天才クラシックギタリスト・山下和仁の超絶技巧「展覧会の絵」

天才クラシックギタリスト・山下和仁の超絶技巧「展覧会の絵」

Posted at November 27,2006 12:08 AM
Tag:[Guitar, YouTube]

YouTube山下和仁「展覧会の絵」の演奏がありました。とりあえず聴いてみたい、という方は読み飛ばして、後方ある動画をご覧ください。

山下和仁は20年ほど前に「天才ギタリスト」としてデビュー、若くして世界3大クラシックギターコンクールを制覇し、現在の日本人トップクラシックギタリストの一人です。クラシックギター界はもちろん、他のジャンルのギタリストを含めても、彼の超絶技巧は他に類をみない素晴らしさがあります。

この「展覧会の絵」は20年ほど前の彼自身の編曲によるもので、ギター一本でクラシック音楽に真正面から向き合った作品。最近は演奏されていないので、YouTube で公開されている演奏はその当時のものと推測されます。

この曲は元々ピアノ独奏曲で、ロシアの作曲家・M.ムソルグスキーの代表的作品。 「亡き王女のためのパヴァーヌ」等で有名な M.ラヴェルによる管弦楽編曲版の方が有名かもしれません。
クラシックに馴染みがない方でも、冒頭のフレーズ等、どこかで聴いたことがあるでしょう。

彼の演奏の特徴には下記のようなものがあります。

  • 動きが激しい
  • 演奏中に立ち上がりそうになる(普通は立ち上がらない)
  • 演奏中に頻繁にチューニングをする(最近は当たり前になってきました)
  • この曲に関しては小指を使っている(クラシックギターでは小指は使わない)

「展覧会の絵」は40分ほどの大曲ですので、動画は4つに分割されています。うち3つは冒頭の40秒ほどナレーションが入りますが演奏には関係ありません。
原曲のピアノ版、または管弦楽編曲版を聴いてからこの動画を見るとさらに面白いでしょう。

なお、YouTube のビットレートでは速弾きの音が残念ながらきちんと入ってません。「ちゃんと聴いてみたい」という方は下記の1枚が超お勧めです(というかこの1枚しかありません)。

展覧会の絵&火の鳥
展覧会の絵&火の鳥

山下和仁 ムソルグスキー ストラヴィンスキー

おすすめ平均 おすすめ平均
stars信じられないくらい凄い演奏
stars大好きなあなたへ
starsクラッシックギタリスト
stars「火の鳥」白熱の名演
stars野性味あふれるギター版「展覧会の絵」

Amazonで詳しく見る by G-Tools

楽譜も販売されてます。腕試しに弾いてみたい、という方は下記のサイトからどうぞ。

現代ギタームソルグスキー:展覧会の絵/山下和仁・編

プロムナード - 小人 - プロムナード

古城 - プロムナード - テュイルリーの庭 - ビドロ

プロムナード - 卵の殻をつけた雛の踊り - サムエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ - リモージュの市場 - カタコンブ

バーバ・ヤーガの小屋 - キエフの大門

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

こんばんは
山下和仁さんの名前につられてしまいました。
二十数年前にギター雑誌で確かまだ高校生だった山下和仁さんのことを知り、「アランフェス協奏曲」のLP(古い)!を買ったことを思い出しました。
「展覧会の絵」も馴染みの深い曲で動画を楽しませていただきました、ありがとうございました。

[1] Posted by YaYa : November 27, 2006 8:50 PM

>YaYaさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
そういえばアランフェスも圧巻ですね。

[2] Posted by yujiro : November 29, 2006 10:00 AM

なつかしい映像有難うございました。
僕はLPで持っています。
TV(「オーケストラがやってきた」)でも冒頭のオーケストラのプロムナードに続いて山下が小人(グノーム?)で入った時には鳥肌が立ちました。(ここは同じキーだったんですね)
 NHkあたりで取り上げてくれるとまたファンが増えると思います。

[3] Posted by 風若太 : December 13, 2006 11:18 PM

>風若太さん
こんばんは。
コメントありがとうございました。
楽しんで頂けたようでよかったです。
ではでは!

[4] Posted by yujiro : December 17, 2006 9:16 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)