C/C++のオブジェクトファイルをldコマンドでリンクする方法(その2)

February 28,2018 12:03 AM
Category:[C/C++]
Tag:[C/C++]
Permalink

C/C++のオブジェクトファイルをldコマンドでリンクする方法(その2)です。

1.はじめに

以前「C/C++のオブジェクトファイルをldコマンドでリンクする方法」をエントリーしましたが、簡単なサンプルをldコマンドでリンクするために必要最低限なオプションは結局何かわからないままだったので、オプションを整理しなおしてみました。

2.サンプルとリンク設定オプション

サンプルコード(hello.cc)は下記です。

#include <iostream>
 
int main(){
    std::cout << "Hello, World!!" << std::endl;
    return 1;
}

このサンプルをコンパイルします。

% g++ -c hello.c

次に、-vオプションで実行されるコマンドを表示して、リンクを実行します。

% g++ -v -o main hello.o
Using built-in specs.
Target: x86_64-redhat-linux
コンフィグオプション: ../configure --prefix=/usr --mandir=/usr/share/man --infodir=/usr/share/info --with-bugurl=http://bugzilla.redhat.com/bugzilla --enable-bootstrap --enable-shared --enable-threads=posix --enable-checking=release --with-system-zlib --enable-__cxa_atexit --disable-libunwind-exceptions --enable-gnu-unique-object --enable-languages=c,c++,objc,obj-c++,java,fortran,ada --enable-java-awt=gtk --disable-dssi --with-java-home=/usr/lib/jvm/java-1.5.0-gcj-1.5.0.0/jre --enable-libgcj-multifile --enable-java-maintainer-mode --with-ecj-jar=/usr/share/java/eclipse-ecj.jar --disable-libjava-multilib --with-ppl --with-cloog --with-tune=generic --with-arch_32=i686 --build=x86_64-redhat-linux
スレッドモデル: posix
gcc version 4.4.7 20120313 (Red Hat 4.4.7-3) (GCC)
COMPILER_PATH=/usr/libexec/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/:/usr/libexec/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/:/usr/libexec/gcc/x86_64-redhat-linux/:/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/:/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/:/usr/libexec/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/:/usr/libexec/gcc/x86_64-redhat-linux/:/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/:/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/
LIBRARY_PATH=/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/:/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/:/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64/:/lib/../lib64/:/usr/lib/../lib64/:/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../:/lib/:/usr/lib/
COLLECT_GCC_OPTIONS='-v' '-o' 'main' '-shared-libgcc' '-mtune=generic'
 /usr/libexec/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/collect2 --eh-frame-hdr --build-id -m elf_x86_64 --hash-style=gnu -dynamic-linker /lib64/ld-linux-x86-64.so.2 -o main /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64/crt1.o /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64/crti.o /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/crtbegin.o -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7 -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7 -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64 -L/lib/../lib64 -L/usr/lib/../lib64 -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../.. hello.o -lstdc++ -lm -lgcc_s -lgcc -lc -lgcc_s -lgcc /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/crtend.o /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64/crtn.o

前の記事では、上記のオプションを単にコピーして、

% ld --eh-frame-hdr --build-id -m elf_x86_64 --hash-style=gnu -dynamic-linker /lib64/ld-linux-x86-64.so.2 -o main /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64/crt1.o /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64/crti.o /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/crtbegin.o -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7 -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7 -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64 -L/lib/../lib64 -L/usr/lib/../lib64 -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../.. hello.o -lstdc++ -lm -lgcc_s -lgcc -lc -lgcc_s -lgcc /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/crtend.o /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/../../../../lib64/crtn.o

としていたのですが、整理すると下記のオプションに絞り込めました(改行は見やすくするためのものです)。

% ld -o main
 -L/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7
 hello.o
 /usr/lib64/crt1.o
 /usr/lib64/crti.o
 /usr/lib64/crtn.o
 /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/crtbegin.o
 /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.4.7/crtend.o
 -lstdc++ -lm -lgcc_s -lgcc -lc

ということで、簡単なサンプルプログラムでもこれだけのライブラリが必要であることがわかりました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

さくらインターネットのサーバで無料SSLを設定する方法

February 27,2018 12:03 AM
Category:[レンタルサーバ]
Tag:[sakura]
Permalink

さくらインターネットのサーバで無料SSLを設定する方法を紹介します。

1.はじめに

さくらインターネットでは無料SSLのLet's Encrypt(レッツエンクリプト)が提供されています。

無料SSLサーバー証明書 Let's Encrypt - さくらインターネット
Let's Encrypt

「さくらのレンタルサーバ」のコントロールパネルから、ワンクリックとまではいきませんが、簡単に設定することができます。

ということで、さくらインターネットのサーバで無料SSLを設定する方法を紹介します。

2.無料SSLを設定する

サーバコントロールパネルにログインして、「ドメイン/SSL設定」をクリック。

ドメイン/SSL設定

無料SSLを設定したいドメインの「証明書」をクリック。

証明書

「無料SSLの設定へ進む」をクリック。

無料SSLの設定へ進む

「SNI SSL」を選択した状態で「無料SSLを設定する」をクリック。

無料SSLを設定する

これで設定完了です。

Comments [0] | Trackbacks [0]

JavaScriptでJSONデータを作る方法

February 21,2018 12:03 AM
Category:[JavaScript]
Tag:[JavaScript]
Permalink

JavaScriptでJSONデータを作る方法を紹介します。

JavaScriptでJSONデータを作る方法

1.問題点

JavaScriptで下記のようなJSONデータを作りたいと思います。

{"foo":"abc","bar":"xyz","hoge":100}

が、JSONデータの作り方が分かりません。

初期値が分かっていれば上記のフォーマットをそのまま書けばいいのですが、foo/bar/hogeの値は処理の中で決まります。

ということで、JavaScriptでJSONデータを作る方法を紹介します。

2.JavaScriptでJSONデータを作る

JavaScriptでJSONデータを作る方法の1つとして下記があります。

<script>
var data = {};
 
data["foo"] = "abc";
data["bar"] = "xyz";
data["hoge"] = 100;
 
json_data = JSON.stringify(data);
// console.log(json_data);
</script>

ひとつめのポイントは、連想配列dataの初期化子を"{}"にすることです。

var data = {};

下のように、

var data = new Array();

配列で定義すると、出力結果が

[]

となってしまうので注意してください。

もう一つのポイントは、JavaScriptデータをJSONデータにするには"JSON.stringify()"を利用します。

json_data = JSON.stringify(data);

3.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages