快適なブラウジングを実現する Firefox 機能拡張「All-In-One Sidebar」

快適なブラウジングを実現する Firefox 機能拡張「All-In-One Sidebar」

Posted at May 18,2007 1:36 AM
Tag:[Firefox]

Firefox 機能拡張の定番、All-In-One Sidebar を紹介します。

この機能の「マルチパネル」を利用することで、「Google 検索結果」や「はてなブックマーク」のリンク先のページを、ブラウザやタブを新たに開かず、いわゆる「フレーム」を使ったような振る舞いをさせることができ、快適なブラウジングを実現することができます。

All-In-One Sidebar

ということで、Firefox をご利用でない方向けに、All-In-One Sidebar のインストールおよび「マルチパネル」利用方法について説明します。Firefox は予めインストールしておいてください。

1.All-In-One Sidebar のインストール

All-in-One Sidebar :: Firefox Add-ons」にある「インストール」のアイコンをクリック。この操作は Firefox で行ってください。

All-in-One Sidebar :: Firefox Add-ons

「ソフトウェアインストール」ダイアログが開く(数秒待つと「今すぐインストール」のボタンが表示されます)ので、「今すぐインストール」をクリック。

「ソフトウェアインストール」ダイアログ

アドオン画面が開き、インストールが開始します。終了したら右下の「Firefox を再起動」をクリック。

アドオン画面

Firefox を再起動するとブラウザ左側に図のようなサイドバーが表示されます。

All-In-One Sidebar アイコン

サイドバー全体を非表示にしたい場合は、左端の細い部分(切り替えトグル)をクリックするか、メニューの[表示] - [サイドバーグリップ]のチェックを外します。

2.「マルチパネル」利用方法

下から2番目の「マルチパネル」アイコンをクリック(ツールチップはとりあえず気にせずに)。

「マルチパネル」アイコン

下がマルチパネルが開いた状態です。
次の作業に進む前に、検索結果やソーシャルブックマーク等のページを表示させておいてください。ここでは「はてなブックマーク」を表示している前提で話を進めます。

マルチパネルが開いた状態

マルチパネル上部にある「ページ」をクリック。

マルチパネル上部

これで右側と同じページがマルチパネルに表示されます。
マルチパネル内のページの任意のリンクをクリックすると、リンク先の内容は常に右側のエリアに表示されますので、履歴を戻ったり、見終わったページのブラウザやタブを閉じる必要がなくなります。

先程クリックした「ページ」の右側にある▼をクリックすると、ページの表示方法を変更することができます。ここでは「縮小描画モードにする」を選択します。

縮小描画モード

これでマルチブラウザの表示が縮小されます。スクリーンショットでは判別できないのですが、文字だけでなく、ページ内にある画像等も全て縮小されます。

ページの縮小表示

上部の「マルチパネル」のをクリックすると、他の情報(ブックマーク・履歴・ダウンロード・アドオン・ページの情報・ページソース・エラーコンソール等)に切り替えることができます(左側アイコンと同じ)。一番下の「All-In-One Sidebar 設定」を選択すればさらに詳細なカスタマイズが可能です。

マルチパネルは、最後に表示したコンテンツが記憶されます。記憶を解除したい(ブラウザ再起動時に何も表示しない)場合は上部右側にある歯車のアイコンをクリックして「最後に表示したコンテンツを記憶する」のチェックを外しましょう。

最後に表示したコンテンツを記憶

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)