PostgreSQLで「could not connect to server」となる場合の対処

May 25,2016 12:03 AM
Category:[Linux]
Tag:[PostgreSQL]
Permalink

PostgreSQLで「could not connect to server」となる場合の対処について紹介します。

1.問題点

psqlコマンド(PostgreSQLのターミナル型フロントエンド)を実行したところ、次のようなエラーが発生しました。

[foo@hoge html]$ psql database
psql: could not connect to server: そのようなファイルやディレクトリはありません
        Is the server running locally and accepting
        connections on Unix domain socket "/tmp/.s.PGSQL.5432"?

が、エラーの原因がわかりません。

2.原因と対処

psコマンドで本来出力されるプロセスはpostmasterです(下記)がこれが表示されていませんでした。

$  ps -ef|grep postmaster
postgres  7983     1  0 May16 ?        00:00:07 /usr/bin/postmaster -p 5432 -D /usr/local/pgsql/data

ということで、PostgreSQLが起動していなかったのが原因のようです。

ちなみに、postmasterは次のように起動します。

$ postmaster -D /usr/local/pgsql/data >logfile 2>&1 &

"-D"オプションはpostmasterが使用するデータディレクトリを指定します(下記は一例ですので詳細は調べてください)。

Comments [0] | Trackbacks [0]

script要素に外部スクリプトとコンテンツは併用できるのか調べてみた

May 23,2016 12:03 AM
Category:[HTML]
Tag:[HTML]
Permalink

script要素で、外部スクリプト読み込みと要素のコンテンツが併用できるのか調べてみました。

認識誤り等あればご指摘ください。

1.はじめに

HTMLのscript要素で

<script src="http://user-domain/foo.js"></script>

という風に、外部スクリプトを読み込む場合と、

<script>
foo = 1;
</script>

という風に、要素のコンテンツを記述する場合があると思いますが、外部スクリプトの読み込みとを要素のコンテンツの記述を同時に行った場合について、仕様と実装の2つの観点で調べてみました。

2.仕様

HTML5の仕様「4.11.1.3 Inline documentation for external scripts」では、src属性を指定した場合、コメントのみを許容しているように読み取れます。

If a script element's src attribute is specified, then the contents of the script element, if any, must be such that the value of the text IDL attribute, which is derived from the element's contents, matches the documentation production in the following ABNF, the character set for which is Unicode.

ここでの記載は割愛していますがBNFも掲載されていて、コメントのみが許容されているようです。

下記の記述はOKということらしいです。

<script src="cool-effects.js">
 // create new instances using:
 //    var e = new Effect();
 // start the effect using .play, stop using .stop:
 //    e.play();
 //    e.stop();
</script>

3.実装

念のため、簡単なスクリプトでブラウザの実装も確認してみました。

確認ブラウザはGoogle Chromeです。

外部スクリプトfoo.jsで下記のalertを実行します。

alert("OK1");

script要素のコンテンツでは下記のalertを実行します。

alert("OK2");

要するに、下記のscript要素でどういう振る舞いになるかを確認してみました。

<script src="foo.js">
alert("OK2");
</script>

結果は「OK1」が表示、つまり"foo.js"のスクリプトのみ実行されました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Movable Typeのコメント投稿者にメールを自動返信する「CommentAutoReplyプラグイン」

May 18,2016 12:55 AM
Category:[コメント]
Tag:[CommentAutoReply, MovableType, Plugin]
Permalink

Movable Typeのコメント投稿者にメールを自動返信する「CommentAutoReplyプラグイン」を公開します。

1.機能

タイトルの通りですが、Movable Typeの記事に対するコメントを投稿したあと、投稿したコメントにメールアドレスが入力されていれば、そのメールアドレス宛てにコメント投稿した旨のメールを自動返信します。

自動返信メールの文面は、システム管理画面のモジュールテンプレートに登録設定された「自動返信」テンプレートで作成可能です。

「自動返信」テンプレート

自動返信テンプレートでは、投稿したコメントやコメントの元記事およびブログ情報をテンプレートタグで出力することができます。

テンプレート

2.プラグインのダウンロード・インストール

プラグインのダウンロード・インストールは下記のページを参照してください。

CommentAutoReplyプラグイン
CommentAutoReplyプラグイン

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages