MTのEntryBodyタグのwordsモディファイアについて

February 4,2016 1:11 AM
Category:[モディファイア]
Tag:[Modifier, MovableType]
Permalink

MTのEntryBodyタグのwordsモディファイアについて調べてみました。

1.はじめに

本文に次のような記述があるとします。

XXXについて紹介します。

<img src="http://user-domain/" alt="hoge" />

XXXは最近とても人気があります。

この本文のHTMLタグ以外の日本語を抽出したい場合、MTEntryBodyタグにremove_htmlモディファイアを記述すると思います。

<$mt:EntryBody remove_html="1"$>

が、次のようにwordsモディファイアでも日本語だけの可能です。

<$mt:EntryBody words="100"$>

なぜwordsモディファイアでも実現可能なのかちょっと気になったので、このモディファイアの実装を調べてみました。

2.wordsモディファイアの実装

wordsモディファイアは、MT::Template::Tags::Entry::_hdlr_entry_bodyで次の赤色部分の実装が該当します。

sub _hdlr_entry_body {
    my ( $ctx, $args ) = @_;
        :
    return first_n_text( $text, $args->{words} ) if exists $args->{words};
    return $text;
}

first_n_text()はMT::I18Nのメソッドで、次のように定義されています。

sub first_n        { _handle( first_n        => @_ ) }
sub first_n_text { _handle( first_n => @_ ) }    # for backward compatibility

_handle()メソッドは、MT::I18Nで次のような実装です。

sub _handle {
    my $meth  = shift;
    my $lang  = _language();
    my $class = 'MT::I18N::' . $lang;
    $class->$meth(@_);
}

ここでは$langに"ja"が設定されているので、MT::I18N::jaのfirst_n()が起動されます。

sub first_n_ja {
    return __PACKAGE__->first_n_encode(@_);
}

さらにfirst_n_encode()が起動され、ようやく実際の実装が登場します。

sub first_n_encode {
    my $class = shift;
    my ( $text, $length, $enc ) = @_;
    require MT::Util;
    $text = MT::Util::remove_html($text);
    $text =~ s/(\r?\n)+/ /g;
    $text = substr( $text, 0, $length );
    return $text;
}

first_n_encode()ではまずremove_html()を実施しています。

そして改行をスペースに変換して、最後に必要な文字数を抽出しています。

つまりwordsモディファイアの動作は、

  • 不要なHTMLタグはカウント対象外
  • 改行はスペースに置き換え

ということになります。

Comments [0] | Trackbacks [0]

ラジオボタンをjQueryで解除する方法

February 3,2016 1:55 AM
Category:[jQuery]
Tag:[jQuery]
Permalink

ラジオボタンをjQueryで解除する方法を紹介します。

1.問題点

次のようなラジオボタンがあるとします。

<input type="radio" name="foo" value="1">1
<input type="radio" name="foo" value="2">2
<input type="radio" name="foo" value="3">3

このラジオボタンのいずれかを選択したあと、通常は選択を解除することができません。

が、選択したラジオボタンを解除できるようにしたいのですが方法が分かりません。

2.ラジオボタンを解除する(checked属性がない場合)

ラジオボタンを解除するには、次のようなjQueryを追加します。

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.0/jquery.min.js"></script>
<script>
var number;
$(function(){
    $('input').click(function(){
        if($(this).val() == number) {
            $(this).prop('checked', false);
            number = 0;
        } else {
            number = $(this).val();
        }
    });
});
</script>

このスクリプトで、選択したラジオボタンをもう一度クリックすれば選択が解除されます。

仕組みの説明ですが、ラジオボタンのクリックイベントで、if文で選択したラジオボタンの値とnumberを比較します。

    $('input').click(function(){
        if($(this).val() == number) {

初回はnumberは値が設定されていないので、elseブロックでラジオボタンの値をnumberに設定します。

            number = $(this).val();

2回目以降、選択したラジオボタンの値とnumberが等しければ、選択中のラジオボタンを再選択したと判断して、ラジオボタンの値をfalseに変更し、numberをクリアします。

            $(this).prop('checked', false);
            number = 0;

ラジオボタンの値とnumberが等しくなければ異なるラジオボタンを選択したと判断して、elseブロックで新たなラジオボタンの値をnumberに設定します。

            number = $(this).val();

2.ラジオボタンを解除する(checked属性がある場合)

ラジオボタンのいずれかにchecked属性がある場合、初回の読み込みでボタンが選択された状態になるため、その状態を保持する処理(赤色)が必要になります。

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.0/jquery.min.js"></script>
<script>
var number;
$(function(){
    number = $('input:checked').val();
    $('input').click(function(){
        if($(this).val() == number) {
            $(this).prop('checked', false);
            number = 0;
        } else {
            number = $(this).val();
        }
    });
});
</script>

3.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Workflowプラグイン(多段階承認版)リリース

January 29,2016 12:55 AM
Category:[ワークフロー]
Tag:[MovableType, Plugin, Workflow]
Permalink

本ブログで公開中のMovable Type用「Workflowプラグイン」について、多段階承認版をリリースします。

以下多段階版の主な機能について紹介します。

1.主な機能

既存のWorkflowプラグインでは承認フローは1段階のみでしたが、新しくリリースしたWorkflowプラグインでは多段階の承認が行えます。

また多段階の設定は、管理画面から1~999までの可変設定が可能です。

多段階設定では、専用の管理画面から下記の項目を設定します。

  • 承認者名:承認者名を入力。ここで入力した名称がステータス等に反映されます
  • 説明:承認者名の説明を入力
  • ユーザー:この承認者に属するユーザー名を入力。複数のユーザーを設定する場合、改行で区切って入力
  • 承認順位:この承認者の承認順位を半角数字(1~)を入力。"1"が最初の承認者になります。1,2,3…と番号が抜けないようにしてください。また同順位の承認者を複数作成しないでください
  • この承認者への承認依頼メール送信方法:「送信しない/承認時に選択/全員に送信」のいずれかを選択します

承認者設定画面

設定例:「社員(ライター)→係長(承認者)→課長(承認者)→部長(最終承認者)」というワークフローを作成したい場合、下記の3つの承認者を作成します。

係長の承認者新規作成画面

  • 承認者名:係長
  • ユーザー:係長のユーザー名を改行で区切って入力
  • 承認順位:1

課長の承認者新規作成画面

  • 承認者名:課長
  • ユーザー:課長のユーザー名を改行で区切って入力
  • 承認順位:2

部長の承認者新規作成画面

  • 承認者名:部長
  • ユーザー:部長ユーザー名を改行で区切って入力
  • 承認順位:3

設定した承認者名は状態として反映されます。たとえば「部長」という承認者名を設定すれば、次の「部長承認待ち」という状態が追加されます。

承認者の設定状況確認や内容の修正は、「ワークフロー」→「承認者一覧」の管理画面から行えます。

承認者一覧画面

上位承認者への承認依頼および差し戻しは管理画面のステータスを「承認」または「差し戻し」にします。

ステータス

次承認者の選択や承認依頼時に添えるメッセージは「承認依頼」エリアから行います。

「承認依頼」エリア

プレビュー画面からも同様の操作を行えるようにしています。

プレビュー画面

2.プラグインのダウンロード・インストール

Workflowプラグインは下記のページからダウンロードできます。

Workflowプラグイン
プレビュー画面

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages