グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する

Posted at May 25,2006 12:30 AM
Tag:[Amazon, Book]

ウェブ進化論が予想以上に面白かったのですが、グーグル―Google 既存のビジネスを破壊するもなかなか楽しめます(乗り遅れてますが)。

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
佐々木 俊尚

文藝春秋 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイトルの通り、Google にターゲットを絞った内容です。私が特に面白いと感じたのは、キーワード広告である「アドワーズ」を利用した小さな駐車場とメッキ工場が窮地から救われるという、「プロジェクトXのような(書籍より引用)」2つのドキュメンタリーです。

これらはビジネスモデルの変革を示した事例として取り上げられており、その章を読んでキーワード広告に対する認識が少し変わりました。
今まではサイト運営者として広告を捉えていましたが、広告主の立場も含めて考えるようになりました。端的に言えば、広告主であれば「できるだけ効果的な位置に表示して欲しい」と考える筈であり、そういう視点が加わりました。

広告を利用している企業の全てが、この本に書かれているような逼迫した状況ではないにしても、Google の検索結果であれブログであれ、キーワード広告が閲覧者の目にとまる機会が多いほど、広告主としてはビジネスチャンスが増え、やや大袈裟に言えば、広告を掲載しているサイトは広告主のビジネスに少なからず参加・貢献していることになります。

つまり、単なるクリック云々ではなく、キーワード広告を利用することで「ユーザーの参加」や「ロングテール」というWeb2.0的の定義に従ってビジネスモデル変革の一助を担っている、と考えてみるのも面白いのではないでしょうか。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する from iFinder 雑読乱文
グーグルはそれら新しい秩序の中で,すべてをつかさどる強大な「司祭」になろうとしている。それは新たな権力の登場であり,グーグルにすべての人々はひれ伏さなけれ... [続きを読む]

Tracked on May 25, 2006 7:34 PM

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する from 読本書店
タイトル: グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 著者:佐々木 俊尚 Googleがインターネットで果たす役割と言うのは、検索エ... [続きを読む]

Tracked on June 13, 2006 10:42 PM

Google from なにわの見習いSE観察日記
ブログをはじめていろいろやってるうちに アフェリエイトまで手を出すことができました(∇^*d)(b*^∇) ひとまず今日はIT?について勉強中の私伊達... [続きを読む]

Tracked on July 11, 2006 1:26 AM

『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』 from 本の余白に
今や私企業を越えつつあるGoogle。 こんな本を読んでみました。 『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』 主な内容はキー... [続きを読む]

Tracked on January 21, 2007 11:48 PM

グーグル Google 既存のビジネスを破壊する(佐々木俊尚) from 映画を10倍好きになる!
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)佐々木 俊尚 おすすめ平均 神か悪魔か確かに鋭いところまで書いてあるとはいえないか... [続きを読む]

Tracked on June 16, 2007 1:07 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)