Movable Typeの記事をお気に入り順に並べて表示する方法

September 3,2015 12:03 AM
Category:[コミュニティ]
Tag:[MovableType]
Permalink

Movable Typeの記事をお気に入り順に並べて表示する方法を紹介します。

1.はじめに

Movable Typeのコミュニティ機能を利用することで、サインインしているユーザーは記事にお気に入りをすることができます。

下のスクリーンショットは、記事に表示されたお気に入りアイコンをクリックして、記事のお気に入り数を0から1にカウントアップさせたところです。

お気に入り(星のアイコン)をクリック
クリック

データベースに登録中
データベースに登録

お気に入りに追加されました(もう一度クリックすれば解除されます)
お気に入りに追加

このお気に入り機能を使って、別のページの記事一覧をお気に入り数順に並べ替える方法を紹介します。

ここでは下記のページに紹介されているテンプレートを利用します。

参考:トピックや記事のお気に入り登録機能 | コミュニティ・ソリューション

2.記事一覧をお気に入り数順に並べ替える

サンプルとして次の3つの記事があるとします。

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

記事のお気に入り数は、テスト1が「0」、テスト2が「2」、テスト3が「1」となっています。

お気に入り数

この3つの記事をお気に入り数順に並べ替えて表示するには、次のようなテンプレートを記述します。

<mt:Entries sort_by="score" namespace="community_pack_recommend">
  <mt:EntriesHeader>
<ul>
  </mt:EntriesHeader>
    <li><$mt:EntryTitle$></li>
  <mt:EntriesFooter>
</ul>
  </mt:EntriesFooter>
</mt:Entries>

このテンプレートを再構築すると「テスト2」「テスト3」「テスト1」の順で出力されます。

再構築結果

3.テンプレート解説

ポイントとなるのは1行目のsort_byモディファイアとnamespaceモディファイアです。

<mt:Entries sort_by="score" namespace="community_pack_recommend">

「sort_by="score"」は記事一覧をスコアでソートすることを示します。

また、sort_byモディファイアに「score」を設定した場合、必ずnamespaceモディファイアの指定が必要です。

コミュニティ機能のお気に入り数を利用する場合、namespaceモディファイアには「community_pack_recommend」を設定します。

この「community_pack_recommend」はコミュニティ機能で提供されている値で、アドオンのMT::App::Communityに次のように定義されています。

use constant NAMESPACE => 'community_pack_recommend';

namespaceは、複数存在する可能性のあるscoreデータを特定するためのキーと思えばいいでしょう。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Officeの入ってないPCでWordやExcelを開く方法

September 2,2015 1:11 AM
Category:[office]
Tag:[Office, Word]
Permalink

Officeの入ってないPCでWordやExcelを開く方法を紹介します。

1.はじめに

知人から自宅のPCにメールでWordファイルが送られてきました。

が、PCにはOffice Wordをインストールしておらず、フリーのOpen OfficeやLibre Officeもインストールしていません。

フリーのソフトをインストールすればいいのですが、できればインストールせずにWordファイルを開きたいところです。

2.Officeの入ってないPCでWordやExcelを開く

Officeの入ってないPCでWordやExcelを開くには、Googleドキュメントを利用します。

Googleドキュメント
Googleドキュメント

Googleドキュメントのページにアクセスして「Googleドキュメントを使う」をクリック(Googleにログインしていない場合、このあとログイン画面になるのでログインしてください)。

Googleドキュメントを使う

一番右側にある「Open File Picker」をクリック。

Open File Picker

「Upload」をクリック。

Upload

「Drag a file here」と表示されるので、点線のエリアにWordファイルをドラッグするか、「Select a file from your computer」をクリックして、アップロードしたいファイルを選択します。

Wordファイルをドラッグ

これでWordファイルを参照することができます。

Wordファイルを参照

サンプルはWordファイルですが、Excelも同様の手順で参照することができます。

また、編集・保存も可能です。

Comments [0] | Trackbacks [0]

IEの自動更新をブロックする方法

August 28,2015 12:55 AM
Category:[Windows]
Tag:[Windows]
Permalink

IEの自動更新をブロックする方法を紹介します。

1.はじめに

新しいIEが正式リリースされると、Windowsの自動更新(Windows Update)の対象となります。

が、利用している社内システムなどの都合で、新しいIEを自動更新したくないケースもあります。

ということで、IEの自動更新をブロックする方法を紹介します。

2.IEの自動更新をブロックする

自動更新をブロックするには、マイクロソフトから無償で提供されている「自動配布の無効化ツールキット」を利用します。

Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット

Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキット

Internet Explorer 9 自動配布の無効化ツールキット

この無効化ツールキットをインストールしておくことで、Windows Updateの自動配布対象外となります。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages