Movable Type 5.0 のカスタムフィールドをカテゴリで振り分ける

Movable Type 5.0 のカスタムフィールドをカテゴリで振り分ける

Posted at October 12,2009 12:03 AM
Tag:[Category, CustomField, MovableType]

Movable Type 5.0 では、ブログ記事投稿画面に表示するカスタムフィールドを、カテゴリで振り分けることができるようになりました。

一言で説明するのは難しいので、まず概要を図で説明します。

まず、ブログ記事用のカスタムフィールドをいくつか作成したと仮定します。カスタムフィールド作成後、カスタムフィールドとカテゴリをひもづけます。この図では、次のようにひもづけます。

  • カスタムフィールドA:趣味、日記
  • カスタムフィールドB:趣味、日記
  • カスタムフィールドC:趣味、旅行

ログ記事用のカスタムフィールドとカテゴリのひもづけ

このひもづけを行うことで、ブログ記事投稿画面でカテゴリを選択した際、カテゴリごとに表示するカスタムフィールドを切り替えることができます。

  • カテゴリから「趣味」を選択:カスタムフィールドA~Cを表示
  • カテゴリから「日記」を選択:カスタムフィールドCを表示
  • カテゴリから「旅行」を選択:カスタムフィールドA、Bを表示

カテゴリごとに表示するカスタムフィールドを切り替え

実際の画面では次のようになります。

カテゴリを選択

「趣味」選択時のカスタムフィールド

カテゴリを選択

「旅行」選択時のカスタムフィールド

カテゴリを選択

「日記」選択時のカスタムフィールド

カテゴリを選択

複数選択しても適正に動作するようです。

カテゴリを選択

2009.11.02 追記

ブログ記事のカスタムフィールドを追加すると、カテゴリ編集画面に「カスタムフィールド」というフィールドが追加され、追加したカスタムフィールドがすべて表示されます。

カスタムフィールド編集画面でひもづけたいカテゴリにチェックをすると、カテゴリ編集画面の「カスタムフィールド」に表示されたカスタムフィールドがチェックされた状態になります。

この状態であれば、本エントリーの動作になりますが、カテゴリ編集画面の「カスタムフィールド」に表示されたカスタムフィールドのチェックを外すと、ブログ記事編集画面で該当のカテゴリを選択しても、フィールドは表示されません。

ただし、上記の操作に関係なく、ブログ記事の「表示オプション」を使った表示・非表示の制御も行なえます。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)