。また、変数$folder_nameには、デフォルトでは「qfgt」が設定されているので、「ドメイン以下のパス」の部分に、必要に応じて任意のパスを設定してください。「ドメイン以下のパス」の末尾には、例に記している通り、スラッシュを与えてください。

設定後、該当のディレクトリは予めFTPツールで手動で作成し、パーミッションを「707」など、セーフモードで動作できるパーミッションにしてください。

かなり雑な修正なので、より良い方法がありましたらご指摘ください。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
Recent Entries
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3