ウェブデザインコーディネートカタログ

ウェブデザインコーディネートカタログ

Posted at June 5,2011 3:00 PM
Tag:[Amazon, Book, WebDesign]

200を超えるウェブサイトを収録した、ウェブデザインに関する書籍です。

ウェブデザインコーディネートカタログ
黒野 明子 秋野 琢 小山 智久 原 一浩 柳谷 真志
技術評論社

第一線で活躍する現役のウェブデザイナー(ディレクター)、黒野明子さん、秋野琢さん、小山智久さん、原一浩さん、柳谷真志さんによる、より良いウェブデザインに関する情報をまとめたものです。配色・フォント・レイアウトから、ナビゲーション/パンくずリスト/見出しといった細部まで、ウェブデザインのアイデアを考えるときの有益な1冊となるでしょう。

各ウェブサイトはテーマ別に分類されており、さらにウェブサイトのデザインのポイントについて解説されています。各ページで引用されているウェブサイトのサムネイルが小口の部分に使われていて、目的のウェブサイトを探しやすくなっています。

仕事でウェブデザインに携わる人だけでなく、趣味で自分のウェブサイトを作る方にもお勧めです。

以下目次です。

01 ウェブデザインの6 つのポイント
ウェブデザインのいままで、そしてこれから
画面サイズ ~モニターのワイド化とウェブサイトの横幅~
レイアウト ~グリッドシステムによる秩序が生む安心~
タイポグラフィ ~環境によるフォントの違いを考慮~
配色 ~イメージだけでなく可読性にも配慮を~
ナビゲーション ~導線のルールをデザインする~
質感 ~リッチテイストな素材感が出すリアルさ~
コラム 「デザインの種」はどこにある?
02 レイアウトから選ぶ
2カラムのレイアウト
3カラムのレイアウト
1カラムのレイアウト
流動的な多段グリッド
自由なレイアウト
コラム レイアウト
03 印象・雰囲気から選ぶ
親しみやすい雰囲気
やわらかい、まるい雰囲気
落ち着く、やすらぐ雰囲気
信頼できる雰囲気
知的な雰囲気
繊細な雰囲気
シンプルな印象
清潔で透明な印象
さわやかで健康的な雰囲気
にぎやかで盛りだくさんな雰囲気
力強くアグレッシブな雰囲気
おいしそうな雰囲気
ガーリー・女の子
メンズ・ボーイズ
キッズ・子供
コラム タイポグラフィ
04 生活・趣向から選ぶ
ポップでカラフルなテイスト
エレガントでシックなテイスト
未来的、先進的なテイスト
シンプルでモダンなテイスト
レトロ、アンティーク調のテイスト
高級でラグジュアリーなテイスト
お手ごろでお買い得なテイスト
エコロジー・環境を考えるテイスト
オールドアメリカンテイスト
ヨーロピアンテイスト
春夏秋冬を感じさせるテイスト
伝統的な和風テイスト
コラム ブラウザ
05 業種・手法から選ぶ
ソーシャルサービスを取り入れたデザイン
ブログ的なデザイン
ツールとしての機能性を重視したデザイン
大量の商品を見せるデザイン
雑誌のようなデザイン
建設業・製造業
住まい・インテリア
アパレル・衣類
ホテル・リゾート
食品・食材
イラスト・漫画的な手法
素材感を活かした手作り風の手法
人工的・無機質な表現
スマートフォンアプリのような表現
コラム リッチインタラクション
06 細部をスタイリングする
グローバルナビゲーション
ローカルナビゲーション
ページネーション・パンくずリスト
フッター
見出し
フォーム・お問い合わせ
リスト
テーブル
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

共著「ウェブデザインコーディネートカタログ」のことを、少し。 from linker journal
すっかりご無沙汰しております。@cremaと申します。季節はすっかり梅雨に移り変わりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? かねてよりあちこちでつぶ... [続きを読む]

Tracked on June 8, 2011 12:29 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)