プログラムの「アウトデント」について

October 24,2014 1:11 AM
Category:[Programming Language]
Tag:[Programming]
Permalink

プログラムの「アウトデント」について紹介します。

プログラムの「アウトデント」

1.はじめに

プログラムを書くときには、通常「インデント(字下げ)」を使う機会が多いと思います。

インデントとは次のようなものを指します。プログラムを読みやすいように4文字ずつ右側に字下げしています。

function get_attachment_template() {
    global $posts;
    if ( ! empty( $posts ) && isset( $posts[0]->post_mime_type ) ) {
        $type = explode( '/', $posts[0]->post_mime_type );
        if ( ! empty( $type ) ) {
            if ( $template = get_query_template( $type[0] ) ) {
                return $template;
            } elseif ( ! empty( $type[1] ) ) {
                if ( $template = get_query_template( $type[1] ) ) {
                    return $template;
                } elseif ( $template = get_query_template( "$type[0]_$type[1]" ) ) {
                    return $template;
                }
            }
        }
    }
    return get_query_template( 'attachment' );
}

で、字下げを元に戻す「アウトデント」という手法があることを知りましたので、本エントリーで紹介します。

2.アウトデントのつかいどころ

この単語をみつけた「Perl スタイルガイド」のサンプルをそのまま引用します。

LINE:
    for (;;) {
        statements;
      last LINE if $foo;
        next LINE if /^#/;
        statements;
    }

Perlが読めない人はちょっと分かりにくいかもしれませんが、4行目のlast文(for文の強制終了)を使うときに2文字文アウトデントしています。

アウトデントにより、処理が途中で終わるケースがあることを明示しています。

ただ、このようなアウトデントしたプログラムはこのサンプル以外見かけたことがないので、一般的とは言えないと思われます。

が、テクニックとして使い道はありそうな気がします。

ちなみにデバグするときには、print行だけを一番左にアウトデントしていることはよくあります。

Comments [0] | Trackbacks [0]

PDFの印刷でps(ポストスクリプト)ファイルの指定しかできなくなったときの対処

October 23,2014 12:55 AM
Category:[Acrobat]
Tag:[Acrobat, Adobe, PDF]
Permalink

PDFの印刷でps(ポストスクリプト)ファイルの指定しかできなくなったときの対処方法を紹介します。

1.問題点

Adobe Acrobatで印刷(ファイル出力)を選択してPDFファイルを出力しようとしたところ、出力ファイル名の選択で「.ps」しか選択できなくなりました。

プリンタから「Adobe PDF」を選択して「OK」をクリックで印刷(クリックで拡大)
リンタから「Adobe PDF」を選択して「OK」をクリックで印刷

.ps(ポストスクリプト)形式しか選択できない
.ps(ポストスクリプト)形式しか選択できない

拡張子を「.pdf」に変更して出力しようとすると、「PostScript ファイルの作成時には、システムのフォントだけを使用し、文書のフォントは使用しません。プリンタプロパティの Adobe PDF 設定ページで、「システムのフォントのみ使用し、文書のフォントを使用しない」オプションをオフにしてください。」というエラーが表示され、出力することができません。

PostScript ファイルの作成時には、システムのフォントだけを使用し、文書のフォントは使用しません。

ということで対処方法を紹介します。

多分、エラーメッセージにあるような、Adobe PDF設定ページで「システムのフォントのみを使用し、文書のフォントを使用しない」のチェックをはずすといった操作をする必要はありません。

2.原因・対処方法

原因は、印刷ダイアログの左下にある「ファイルに出力」のチェックボックスがチェックされているとこの事象が発生するようです。

印刷ダイアログ

このチェックを外して印刷を実行すれば、ファイル保存画面の「ファイルの種類」に「PDF」が表示されます。

印刷ダイアログ

Comments [0] | Trackbacks [0]

宅配便の配達状況を簡単に調べる方法

October 22,2014 12:33 AM
Category:[Google検索]
Tag:[Google]
Permalink

ヤマト運輸や佐川急便など、宅配便の配達状況を簡単に調べる方法を紹介します。

1.はじめに

通常、ヤマト運輸の配達状況を調べるには次の手順で調べます。

ヤマト運輸のウェブサイトにアクセス。

ヤマト運輸
ヤマト運輸のウェブサイト

伝票番号を入力して「問い合わせる」をクリック。

問い合わせ

伝票番号をクリック、または表示ページをスクロール(注:すでに配送済の番号で手順を説明しています)。

(クリックで拡大)
伝票番号

これで配送状況が表示されます。

(クリックで拡大)
配送状況が表示

佐川急便も大体こんな感じで、ウェブサイトの右側にある赤色の「貨物追跡サービス」に伝票番号を入力します。

佐川急便
佐川急便

これでも結構簡単なのですが、さらに簡単に調べる方法があります。

2.ヤマト運輸の配達状況を簡単に調べる

Google検索で「ヤマト 伝票番号」と入力。

Google検索

「ヤマト運輸の荷物xxxxを追跡」をクリック。

(クリックで拡大)
ヤマト運輸の荷物xxxxを追跡

これで配送状況が表示されます。

(クリックで拡大)
配送状況が表示

3.佐川急便の配達状況を簡単に調べる

Google検索で「佐川 伝票番号」と入力し、「佐川急便の荷物xxxxを追跡」をクリックします。

佐川急便の荷物xxxxを追跡

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages