XHTML 1.0 Transitional バナーを表示

XHTML 1.0 Transitional バナーを表示

Posted at July 23,2005 11:55 PM
Tag:[Record, WebStandards]

Valid XHTML 1.0!The W3C Markup Validation Serviceが配布している「XHTML 1.0 Transitional」であることを示すバナーを右下に表示しました。valid であることを確認できているのは今のところトップページのみですので予めご了承ください。

先日買った Designing with Web Standards をようやく読破しまして、ウェブスタンダードなサイトを作ることの重要性を改めて認識致しました(CSSはハックを利用しているので valid ではありませんが)。ウェブスタンダードのスキルがほとんどない状態から1年余りでそれなりに身につけられたのはラッキーだったと思います。
ダジャレMovable Type のテンプレートやカスタマイズを中心に運営しているサイトですので、今後はできるだけウェブスタンダードに準拠する内容にできればと考えています。またこれまでに公開してきたエントリーでウェブスタンダードに準拠していない(またはそうであることを示唆していない)内容については適宜訂正していきたいと思います。

なお BlogPeople の List Me!! が Validation Service にひっかかっていたのですが、カスタマイズによってクリアできました。これについては追ってエントリーしたいと思います。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

This Page Is Valid XHTML 1.0 Transitional! from roygbiv blog
私が勝手に師と仰いでいた小粋空間さんhttp://www.koikikukan.... [続きを読む]

Tracked on July 25, 2005 1:23 AM

XHTML 1.0 Transitional from SO YOUNG BLOG
小粋空間: XHTML 1.0 Transitional バナーを表示 こちらの... [続きを読む]

Tracked on July 27, 2005 10:38 PM

XHTML 1.0 Transitional Valid from Music Addict
本日、The W3C Markup Validation Se... [続きを読む]

Tracked on January 13, 2006 11:37 AM

XHTML 1.0 Transitional Valid from Music Addict
本日、The W3C Markup Validation Se... [続きを読む]

Tracked on May 13, 2006 6:15 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)