Firefoxで一番左または一番右のタブに一発で移動する方法

December 22,2014 12:55 AM
Category:[Firefox]
Tag:[Firefox]
Permalink

Firefoxで一番左または一番右のタブに一発で移動する方法を紹介します。

1.問題点

Firefoxでタブを数十とか開いている状態でその中間くらいのタブページ、またはピン留めしているタブのページを見ているときに、ピン留めしていない一番左または一番右のタブに移動したいことがあると思います。

私はマウスをタブにポイントしてマウスホイールを回してタブをスクロールさせているのですが結構面倒です。

ということで、一番左または一番右のタブに一発で移動する方法を紹介します。

2.一番左のタブに移動する

一番左のタブに移動するには、「Ctrl+左からピン留めを含めて数えた数字」で移動できます。

ピン留めをしているタブが3つあれば、一番左のタブは「4」になるので、「Ctrl+4」で移動できます。

ピン留めのタブが8以上ある場合はこのテクニックが使えないので、まずピン留めしている一番右側のタブを選択してから「Ctrl+Tab」を押下します。

これで一番左のタブに移動できます。

ちなみに「Ctrl+Tab」はタブを右方向に選択していていくためのショートカットです。

3.一番右のタブに移動する

一番右のタブに移動するには、「Ctrl+9」で移動できます。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Excelでの入力ミスを一発で取り消す方法

December 19,2014 12:55 AM
Category:[Excel]
Tag:[Excel]
Permalink

Excelで入力ミスを一発で取り消す方法を紹介します。

1.はじめに

Excelで入力ミスをしたとき、アンドゥやCtrl-zで入力を取り消すことができます。

が、「Excelで「入力した数式は正しくありません」というエラーが表示されたときの対処」で紹介した手順のように、入力内容の先頭にマイナス(ハイフン)があるデータを貼り付けたとします。

編集モード

このセルを編集し、編集モードから脱出しようとすると、「入力した数式は正しくありません」というエラーが発生します。

(クリックで拡大)
入力した数式は正しくありません

アンドゥやCtrl-zもききません。

ということで、このような場合でも一発で取り消す方法を紹介します。

このエントリーはビギナーの方向けの内容です。

ここではExcel2010で説明しています。

2.入力ミスを一発で取り消す

入力ミスを一発で取り消すには、ESCキーを利用します。

上記の例であれば、エラーメッセージが表示された状態でESCキーを押下します。

(クリックで拡大)
入力した数式は正しくありません

これでダイアログが消えます。

ダイアログが消えたところ

もう一度ESCキーを押下すると、編集モードを脱出します。

編集モードを脱出

上記は一例ですが、期待しない状態に陥ったときにESCキーは威力を発揮してくれそうです。

4.その他

通常時でもESCキーを利用すれば、それまでの入力(リターンを除く)を無効にして、編集モードを脱出します。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Movable Typeで記事データだけを削除する「EntryDeleterプラグイン」

December 18,2014 12:33 AM
Category:[記事一覧]
Tag:[EntryDeleter, MovableType, Plugin]
Permalink

Movable Typeで記事データだけを削除する「EntryDeleterプラグイン」を公開します。

1.機能

Movable Typeの記事データ削除では、データベースからの削除以外にページの削除(公開されている場合)や環境変数RebuildAtDeleteによって関連アーカイブの再構築などが行われます。

このプラグインを利用すれば、それらの動作を行わずにデータベースからの削除のみを行います(SQLで直接消せばいいという話もありますが)。cms_post_delete.entryフックポイントも実装しています。

開発用で作りました。

Windows PC上の環境で、1000件の記事削除がMT既存で3分30秒ですが、さらに1分程度時間短縮ができました。

大量の記事データを少しでも早く削除したい場合にどうぞ。

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、EntryDeleterのプラグインアーカイブをダウンロードします。

EntryDeleter_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるEntryDeleterフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「EntryDeleter~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

3.使い方

記事一覧画面から削除したい記事を選択して、「記事の削除(再構築なし)」を選択して「Go」をクリックすればOKです。

記事の削除

システム管理画面の記事一覧からの削除も可能です。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages