「Windows Mobile デバイスセンター」のインストール

「Windows Mobile デバイスセンター」のインストール

Posted at September 22,2010 3:33 AM
Tag:[Mobile, Vista, Windows]

Windows Mobile デバイスセンターのインストール方法の紹介です。

Windows Mobile デバイスセンターをインストールすることになったきっかけは、そもそも現在使用中のスマートフォン「T-01A」をPCと接続する際に利用する「Active Sync」をインストールしようとしたのですが、Windows VistaではActive Syncが利用できないことが判明し、ネットで調べていったところ、「Windows Mobile デバイスセンター」がその後継であることが分かったためです。

で、「Windows Mobile デバイスセンター」は簡単にインストールできるかと思ったら、ウェブサイトの説明が分かりにくく、また途中で躓いたりしたので、本エントリーで手順を紹介したいと思います。

まず、「Windows Mobile デバイスセンター」のページにアクセスして、「続行」をクリック。

Windows Mobile デバイスセンターのページ

「Windows Genuine Advantage プラグインのインストール」のページに遷移するので、「プラグインのダウンロード」をクリック。

プラグインインストールのページ

「WGAPluginInstall.exe」がダウンロードされるので、任意のフォルダに保存した後、実行します。インストールはすぐに完了します。

インストール実行

インストールすると「正規 Windows の確認」という画面に遷移するので、「続行」をクリックします。

「正規 Windows の確認」画面

「GenuineCheck.exe」がダウンロードされるので、任意のフォルダに保存した後、実行します。実行すると次のような画面が表示されるので、表示された「確認コード」をコピーします。

確認コード表示

前の画面に確認コードを入力して「確認」をクリックします。

確認コード入力画面

これで「Windows Mobile デバイスセンター」をダウンロードするための実行ファイルをダウンロードする画面に遷移します。

ダウンロード画面

言語を「日本語」のままにして「ダウンロード」をクリックすると、次のような「ご指定の画面が見つかりませんでした」というエラー画面が表示されてしまいます。

エラー画面

ということで、言語から「英語」を選択して「変更」をクリックします。

言語選択

英語版のページに遷移するので、ページ中ほどにある「Continue」をクリック。

英語版のページ

「Genuine Windows Validation」というページに移動します。ここで「2.Enter your validation code. 」に、さきほどの「確認キー」を入力して、「Validate」をクリックします。「1.Run the validation tool.」を実行しても前述の「GenuineCheck.exe」がダウンロードされるだけなので、実行する必要はありません。

「Genuine Windows Validation」のページ

これでダウンロード画面に遷移するので、ページ中ほどにある「Download」をクリック。試しに「Change Language:」で「Japanese」を選択してみましたが、さきほどのエラー画面に辿り着いてしまったので、デフォルトの「English」のまま、ダウンロードを実行してください。

ダウンロード画面

「drvupdate-x86.exe」がダウンロードされるので、任意のフォルダに保存した後、実行します。

「drvupdate-x86.exe」のダウンロード

実行すると、インストールが開始します。次の画面が表示されたあと、インストールはバックグラウンドで実行されます。

インストール1

インストール2

インストールが完了するとプログラムメニューに「Windows Mobile Device Center」が表示されるので、クリックします。

プログラムメニュー

ライセンス条項が表示されるので、「同意する」をクリック。

ライセンス条項

「Windows Mobile Device Center」が起動されました。

「Windows Mobile Device Center」が起動

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)