重複トラックバック防止プラグイン(3.3版)

重複トラックバック防止プラグイン(3.3版)

Posted at September 20,2006 1:11 AM
Tag:[MovableType, Plugin, Trackback]

同一エントリーへの重複トラックバックを抑止するプラグインです。

Movable Type は、バージョン 3.2 まで重複トラックバックに対する制御は行われていませんでしたが、3.3 以降、 重複トラックバック(送信元URL・タイトル・概要が同一のトラックバック)を受信した場合、その内容を過去に受信したトラックバックに上書きするよう、処理が変更されました。

追加された処理は、トラックバック送信後に送信元記事のタイトルあるいはトラックバックの概要を変更してトラックバックを再送信するようなケースを考えた場合、非常に有効です。

現在「重複トラックバック防止プラグイン」を公開しておりますが、上記の理由で 3.3 では重複トラックバック防止プラグインが不要となりました。

ただし、全く同一の内容が再送信された場合ー例えば初回のトラックバック送信がタイムアウトになり(送信が完結しないと Movable Type では「トラックバック送信先のURL」にデータが残ります)、エントリーを再保存(つまり再送信)してしまったケース等ーでも上書き処理が行われ、再構築が発生します。

本プラグインは、内容が全く同一のトラックバックのみをフィルタリングし、再構築を発生させないことを目的としたものです。 *1

1.プラグインのダウンロード

下記の duplicateTBPingThrottlefilter.zip または duplicateTBPingThrottlefilter.lzh をダウンロードしてください。

duplicateTBPingThrottlefilter.zip
duplicateTBPingThrottlefilter.lzh

2.プラグインのアップロード

ダウンロードしたアーカイブを解凍してください。解凍すると中に duplicateTBPingThrottlefilter フォルダがありますので、Movable Type の plugins ディレクトリにフォルダごとアップロードしてください。

アップロード後、管理画面の

メイン・メニュー > システム・メニュー > プラグイン

の画面に利用中のプラグイン一覧が表示されますので、その中に「Duplicate Trackback Ping Throttle Filter Plugin ?」が表示されていればOKです。

3.設定

特にありません。2項でプラグインが表示されていれば有効です。

4.ログ

トラックバックがフィルタリングされた場合、ログに

Filter duplicate trackback ping from the following URL:http://?

というメッセージを出力します。


*1:というのは建前で、「過去に作った重複トラック防止バックプラグインを無駄にしたくない」というのが本音。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

重複トラックバック防止プラグイン 3.3版 from PARADISE BLOG
MT3.3から重複トラックバックの処理が変更になったけど、サーバーの負担を考えて... [続きを読む]

Tracked on December 18, 2006 9:30 PM

この数日で行ったこと from Laspalabras De Amor
1.重複トラックバックプラグイン(3.3版)、 2.asciiTBPingfil... [続きを読む]

Tracked on April 21, 2007 12:58 PM

冷え性対策ならやっぱり半身浴でしょう from 冷え性
冷え性対策-半身浴- 体を外から温めるにはお風呂が一番です。 半身浴で長くつかる... [続きを読む]

Tracked on September 27, 2007 9:39 PM
コメント

こんばんは、yujiroさん
お世話になっています。

エントリーの説明を読ませて頂きました
少しでも、サーバーに掛かる負担を少なくしたいので
MT3.3対応の方も、使わせて頂きます。

ありがとうございました。

[1] Posted by mituru : December 17, 2006 1:01 AM

>mituruさん
こんばんは。
ご利用&ご連絡ありがとうございました。
ではでは!

[2] Posted by yujiro : December 17, 2006 10:05 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)