WebクリエイティブのためのCMSテンプレートデザイン

WebクリエイティブのためのCMSテンプレートデザイン

Posted at May 4,2008 2:11 AM
Tag:[Amazon, Book]

面白そうなので「WebクリエイティブのためのCMSテンプレートデザイン」を購入してみました。

WebクリエイティブのためのCMSテンプレートデザイン (Web Designing BOOKS)WebクリエイティブのためのCMSテンプレートデザイン (Web Designing BOOKS)
エ・ビスコム・テック・ラボ

毎日コミュニケーションズ 2007-09-15
売り上げランキング : 109448

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本の特徴は、最終的にCMS(Movable Type 4/3.3 および WordPress 2.2 対応)を使ってテンプレートを作り上げるのですが、その過程が他書と全く異なっています。

まず最初に CMS を一切使わず、サンプルとなるサイトを手作業でがりがりと作ります。そして、そのソースコードを元に、情報をテンプレートタグに置き換えていく、という作業を行うのです。

また、テンプレート化の前に、用意したコンテンツ(テキストや画像)はそれぞれのCMSのブログ記事やアイテムとして投稿またはアップロードしておきます。これでテンプレートから出力されるソースコードが、最初に作成したものと全く同じものが出力される、という仕組みです。

普段目にしている書籍は、「このテンプレートタグを書くと、こういう出力になります」という順で書かれているのですが、この書籍は「こういう出力をテンプレートタグに直すとこう書きます」と、すべて逆に書かれているので、フィルムを逆回しで再生しているような感覚です。

書籍は、

  • ニュース・お知らせページを作成する
  • 写真・イラストギャラリーを作成する
  • 1行ニュースを作成する
  • カタログサイトを作成する
  • 英語に対応したサイトを作る

の4つに分かれています。フルカラーなので非常に読みやすいです。

CMSビギナーの方がこの書籍で作れば、完成イメージが最初にあるので、CMSからどのように出力されるか、テンプレートタグで何ができるか、という仕組みを理解しやすいのではないでしょうか。
また、CMSに慣れた方にとっては、「こういうサイトにしたい」という要望をテキストで受けたときに、それをどのようにテンプレートやテンプレートタグに置き換えれば良いかという、ノウハウ集としても使えるかもしれません。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)