携帯サイト制作 WEBデザインの新しいルール

携帯サイト制作 WEBデザインの新しいルール

Posted at November 17,2008 12:55 AM
Tag:[Amazon, Book]

以前執筆した「WEBデザインの新しいルール」の携帯サイト制作版が発売されました。

携帯サイト制作 WEBデザインの新しいルール携帯サイト制作 WEBデザインの新しいルール
ファーストビット

翔泳社 2008-10-22
売り上げランキング : 3015

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

XHTMLベースの内容で、著者のファーストビットは携帯サイト制作会社です。携帯サイト制作を考えられている方にお勧めの一冊です。

Chapter 01 携帯サイトの世界
1-1 携帯サイトデザイナーに求められる姿勢
1-2 携帯サイトの現状
1-3 様々な携帯コンテンツ
1-4 携帯サイトの言語
1-5 様々な携帯サイト
1-6 携帯電話の歴史
Chapter 02 携帯サイト向けxhtmlを学ぶ
2-1 携帯サイトの特徴
2-2 各キャリアのxhtmlの基本構造
2-3 各キャリアの絵文字の特徴
2-4 フォントの装飾
2-5 ブロックタグとラインとテーブルタグ
2-6 画像の表示とサイズ
2-7 Flashの配信方法
2-8 着信メロディの配信方法
2-9 ムービーの配信方法
2-10 デコメールの配信方法
2-11 きせかえツールの配信方法
2-12 Webサーバへのアップロード
Chapter 03 携帯コンテンツを作る
3-1 待受画像の基礎知識
3-2 待受画像制作の手順
3-3 画像の転送制限
3-4 Flashの基礎知識
3-5 待受Flashの制作
3-6 特殊なFlashの制作
3-7 デコメールの基礎知識
3-8 デコメールテンプレートの制作
3-9 デコメールピクチャと絵文字
3-10 デコメアニメの基礎知識
3-11 デコメアニメの制作
3-12 きせかえツールの基礎知識
3-13 きせかえFlashメニューの制作
3-14 UIコンテンツの制作
3-15 着信メロディの基礎知識
3-16 携帯端末用ムービーの基礎知識
3-17 携帯端末用ムービーの制作
Chapter 04 キャリアや端末ごとにデザインを出し分ける
4-1 PHPの特徴と導入方法
4-2 キャリアの判別方法
4-3 携帯機種の判別方法
Chapter 05 ワンランク上のプロ技 - デザイン編 -
5-1 ロゴ画像をアニメーション化する
5-2 文字を目立たせるカラーテクニック
5-3 テキストを左右に流す
5-4 テキストにキラキラ感を演出する
5-5 ラインと行間をきれいに見せる
5-6 画像の回り込み
5-7 背景が繋がっているように見せる
5-8 オリジナルアイコンを制作する
5-9 アクセスキーを使ってアクセスさせる
5-10 アクセスキーを応用する
5-11 携帯サイト向けバナー広告の基本
5-12 フルFlashの携帯サイトを作る
Chapter 06 ワンランク上のプロ技 - コンテンツ制作編 -
6-1 オリジナルフォントを使った時計連動Flashの制作①
6-2 オリジナルフォントを使った時計連動Flashの制作②
6-3 特定の時間帯にアニメーションが変化する待受Flashの制作
6-4 電波・電池の状態でアニメーションが変化する待受Flashの制作
6-5 デコメアニメでクイズを作る①
6-6 デコメアニメでクイズを作る②
6-7 デコメアニメでおみくじを作る
最新携帯端末スペック一覧
HTMLタグ一覧
3キャリア類似絵文字一覧
カラーチャートと配色パターン
ユーザーエージェント一覧
各種ツールと参考サイト

いまさらですが姉妹本です。

Movable Type WEBデザインの新しいルールMovable Type WEBデザインの新しいルール
荒木 勇次郎

翔泳社 2007-10-17
売り上げランキング : 127364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

広~く、浅~い『ホームページ アクセスアップの鉄則/翔泳社』 from TechiNotion
時間があるので、読書してます。結構前に買い込んだビジネス書とか、キャバクラ勤務の時にキャストさんからもらった自伝等々。結構溜まりに溜まってます。今回読んだ... [続きを読む]

Tracked on November 17, 2008 12:31 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)