lessからvimやemacsに切り替える方法

February 17,2017 12:03 AM
Category:[Linux]
Tag:[Linux]
Permalink

lessからvimやemacsに切り替える方法を紹介します。

1.はじめに

lessコマンドでファイル閲覧中に"v"を押下するとviエディタに切り替わり、ファイルの編集が可能になります。

またエディタを終了するとlessに復帰するので非常に重宝しています。

ただデフォルト状態ではviしか起動せず、vimやemacsなど、他のエディタに切り替えることができません。

ということで、lessからvi以外のエディタに切り替える方法を紹介します。

2.vi以外のエディタに切り替える

vi以外のエディタに切り替えるには、環境変数VISUALに"vim"を設定します。

vimの場合

% export VISUAL="vim"

emacsの場合

% export VISUAL="emacs"

これで"v"を押下すると、指定したエディタに切り替わります。

VISUALは、lessで"v"を押下したときの起動エディタを指定するための環境変数です。

エディタへのパスが通っていない場合は、フルパスで指定します。

vimの場合

% export VISUAL="/usr/bin/vim"

emacsの場合

% export VISUAL="/usr/bin/vim"

エディタのパスは環境によって異なるかもしれないので、whichコマンドで確認してください。

3.ログイン直後に切り替える

上記の方法では環境変数を設定したターミナルでしか有効になりません。

常ににエディタを変更したい場合は、上記のexportコマンドをホームディレクトリの.bashrcに追記します。

これでログイン直後に設定が有効になります。

4.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

xhostコマンドで「unable to open display」となる場合の対処

February 15,2017 12:03 AM
Category:[Linux]
Tag:[Linux]
Permalink

xhostコマンドで「unable to open display」となる場合の対処方法を紹介します。

1.問題点

xhostコマンドを実行すると、「unable to open display ""」というエラーになってしまいます。

# xhost +
xhost:  unable to open display ""

ちなみにxhostはXサーバへのアクセスの許可・不許可を設定するコマンドで、"xhost +"で全てのクライアントに対してアクセス制限を解除します。

2.原因と対処

原因は、xhostを実行したターミナルで環境変数DISPLAYが設定されていないためです。

# env | grep DISPLAY
#

ということでxhost実行の前に、環境変数DISPLAYを設定します。

# export DISPLAY=:0.0
# env | grep DISPLAY
# DISPLAY=:0.0

この状態でxhostを実行します。

# xhost +
access control disabled, clients can connect from any host

DISPLAY変数の値":0.0"は、"localhost:0.0"と同じ意味です。

Comments [0] | Trackbacks [0]

gdbで「No symbol table is loaded. Use the "file" command.」というエラーが表示された場合の対処

February 3,2017 12:55 AM
Category:[C/C++]
Tag:[C/C++]
Permalink

gdbで「No symbol table is loaded. Use the "file" command.」というエラーが表示された場合の対処方法を紹介します。

1.問題点

gdbでCプログラムの実行ファイルを起動し、ブレークポイントを設定したところ、「No symbol table is loaded. Use the "file" command.」というエラーが表示されました。

% gdb a.out
GNU gdb (GDB) Red Hat Enterprise Linux 7.6.1-80.el7
Copyright (C) 2013 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  Type "show copying"
and "show warranty" for details.
This GDB was configured as "x86_64-redhat-linux-gnu".
For bug reporting instructions, please see:
<http://www.gnu.org/software/gdb/bugs/>...
Reading symbols from /home/hoge/sample/a.out...(no debugging symbols found)...done.
(gdb) b 33
No symbol table is loaded.  Use the "file" command.

ということで、「No symbol table is loaded. Use the "file" command.」というエラーが表示された場合の対処方法を紹介します。

2.原因

原因は、ビルドしたバイナリにデバッグシンボルが含まれてないためです。

3.対処

gccに"-g"オプションをつけて再ビルドしたものでgdbを実行すれば解消します。

% gdb a.out
GNU gdb (GDB) Red Hat Enterprise Linux 7.6.1-80.el7
Copyright (C) 2013 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  Type "show copying"
and "show warranty" for details.
This GDB was configured as "x86_64-redhat-linux-gnu".
For bug reporting instructions, please see:
<http://www.gnu.org/software/gdb/bugs/>...
Reading symbols from /home/hoge/sample/a.out...done.
(gdb) b 33
Breakpoint 1 at 0x4009b4: file sample.c, line 33.
Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages