mmapしたメモリの値がcoreに出力されない場合の対処

May 18,2018 12:03 AM
Category:[Linux]
Tag:[Linux]
Permalink

mmapしたメモリの値がcoreに出力されない場合の対処方法を紹介します。

1.問題点

C/C++プログラムがセグメンテーションフォルトしたとき、mmapしたメモリをgdbで参照したときに、値を設定しているにもかかわらず、0しか表示されない事象が発生しました。

2.対処方法

/proc/PID/coredump_filterを書き替えることで実現できるようです。

プログラム動作時のcoredump_filterは次のようになっています。

# cat /proc/6235/coredump_filter
00000033

33をビット展開すると

0011 0011

となります。

この0~6ビットで何を出力するかが決まります。

各ビットのそれぞれの意味は次の通りです。

  • 0ビット:無名のプライベートマッピング (anonymous private mappings) をダンプ
  • 1ビット:無名の共有マッピング (anonymous shared mappings) をダンプ
  • 2ビット:ファイルと関連付けられたプライベートマッピング (file-backed private mappings) をダンプ
  • 3ビット:ファイルと関連付けられた共有マッピング (file-backed shared mappings) をダンプ
  • 4ビット:ELFヘッダーをダンプ
  • 5ビット:プライベートなヒュージページ (private huge page) をダンプ
  • 6ビット:共有されたヒュージページ (shared huge page) をダンプ

mmapしたデータを出力するには2ビット目または3ビット目に1を設定する必要があるので、両方のビットに1を設定するには、

0011 1111

つまり000003fにする必要があります。

このファイル、vimでは書き替えられないようなので、リダイレクトで書き替えます。

# echo 63 > /proc/6235/coredump_filter
# cat /proc/6235/coredump_filter
0000003f
Comments [0] | Trackbacks [0]

gccのリンカオプションで引数を渡す方法

May 17,2018 12:03 AM
Category:[C/C++]
Tag:[C/C++]
Permalink

gccのリンカオプションで引数を渡す方法を紹介します。

1.問題点

gccに下記のようなマップを出力するオプション(リンカオプション)を付与したいと思っています。

-Map /home/foo/map.txt

-Mapオプションの引数として、出力するファイルのパス・ファイル名(/home/foo/map.txt)を指定します。

とりあえず-Wlオプションに次のように付与してみました。

$ g++ -Wl,-M /home/foo/map.txt test.cpp

が、このまま付与すると、

g++: エラー: /home/foo/map.txt: そのようなファイルやディレクトリはありません

と、正常に認識されません。

ということで、gccのリンカオプションで引数を渡す方法を紹介します。

2.gccのリンカオプションで引数を渡す

gccのリンカオプションで引数を渡すには、下記の2通りがあります。

まず、-Wlオプションで渡す方法です。

$ g++ -Wl,-Map,/home/foo/map.txt test.cpp

-Wlオプションの最初のカンマの後"-Map,/home/foo/map.txt"が、リンカに渡すオプションです。

また、2つめのカンマは複数のオプションとして分割されます。

もう一つの方法は-Xlinkerオプションで渡す方法です。

$ g++ -Xlinker -Map -Xlinker /home/foo/map.txt test.cpp

-Xlinkerオプションで引数を持ったオプションをリンカに渡したい場合は、-Xlinkerを2回使用します。

Comments [0] | Trackbacks [0]

JavaScriptの時間を0パディングする方法

May 16,2018 12:03 AM
Category:[JavaScript]
Tag:[JavaScript]
Permalink

JavaScriptの時間を0パディングする方法を紹介します。

JavaScriptの時間を0パディングする

1.問題点

下記の、今日の年月日を表示する簡単なサンプルを作ってみました。

var date = new Date();
var year = date.getFullYear();
var month = date.getMonth()+1;
var day = date.getDate();
alert(year + '/' + month + '/' + day);

このスクリプトを実行すると、"2018/5/15"のように表示されます。

できれば、"2018/05/15"のように、月や日が1桁のときに0パディングしたいのですが、方法が分かりません。

ということで、JavaScriptの時間を0パディングする方法を紹介します

2.JavaScriptの時間を0パディングする

JavaScriptの時間を0パディングするには、スクリプトに赤色の2行を追加します。

var date = new Date();
var year = date.getFullYear();
var month = date.getMonth()+1;
var day = date.getDate();
month = ('0' + month).slice(-2);
day = ('0' + day).slice(-2);
alert(year + '/' + month + '/' + day);

slice()は、文字列の中から、指定した開始位置から終了位置までの部分を返却するメソッドです。

foo = 'abc';
alert(foo.slice(0,2));

と書けば、変数fooの左から数えて0番目から2文字、つまり"ab"を取り出します。

このように、通常はslice()のパラメータに正の値を設定しましが、負の値を設定すれば、右側から取得してくれます。

foo = 'abc';
alert(foo.slice(-2));

と書けば、変数fooの右端から数えて2文字、つまり"bc"を取り出します。

この機能を利用して、

month = ('0' + month).slice(-2);

と書くことで、monthが1~9の場合は2桁になるよう0パディング、10~12の場合は加えた0をはずして2桁にします。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages