エントリー・アーカイブで同一カテゴリーのコメントを表示する

エントリー・アーカイブで同一カテゴリーのコメントを表示する

Posted at May 29,2006 12:38 AM
Tag:[Comment, Customize, MovableType]

Movable Type のエントリー・アーカイブで同一カテゴリーのコメントだけを表示するカスタマイズです。ここでは MTTagInvoke プラグインを利用した方法を紹介します。

1.プラグインのインストール

下記のサイトより MTTagInvoke プラグインをダウンロードします。ダウンロードしたアーカイブを解凍して、0.9 の場合は MTTagInvoke.pl を plugins フォルダに配置(またはアップロード)、1.0の場合は MTTagInvoke フォルダごと plugins フォルダに配置(またはアップロード) します。

MT ExtensionsMTTagInvoke

アップロード後、Movable Type 管理画面の

メイン・メニュー > システム・メニュー > プラグイン

でプラグインの一覧が表示されますので、その中に「MTTagInvoke」が表示されていればOKです。

MTTagInvoke の機能については、配布サイトや個別エントリーアーカイブに同一カテゴリーのエントリーを表示の後半にある説明を参照ください。

2.テンプレートの設定

エントリー・アーカイブのサイドバーの任意の位置に「最近のコメント」を表示する下記のタグを設定します。これまで表示していた「最近のコメント」のタグは削除してください。
あまり差異はありませんが、デフォルトテンプレートと公開テンプレートの2種類を挙げておきます。

注:MTTagInvoke プラグインは2006年9月7日、Movable Type 3.3 対応のため、1.0 にバージョンアップされました。これによりプラグインで使用されているMTタグの名称が下記のように変更されています。サンプルリストは 1.0 に合わせた内容に変更しましたので、もし 0.9 を使っている場合は、記事のサンプルリストをご利用になる際、適宜読み替えてください。

MTTagInvoke プラグインMTタグ対応表
1.0(現在)0.9
MTTagInvokeNameMTTagName
MTTagInvokeAttributeMTTagAttribute
MTTagInvokeContentMTTagContent

2.1 デフォルトテンプレートの場合

<div class="module-archives module">
<h2 class="module-header">Entries of this Category</h2>
<div class="module-content">
<MTTagInvoke tag_name="MTEntries"> 
<MTTagInvokeAttribute name="category"><$MTEntryCategory$></MTTagInvokeAttribute>
<MTTagInvokeContent>
<MTIfNonZero tag="MTEntryCommentCount">
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a><br />
<MTComments lastn="5">
└ <a href="<$MTEntryLink$>#<$MTCommentID$>"><MTCommentAuthor></a> <$MTCommentDate format="%m/%d"$><br />
</MTComments>
</MTIfNonZero>
</MTTagInvokeContent>
</MTTagInvoke>
</div>
</div>

2.2 公開テンプレートの場合

<div class="sidetitle">
Recent Comments
</div>
<div class="side">
<MTTagInvoke tag_name="MTEntries"> 
<MTTagInvokeAttribute name="category"><$MTEntryCategory$></MTTagInvokeAttribute>
<MTTagInvokeContent>
<MTIfNonZero tag="MTEntryCommentCount">
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a><br />
<MTComments lastn="5">
└ <a href="<$MTEntryLink$>#<$MTCommentID$>"><MTCommentAuthor></a> <$MTCommentDate format="%m/%d"$><br />
</MTComments>
</MTIfNonZero>
</MTTagInvokeContent>
</MTTagInvoke>
</div>

2006.10.02 追記
MTTagInvoke 1.0 の記述を追加しました。

2006.11.23 追記
サンプルリストを MTTagInvoke 1.0 にあわせました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

ウェブの情報源とブログデザインについて from alpha channel
このalphachannelのテンプレートを作成するために、いろいろと情報を仕入れたりしたわけですが、全てウェブ上の情報だけで作成しました。本当にインター... [続きを読む]

Tracked on April 28, 2007 8:19 AM

個別エントリにカテゴリ別のエントリ一覧を表示 from KSMT::HR/HM blog
最近、個別エントリで関連する記事を表示させているBlogをよく見かけますが、利用... [続きを読む]

Tracked on June 15, 2008 6:02 PM
コメント

こんにちは、管理人様
はじめまして篠原と申します。
MTについて本当に詳しく書かれていて、助かります。
おかげで色々と解決できました☆

一つだけどうしてもやりたいことが出来ないので、コメントさせて頂きました。

自分のMTサイトに頂いたコメントを、一つのページで一覧表示させたいのですが可能ですか?

イメージとしてはサイドメニューに「最近のコメント一覧」があるように、それをそのまま一つのエントリーページ内で表示させたいのです。
それは可能でしょうか?

お時間のある時にでもお返事頂けると幸いです。
よろしくお願します。

[1] Posted by 篠原 : June 30, 2008 8:19 PM

>篠原さん
こんにちは。
ご質問の件ですが、コメントの一覧を表示することは可能です。
別途エントリー致しますので、しばらくお時間ください。
それではよろしくお願い致します。

[2] Posted by yujiro logo : July 2, 2008 6:33 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)