Top音楽 > 2008年1月
2008年1月 3日

音楽の基礎

January 3,2008 3:00 AM
Tag:[]
Permalink

音楽に携わっている方には必携の1冊です。

音楽の基礎 (岩波新書)音楽の基礎 (岩波新書)
芥川 也寸志

岩波書店 1971-08
売り上げランキング : 1591
おすすめ平均 おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の作曲家・芥川也寸志さん(1925-1989)は、芥川龍之介のご子息。「交響三章(トリニタ)」「交響管弦楽のための音楽」「弦楽のための三楽章(トリプティーク)」などの代表作をもち、NHKの音楽番組「音楽の広場」や「N響アワー」の司会等でもご存知の方は多いと思います。

著書「音楽の基礎」は、1971年に出版された名著で、音楽関係者・音楽愛好家の間でロングセラーとなっています(現在第54刷)。
内容はタイトルおよび、下記の構成の通り、音楽に携わるにあたっての基礎的な知識を広く浅く解説したものですが、芥川氏独自の視点による音楽に対する深い洞察が、多くの楽譜を引用しながら綴られています。

Ⅰ音楽の素材
  1. 静寂
Ⅱ音楽の原則
  1. 記譜法
  2. 音名
  3. 音階
  4. 調性
Ⅲ音楽の形成
  1. リズム
  2. 旋律
  3. 速度と表情
Ⅳ音楽の構成
  1. 音程
  2. 和声
  3. 対位法
  4. 形式

その中から、私にとってもっとも印象に残っている、「音楽の素材」という章の「静寂」の中の一節を抜粋します。「静寂」を音楽の素材とみなすこの一節だけでも氏の偉大さを垣間見ることができます。

音楽が存在するには~(略)~静かな環境を必要とする。~(略)~われわれがふつう静寂と呼んでいるのは、かすかな音響が存在する音空間を指す~(略)~音楽はまず、このような静寂を美しいと認めるところから出発するといえよう。
~(中略)~
すべての音は~(略)~静寂へと向かう性質をもっている。~(略)~決定的に重要な時間は、演奏が終わった瞬間、つまり最初の静寂が訪れたときである。~(略)~音楽作品の価値もまた、静寂の手の中にゆだねられることになる。~静寂はこれらの意味において音楽の基礎である。

その他、芥川氏の作品集です。

芥川也寸志forever芥川也寸志forever
新交響楽団 毛利蔵人 山田一雄

フォンテック 2000-07-25
売り上げランキング : 6428
おすすめ平均 おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
芥川也寸志の芸術/蜘蛛の糸~芥川也寸志管弦楽作品集芥川也寸志の芸術/蜘蛛の糸~芥川也寸志管弦楽作品集
日本フィルハーモニー交響楽団 本名徹次 芥川也寸志

キング 1999-01-22
売り上げランキング : 4820
おすすめ平均 おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Comments [2] | Trackbacks [0]
Now loading...
Recent Entries
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3