Movable Typeで記事保存時に再構築を行わない「SaveWithoutRebuild」プラグイン(MT7対応版)

August 15,2018 12:03 AM
Category:[記事投稿・編集]
Tag:[]
Permalink

Movable Typeで記事保存時に再構築を行わない「SaveWithoutRebuild」プラグイン(MT7対応版)を公開します。

1.機能

Movable Typeでスタティックパブリッシング(バックグラウンド再構築ではない)を利用しているとき、記事を公開・あるいは更新すると必ず再構築を行う仕様になっています。

が、再構築はあとで手動でまとめて行い、とりあえず記事の更新だけをどんどん行いたいというケースもあると思います。

もちろん記事編集画面のタブを複数開けば一度に多くの記事を編集できますが、再構築が同時に動作すると500エラーになることがあります。

ということで、記事保存時に再構築を行わないプラグインを作ってみました。

MT7で動作確認しています。

コンテンツデータ・ブログ記事・ウェブページのいずれでも利用可能です。

2.使い方

プラグインインストール後、記事編集画面の「ステータス」フィールドに表示されたプルダウンメニューから「公開(再構築なし)」を選択し、「保存」をクリックすれば、再構築なしの保存が行えます。

ステータス

保存後、再構築を促すためのメッセージを表示します。

公開記事の更新後のメッセージ

3.プラグインのダウンロード

下記のページより評価版をダウンロードできます。

SaveWithoutRebuildプラグイン
SaveWithoutRebuildプラグイン

Comments [0] | Trackbacks [0]

"ls -l"で表示される「合計」を「total」に変更する方法

August 13,2018 12:03 AM
Category:[Linux]
Tag:[Linux]
Permalink

"ls -l"で表示される「合計」を「total」に変更する方法を紹介します。

1.問題点

lsコマンドに"-l"オプションを付与すると、

# ls -l
合計 23176
drwxr-xr-x   4 root root       94  6月 18 11:09 aaa
drwxr-xr-x   2 root root      174  6月 12 14:17 bbb

という風に、1行目に「合計」という文字列が表示されます。

事情があって、この文字列を「total」という半角英文字に変更したいのですが方法が分かりません。

ということで、"ls -l"で表示される「合計」を「total」に変更する方法を紹介します。

2.「合計」を「total」に変更する

「合計」を「total」に変更するには、環境変数"LC_MESSAGES"を利用して、

# export LC_MESSAGES="en_US"

を設定すればOKです。

これで"ls -l"を実行すると、

# ls -l
total 23176
drwxr-xr-x   4 root root       94  6月 18 11:09 aaa
drwxr-xr-x   2 root root      174  6月 12 14:17 bbb

となります。

3.LC_MESSAGESとは

LC_MESSAGESは、実行結果のテキスト出力を返す際の言語を決定する環境変数です。

4.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

さくらVPSにCPANをインストールする方法

August 10,2018 12:03 AM
Category:[VPS]
Tag:[VPS]
Permalink

いまさらですが、さくらVPSにCPANをインストールする方法を紹介します。

PerlモジュールをCPANでアップデートしようと思ったのですが、CPANがインストールされていませんでした。

CPANはyumコマンドでインストールできます。サーバのアーキテクチャはx86_64なので、"perl-CPAN.x86_64"を指定します。

# yum install perl-CPAN.x86_64

実行結果は次の通りです。

[root@wwwXXXXui ~]# yum install perl-CPAN.x86_64
Loaded plugins: fastestmirror, priorities, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
Could not get metalink https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=x86_64 error was
14: problem making ssl connection
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
190 packages excluded due to repository priority protections
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package perl-CPAN.x86_64 0:1.9402-144.el6 will be installed
--> Processing Dependency: perl = 4:5.10.1-144.el6 for package: perl-CPAN-1.9402-144.el6.x86_64
--> Processing Dependency: perl(Digest::SHA) for package: perl-CPAN-1.9402-144.el6.x86_64
(中略)
--> Running transaction check
---> Package db4-utils.x86_64 0:4.7.25-17.el6 will be updated
---> Package db4-utils.x86_64 0:4.7.25-22.el6 will be an update
--> Finished Dependency Resolution
 
Dependencies Resolved
 
=================================================================================================================
 Package                             Arch               Version                           Repository        Size
=================================================================================================================
Installing:
 perl-CPAN                           x86_64             1.9402-144.el6                    base             247 k
Installing for dependencies:
 db4-cxx                             x86_64             4.7.25-22.el6                     base             589 k
 db4-devel                           x86_64             4.7.25-22.el6                     base             6.6 M
 gdbm-devel                          x86_64             1.8.0-39.el6                      base              26 k
 perl-Digest-SHA                     x86_64             1:5.47-144.el6                    base              65 k
Updating for dependencies:
 db4                                 x86_64             4.7.25-22.el6                     base             564 k
 db4-utils                           x86_64             4.7.25-22.el6                     base             131 k
 gdbm                                x86_64             1.8.0-39.el6                      base              29 k
 perl                                x86_64             4:5.10.1-144.el6                  base              10 M
(中略)
 perl-version                        x86_64             3:0.77-144.el6                    base              52 k
 zlib                                x86_64             1.2.3-29.el6                      base              73 k
 
Transaction Summary
=================================================================================================================
Install       5 Package(s)
Upgrade      18 Package(s)
 
Total download size: 21 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/23): db4-4.7.25-22.el6.x86_64.rpm                                                      | 564 kB     00:00
(2/23): db4-cxx-4.7.25-22.el6.x86_64.rpm                                                  | 589 kB     00:00
(3/23): db4-devel-4.7.25-22.el6.x86_64.rpm                                                | 6.6 MB     00:00
(中略)
(23/23): zlib-1.2.3-29.el6.x86_64.rpm                                                     |  73 kB     00:00
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Total                                                                            4.6 MB/s |  21 MB     00:04
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Updating   : db4-4.7.25-22.el6.x86_64                                                                     1/41
  Updating   : gdbm-1.8.0-39.el6.x86_64                                                                     2/41
  Updating   : 1:perl-Pod-Escapes-1.04-144.el6.x86_64                                                       3/41
(中略)
  Verifying  : 1:perl-ExtUtils-ParseXS-2.2003.0-127.el6.x86_64                                             40/41
  Verifying  : 4:perl-5.10.1-127.el6.x86_64                                                                41/41
 
Installed:
  perl-CPAN.x86_64 0:1.9402-144.el6
 
Dependency Installed:
  db4-cxx.x86_64 0:4.7.25-22.el6          db4-devel.x86_64 0:4.7.25-22.el6   gdbm-devel.x86_64 0:1.8.0-39.el6
  perl-Digest-SHA.x86_64 1:5.47-144.el6
 
Dependency Updated:
  db4.x86_64 0:4.7.25-22.el6                             db4-utils.x86_64 0:4.7.25-22.el6
  gdbm.x86_64 0:1.8.0-39.el6                             perl.x86_64 4:5.10.1-144.el6
  perl-Compress-Raw-Zlib.x86_64 1:2.021-144.el6          perl-Compress-Zlib.x86_64 0:2.021-144.el6
  perl-ExtUtils-MakeMaker.x86_64 0:6.55-144.el6          perl-ExtUtils-ParseXS.x86_64 1:2.2003.0-144.el6
  perl-IO-Compress-Base.x86_64 0:2.021-144.el6           perl-IO-Compress-Zlib.x86_64 0:2.021-144.el6
  perl-Module-Pluggable.x86_64 1:3.90-144.el6            perl-Pod-Escapes.x86_64 1:1.04-144.el6
  perl-Pod-Simple.x86_64 1:3.13-144.el6                  perl-Test-Harness.x86_64 0:3.17-144.el6
  perl-devel.x86_64 4:5.10.1-144.el6                     perl-libs.x86_64 4:5.10.1-144.el6
  perl-version.x86_64 3:0.77-144.el6                     zlib.x86_64 0:1.2.3-29.el6
 
Complete!

インストール後、cpanの初期設定のため、"cpan"を実行します。

# cpan

実行結果は下記です。出力は長いですが、12行目の「Would you like me to configure as much as possible automatically?」で"yes"を入力するだけです。

[root@wwwXXXXui ~]# cpan
 
 
CPAN is the world-wide archive of perl resources. It consists of about
300 sites that all replicate the same contents around the globe. Many
countries have at least one CPAN site already. The resources found on
CPAN are easily accessible with the CPAN.pm module. If you want to use
CPAN.pm, lots of things have to be configured. Fortunately, most of
them can be determined automatically. If you prefer the automatic
configuration, answer 'yes' below.
 
If you prefer to enter a dialog instead, you can answer 'no' to this
question and I'll let you configure in small steps one thing after the
other. (Note: you can revisit this dialog anytime later by typing 'o
conf init' at the cpan prompt.)
Would you like me to configure as much as possible automatically? [yes] yes
 
The following questions are intended to help you with the
configuration. The CPAN module needs a directory of its own to cache
important index files and maybe keep a temporary mirror of CPAN files.
This may be a site-wide or a personal directory.
(中略) 
cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.9402)
Enter 'h' for help.
 
cpan[1]>

インストールは、

cpan[x]> install HTML::Entities

とします。

cpanから抜ける場合は、

cpan[x]> quit

です。

Comments [0] | Trackbacks [0]

AWSのcron設定について

August 7,2018 12:03 AM
Category:[AWS]
Tag:[]
Permalink

AWSのcron設定方法について調べました。

MovableTypeのrun-periodic-tasksの起動周期を変えたいのですが、そもそもAWSでcronがどのように設定されているのかわからなかったので、分かったことをまとめておきます。

1.crontabは?

crontabは動作しません。

rootでcrontabを実行すると次のように"no crontab for root"となります。

[root@ip-xx-x-x-xxx ~]# crontab -l
no crontab for root

2.cronを設定するには

cronを設定するには、/etc/cron.d配下のアプリケーション別のファイルを操作します。

MovableTypeの場合は、/etc/cron.d/movabletypeを編集します。

デフォルトでは下記のように5分周期で起動するようになっています。

SHELL=/bin/sh
PERL5LIB=/app/local/lib64/perl5:/app/movabletype/lib:/app/movabletype/extlib
 
*/5 * * * * www cd /app/movabletype; ./tools/run-periodic-tasks > /dev/null 2>&1

この最後の行をcrontabと同様のフォーマットで編集すればOKです。

ちなみにこのファイルをcronに登録する設定があるような気がしますが、分かり次第追記します。

Comments [0] | Trackbacks [0]

「Thumbs.db」でフォルダが削除できない場合の対処

August 1,2018 12:03 AM
Category:[Windows]
Tag:[Windows]
Permalink

「Thumbs.db」でフォルダが削除できない場合の対処方法を紹介します。

1.問題点

不要になったフォルダを削除しようとしたところ、下記の「エクスプローラーによってファイルは開かれているため、操作を完了できません」という警告が表示され、フォルダを削除することができません。

エクスプローラーによってファイルは開かれているため、操作を完了できません

Thumbs.dbというファイルを操作中らしいのですが、該当のファイルがそもそも存在しません。

ということで、「Thumbs.db」でフォルダが削除できない場合の対処方法を紹介します。

2.対処方法

まず、削除したいフォルダに適当な画像を配置します。

ここではWindowsのライブラリにある「チューリップ.jpg」を置きます。

ライブラリ

次に、右上の「その他のオプション」の▼をクリックして「×アイコン」を選択。

その他のオプション

画像ファイルのサムネイルが表示されます。

画像ファイルのサムネイルが表示

これで該当のフォルダが削除できると思います。

3.Thumbs.dbについて

「Thumbs.db」は、フォルダにある画像を表示したときのサムネイルを記憶しておくためのファイルです。

これによって次回以降、同じフォルダを速く表示するようにします。

ただ、何らかの原因で「Thumbs.db」の生成が途中で終わってしまうと、今回のような事象に遭遇するようです。

そのため、画像ファイルを配置し、アイコン表示して「Thumbs.db」を正常に再生成することで、上記のエラーを解消できる、という訳です。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Movable Typeでダッシュボードのサイト情報期間を変更できる「SiteStatsTermChangerプラグイン」(MT7版)

July 26,2018 12:03 AM
Category:[ダッシュボード]
Tag:[MovableType, Plugin, SiteStatsTermChanger]
Permalink

Movable Type 7のダッシュボードのサイト情報期間を変更できる「SiteStatsTermChangerプラグイン(MT7版)」を公開します。

1.機能

Movable Type 7のサイト別ダッシュボードの「サイト情報」にはグラフが表示され、表示期間は直近の10日間になっています。

表示期間は直近の10日間

この表示期間はプログラムにハードコーディングされているようで、簡単に変更することはできないようですが、本プラグインを利用すれば、表示期間を自由に変更できるようになります。

表示期間を自由に変更

このプラグインはMT5のときに公開したものをMT7に対応できるよう改修したものです。

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、SiteStatsTermChangerのプラグインアーカイブをダウンロードします。

SiteStatsTermChanger_0_03.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsフォルダにあるSiteStatsTermChangerフォルダをMovable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

各サイトのプラグイン設定画面で、「SiteStatsTermChanger~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

「SiteStatsTermChanger~」→「設定」をクリックすれば、表示日数を変更できるテキストフィールドが表示されます。

テキストフィールド

Comments [0] | Trackbacks [0]

Limechatの複数行貼りつけでグレー文字を黒くする方法

July 19,2018 12:03 AM
Category:[Windows]
Tag:[]
Permalink

Limechatの複数行貼りつけでグレー文字を黒くする方法を紹介します。

1.問題点

Limechatの複数行貼りつけの場合、ペーストを実行すると、次の「貼り付け確認」画面が表示されるので「送信」をクリック。

「貼り付け確認」画面

これでペーストした文字が表示されますが薄いグレーになります。

ペーストした文字が薄いグレーで表示

このペースト文字を通常の黒色にしたいのですが、方法が分かりません。

ということで、Limechatの複数行貼りつけでグレー文字を黒くする方法を紹介します。

2.複数行貼りつけでグレー文字を黒くする

複数行貼りつけでグレー文字を黒くするには、ペースト実行で表示された「貼り付け確認」画面の「Noticeメッセージで送信」のチェックを外します。

Noticeメッセージで送信

これでペーストした文字が黒色で表示されます。

ペーストした文字が黒色で表示

Comments [0] | Trackbacks [0]

pg_ctlで「データベースクラスタのディレクトリではありません」というエラーになる場合の対処

July 12,2018 12:03 AM
Category:[PostgreSQL]
Tag:[PostgreSQL]
Permalink

PostgreSQLのpg_ctlで「データベースクラスタのディレクトリではありません」というエラーになる場合の対処方法について紹介します。

1.問題点

postgresqlのサーバ起動で

$ pg_ctl start
pg_ctl: ディレクトリ "/var/lib/pgsql/9.6/data" はデータベースクラスタのディレク トリではありません

というエラーになり、サーバの起動ができませんでした。

/var/lib/pgsql/9.6/data

というディレクトリは存在します。

ということで、「データベースクラスタのディレクトリではありません」というエラーになる場合の対処方法について紹介します。

2.対処

postgresユーザで、

$ pg_ctl start

の前に、init_dbを実行します。

以下、実施画面です。

$ initdb
データベースシステム内のファイルの所有者は"postgres"ユーザでした。
このユーザがサーバプロセスを所有しなければなりません。
 
データベースクラスタはロケール"ja_JP.UTF-8"で初期化されます。
したがってデフォルトのデータベース符号化方式はUTF8に設定されました。
initdb: ロケール"ja_JP.UTF-8"用の適切なテキスト検索設定が見つかりません
デフォルトのテキスト検索設定はsimpleに設定されました。
 
データベージのチェックサムは無効です。
 
ディレクトリ/var/lib/pgsql/9.6/dataの権限を設定しています ... ok
サブディレクトリを作成しています ... ok
デフォルトのmax_connectionsを選択しています ... 100
デフォルトの shared_buffers を選択しています ... 128MB
selecting dynamic shared memory implementation ... posix
設定ファイルを作成しています ... ok
running bootstrap script ... ok
performing post-bootstrap initialization ... ok
データをディスクに同期しています...ok
 
警告: ローカル接続向けに"trust"認証が有効です。
pg_hba.confを編集する、もしくは、次回initdbを実行する時に-Aオプショ
ン、または、--auth-localおよび--auth-hostを使用することで変更するこ
とができます。
 
Success. You can now start the database server using:
 
    pg_ctl -D /var/lib/pgsql/9.6/data -l logfile start

このコマンドの実行後、サーバの起動ができました。

$ pg_ctl start
サーバは起動中です。
-bash-4.2$ < 2018-07-11 15:50:17.918 JST > LOG:  ログ出力をログ収集プロセスにリ ダイレクトしています
< 2018-07-11 15:50:17.918 JST > ヒント:  ここからのログ出力はディレクトリ"pg_log"に現れます。
Comments [0] | Trackbacks [0]

「PublishDraftプラグイン(MovableType7コンテンツデータ対応版)」リリース

July 10,2018 12:03 AM
Category:[コンテンツデータ]
Tag:[Movabletype, Plugin, PublishDraft]
Permalink

「PublishDraftプラグイン(MovableType7コンテンツデータ対応版)」をリリースしました。

1.追加機能

MovableType7対応で機能追加されたコンテンツタイプに対応します。

以下、機能追加後のスクリーンショットです。

公開(下書き)の場合、ステータスフィールドに状態を表示します。

公開(下書き)状態

公開フィールドのプルダウンには「公開(下書き)」を表示します。

公開(下書き)状態

また、コンテンツデータ一覧画面にも公開(下書き)状態を示すアイコンを表示しています。

公開(下書き)状態

その他、追加機能ではありませんが、記事・およびウェブページもこれまでどおり対応し、管理画面のデザインもあわせました。

2.プラグインのダウンロード

プラグインは下記のリンク先から評価版のダウンロードが可能です。

PublishDraftプラグイン
PublishDraftプラグイン

今のところ日時指定なし版のみですが、日時指定版も別途リリースする予定です。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Wixストアの作り方

July 6,2018 12:03 AM
Category:[Wix]
Tag:[Wix]
Permalink

Wixストアの作り方を紹介します。

Wixストア

1.はじめに

Wix(ウィックス)は、2006年に設立された企業で、Wix.comではドラッグ&ドロップ形式の無料ホームページ作成ツールを提供し、世界で1億人以上が利用するオンラインプラットフォームとなっています。

本エントリーではWixストアの基本的な機能と、簡単な作成フローについて紹介します。

2.Wixストアの機能・特徴

Wixストアは、選択したテンプレートを元にウェブページを直接編集するという操作と、いくつかの設定を行うことで、簡単にネットショップを開設することができます。

主な機能は次の通りです。

  • 500種類以上のネットショップ用無料テンプレート
  • スマホやタブレットに完全対応
  • 受注・在庫管理
  • 配送料と消費税を地域別に設定可能
  • 割引クーポン・メルマガ機能
  • 万全のセキュリティ対策
  • 充実した決済オプション
  • 24時間対応のカスタマーサポート

次項ではWixストアの具体的な作り方を紹介します。Wixのアカウントは予め登録した手順で説明します。

3.ストア作成フロー

Wixストアのページにアクセスして「ショップを始める」をクリック。

ショップを始める

右上の「新しいサイトを作成」をクリック。

新しいサイトとして作成

「ネットショップ」をクリック。

(画像はクリックで拡大、以下同様)
ネットショップ

「ネットショップ向けテンプレート」が表示されるので、好きなテンプレートを選択。

テンプレートを選択

ここでは腕時計のショップを選択します。

腕時計のショップ

マウスをポイントして「表示」をクリック。

表示

サンプルページが表示されるので、これでよければ右上の「編集」をクリック。

サンプルページ

Wixストアのエディタが開きます。ここでオンラインショップの見栄えを編集します。各項目が英語で表示されていますが、後述する支払方法の設定を行えば日本語で表示されるようになります。

Wixストアのエディタ

右上のプレビュー(目のアイコン)をクリックすると、サイトのプレビューが行えます。

サイトのプレビュー

プレビュー画面です。

プレビュー画面

プレビュー画面ではネットショップの動作をある程度確認することができます。ここではサンプルで表示されている「GENTS」という時計を選んでみます。

時計を選択

商品ページです。すでにそのまま使えるようにデザインされています。

商品ページ

色を選択して「ADD TO CART」をクリック。

ADD TO CART

カートに商品が入ったことを通知してくれます。

通知

右下の「VIEW CART」をクリック。

VIEW CART

別タブでカートのページが開きます。

カートのページ

「Checkout」をクリック。

Checkout

「To Checkout, Set a Payment Method(チェックアウトのための支払方法を設定してください))」というメッセージが表示されます。サンプルの動作確認はここまでとしてこのページを閉じ、トップページに戻ります。支払方法の設定は後述します。

メッセージ

編集画面に戻るには、右上の「エディタに戻る」をクリック。

エディタに戻る

編集画面に戻りました。デザインを編集するためのエディタの使い方については、以前エントリーした「Wixブログの作り方」が参考になると思いますので、ここでは割愛します。編集したデザインは、右上の保存アイコンをクリックするか、上部メニューの「サイト」→「保存」で行えます。

編集画面

ここではデザインを編集したことにして、一旦保存します。初回の保存では、サイトのドメインの入力が求められます。ここではデフォルトで入力されている「mysite-1」を消して「watch」と入力し、「保存して続行」をクリック。

サイトのドメインの入力

保存されました。URL右にある「編集」をクリックすれば、ドメインはあとで変更することができます。この画面は「閉じる」をクリックして、一旦閉じます。

保存

上部メニューの「サイト」→「エディタの終了」でエディタを終了します。

エディタの終了

エディタを終了すると「マイサイト」の画面に遷移します。さきほど作成したネットショップは一番左の「Watch」という名前で保存されています。

「マイサイト」の画面

続いて支払方法の設定を行います。「Watch」サイトをポイントしてクリック。

「Watch」サイト

左メニューの「設定」をクリック。

設定

「支払状況&決済方法」をクリック。

支払状況&決済方法

決済方法を選択して「接続する」をクリック。ここではデフォルトで選択されている「クレジット」「PayPal」を選択します。

決済方法を選択

支払方法の設定が完了しました。実際に決済を実行できるようにするにはプレミアムにアップグレードする必要がありますが、ここではアップグレードは行わず、このダイアログは一旦閉じます。

設定完了

クレジットの支払いを受け取るには、受注後 7 日以内に決済代行サービス Stripe のアカウント設定を完了してください。またPayPalの支払いを受け取るには、受注後 30 日以内に決済代行サービス PayPal のアカウント設定を完了してください。

アカウント設定

アカウント設定の詳細は下記のリンクを参考にしてください。

続いて配送料&消費税の設定を行います。設定は地域単位で行えます。左メニューの「配送料&消費税」をクリック。

配送料&消費税

地域が表示されるので、国内の「編集」をクリック。

編集

設定画面に遷移します。

設定画面

「47都道府県」をクリック。

47都道府県

このように地域を決め細かく設定することができます。

地域を決め細かく設定

配送料は、無料・一律など、種別ごとに設定が可能です。「サービスの表示名」に任意の名称を設定して、ここでは一律500円にしてみます。

配送料

消費税は「全域で同一の消費税を適用」の「8%」を設定しておきます。

消費税

全て設定したら右上または右下の「保存」をクリック。

保存

これで設定完了です。

設定完了

その他、「基本情報」メニューには、メールや請求書などで使用するサイト名など、「ショップ設定」メニューには、支払い画面の下部に表示する規約・ポリシーの選択など、「請求書」メニューには、請求書に記載するビジネス情報の設定などができるようになっています。

さきほどのプレビューのカート画面に戻ると、設定した情報が反映されていることがわかります。

カート画面

最後に、商品の管理方法について紹介します。「Watch」サイトをポイントしてクリックした画面から、左メニューの「ストア商品」をクリック。

ストア商品

右上の「商品を追加」をクリック。

商品を追加

「ダウンロード商品」または「通常商品」を選択します。ここでは「通常商品」を選択します。

通常商品

登録画面が開くので商品情報を入力します。

登録画面

商品を登録してみます。すべて登録したら右上の「保存」をクリック。

商品を登録

商品が登録されました。表示されているサンプル商品はあとで削除します。

登録完了

プレビュー画面に戻ると、さきほど追加した商品が選べるようになっています。

プレビュー画面

商品ページにも反映されました。

プレビュー画面

最後に「Watach」サイト選択→「サイト管理&編集」→「サイトを編集」の順でクリックして編集画面を開き、右上の「公開」をクリックしてサイトを公開します。

公開

これで公開されました。

公開完了

実際の公開画面です。

公開画面

ストア作成フローは以上です。

このように、デフォルトのテンプレートを選択し、支払方法や商品を登録するだけで簡単にオンラインショップを開設することができます。

Comments [0] | Trackbacks [0]

「Workflowプラグイン(MovableType7コンテンツデータ対応版)」リリース

July 4,2018 12:03 AM
Category:[ワークフロー]
Tag:[MovableType, Plugin, Workflow]
Permalink

「Workflowプラグイン(MovableType7コンテンツデータ対応版)」をリリースしました。

1.追加機能

MovableType7対応で機能追加されたコンテンツタイプに対応します。

以下、機能追加後のスクリーンショットです。

ライター・承認者のメニューには、作成したコンテンツタイプに対応するコンテンツデータを表示します。

コンテンツタイプ表示

ステータスフィールドには承認状態を表示します。アイコンはMT7のsvg画像に差し変わるかもしれません。

承認状態

ライターの公開フィールドのプルダウンには「未公開(承認待ち)」を表示します。

公開フィールド

承認者の公開フィールドのプルダウンには「承認」「差し戻し」を表示します。日時指定公開版の場合、最終承認者のプルダウンには「日時指定」も表示します。

公開フィールド

承認依頼(または差し戻し)フィールドやログイン権限のないユーザへのプレビュー依頼フィールドも従来通りです。

承認依頼(または差し戻し)フィールド・プレビュー依頼フィールド

コンテンツタイプ(カテゴリセット含む)向けのワークフロー機能ですが、

  • 承認・差し戻し(多段階含む)
  • プレビュー画面
  • プレビュー画面からの承認/差し戻し
  • メール送信
  • 更新履歴からのデータ差し替え

など、現状のWorkflowプラグインの機能はすべて対応する予定です。

その他、追加機能ではありませんが、記事・およびウェブページもこれまでどおり対応し、管理画面のデザインもあわせました。

たとえば記事一覧画面のアイコンはsvg画像に変更しています。

記事一覧画面

2.プラグインのダウンロード

プラグインは下記のリンク先から評価版のダウンロードが可能です。

Workflowプラグイン

今のところ多段階承認版のみですが、他のグレードも順次リリースする予定です。

Comments [0] | Trackbacks [0]

MTAssetsタグでフィルタープラグインを有効にする「Assetsプラグイン」

June 28,2018 12:03 AM
Category:[アイテム]
Tag:[Assets, MovableType, Plugin]
Permalink

MTAssetsタグでフィルタープラグインを有効にする「Assetsプラグイン」を作ってみました。

1.機能

MTEntriesタグでは次のようなフィルタープラグインを実装することができるようです(ちゃんと動くか未確認)。

name: AssetFilePathFilter
tags:
    filters:
        Entries:
            basename:
                handler: >
                    sub {
                        my ( $ctx, $args, $cond ) = @_;
                        $ctx->{ terms }->{ basename } = { like => $args->{ basename } };
                    }

が、他のブロックタグでは上記のようなフィルタープラグインが有効にならないようで、試しにMTAssetsタグでフィルタープラグインを(多分)有効にするようにしてみました。

2.プラグインのダウンロード・インストール

下記のリンクをクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。

Assets_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、中にあるAssetsフォルダごと、Movable Type のアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「Assets~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

Comments [0] | Trackbacks [0]

Excelの「ブックの共有」を解除する方法

June 19,2018 12:03 AM
Category:[Excel]
Tag:[Excel, Office]
Permalink

Excelの「ブックの共有」を解除する方法を紹介します。

1.問題点

通常、Excelファイルのブックの共有を解除する場合、「ブックの共有」をクリック。

(クリックで拡大、以下同様)
ブックの共有

開いたウィンドウで「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」のチェックを外して「OK」をクリック。

チェックボックス

確認のダイアログが開くので「はい」をクリック。

確認のダイアログ

これでブックの共有が解除されます。

が、チェックボックスがグレーアウトされていて場合があります。

チェックボックスがグレーアウト

グレーアウトされている場合、共有を解除する方法が分かりません。

ということで、Excelの「ブックの共有」を解除する方法を紹介します。

2.Excelの「ブックの共有」を解除する

Excelの「ブックの共有」を解除するには、「共有ブックの保護解除」をクリック。

共有ブックの保護解除

これで「ブックの共有」をクリックすれば、1項の手順で解除できます。

ただし、パスワードで保護されている場合、「共有ブックの保護解除」をクリックしたあと、下のパスワード入力画面が表示されます。

パスワード入力画面

この場合、パスワードを設定した人にパスワードを教えてもらうか、その人に解除してもらうかのいずれかになります。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Adobe Flash PlayerのアップデートでMcAfee Security Scan Plusをインストールしない方法

June 13,2018 12:03 AM
Category:[Adobe]
Tag:[Adobe, McAfee]
Permalink

Adobe Flash PlayerのアップデートでMcAfee Security Scan Plusをインストールしない方法を紹介します。

Adobe Flash Player

1.問題点

Adobe Flash Playerのアップデート通知がきて、インストールを実行すると、次のページが開きます。

インストールを実行

右側の「今すぐアップデート」をクリックしてインストールを開始。

今すぐアップデート

すると、McAfee Security Scan Plusまで一緒にインストールされてしまいます。

McAfee Security Scan Plusまで一緒にインストール

Adobe Flash Playerのアップデートの後、毎回McAfee Security Scan Plusをアンインストールするのですが、そもそもインストールしないようにする方法が分かりません。

ということで、Adobe Flash PlayerのアップデートでMcAfee Security Scan Plusをインストールしない方法を紹介します。

2.McAfee Security Scan Plusをインストールしないようにする

McAfee Security Scan Plusをインストールしないようにするには、最初のページの真ん中にある、「オプションのプログラム」のチェックボックスを外します。

オプションのプログラム

利用規約の表示が変わったことを確認して「今すぐアップデート」をクリック。

チェックした状態
チェックした状態

チェックを外した状態
チェックを外した状態

これで、McAfeeは最初からインストールされなくなります。

Comments [0] | Trackbacks [0]

MTContentFieldタグの使い方

June 7,2018 12:03 AM
Category:[テンプレートタグ]
Tag:[movabletype, MTContentField]
Permalink

MTContentFieldタグの使い方をまとめました。

1.MTContentFieldタグとは

作成したコンテンツデータの値を表示するためのブロックタグです。

2.MTContentFieldの必須モディファイア

MTContentFieldタグを利用する場合、content_fieldモディファイアに

  • ID
  • ユニークID
  • 名前

のいずれかを指定します。このモディファイアは必須です。

例:

<mt:Contents content_type="商品">
  <mt:ContentField content_field="商品名">
    :
 </mt:ContentField>
</mt:Contents>

3.MTContentFieldの中で使えるテンプレートタグ:MTContentFieldValue

MTContentFieldタグの中ではMTContentFieldValueタグが使えます。

例:

<mt:Contents content_type="商品">
  <mt:ContentField content_field="商品名">
    <mt:ContentFieldValue>
  </mt:ContentField>
</mt:Contents>

MTContentFieldValueは、コンテンツフィールドの値を表示するファンクションタグです。

4.MTContentFieldの中で使えるテンプレートタグ:コンテキストに応じた既存タグ

下記のフィールドの場合、MTContentFieldの中ではフィールドタイプに応じた既存テンプレートタグが使えます。

フィールドタイプ利用可能なテンプレートタグ
日付と時刻
日付
時刻
日付に関するテンプレートタグで利用できるモディファイアformat="%B %e, %Y %I:%M %p"
アセット
ビデオアセット
画像アセット
オーディオアセット
アセット関連のタグMTAssetURL
カテゴリカテゴリ関連のタグMTCategoryLabel
タグタグ関連のタグMTTagName

例:

<mt:Contents content_type="商品">
  <mt:ContentField content_field="カテゴリ">
    <mt:CategoryLabel>
  </mt:ContentField>
</mt:Contents>

5.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages