Googleリーダーのスタイルを元に戻すFirefoxアドオン「Stylish」とユーザースタイル「Old styled Google Reader」

Googleリーダーのスタイルを元に戻すFirefoxアドオン「Stylish」とユーザースタイル「Old styled Google Reader」

Posted at November 5,2011 12:55 AM
Tag:[Firefox, Stylish]

Googleリーダーのスタイルを元に戻すFirefoxアドオン「Stylish」とユーザースタイル「Old styled Google Reader」について紹介します。

このカスタマイズを行えば、FirefoxでGoogleリーダーを閲覧するとき、以前のスタイルに近い表示に戻すことができます。余白も改善されます。

適用前
適用前

適用後
適用前

1.「Stylish」アドオンのインストール

「Stylish」はユーザースタイルを管理するためのアドオンです。このアドオンにユーザースタイルを追加することで、特定のサイトに対して独自のスタイルを適用することができます。

「Stylish」アドオンのサイトにアクセスして「+ Add to Firefox」をクリック。

Stylish

「今すぐインストール」をクリック。

インストール

Firefoxを再起動すれば「Stylish」アドオンが有効になります。

2.「Old styled Google Reader」のインストール

「Stylish」で管理するユーザースタイル「Old styled Google Reader」をインストールします。これは名前のとおり、Googleリーダーのスタイルを(ある程度)元に戻すスタイルです。

「Old styled Google Reader」のサイトにアクセスして「Install with Stylish」をクリック。

Old styled Google Reader

「インストール」をクリック。

インストール

最初にクリックした部分が次の表示になればインストールOKです。

インストール完了

3.「Old styled Google Reader」の修正

本来は2項までの設定で「Old styled Google Reader」がGoogleリーダーのスタイルとして再起動不要で即座に反映されるのですが、内容を若干書き換えないと反映されません。

もう少し厳密に言うと、「Old styled Google Reader」の指定は、GoogleリーダーのアクセスURLが「http://www.google.com/reader/~」であればすぐに反映されるようになっています。ところが日本語表示の場合、「http://www.google.co.jp/reader/~」にアクセスしているため、ユーザースタイルがまったく反映されません。

ということで、日本語URLにアクセスしたときにきちんと反映されるように設定を変更します。

メニューバーの「ツール」→「アドオン」→「User Styles」タブをクリックして、「Old styled Google Reader」の「編集」をクリック。

アドオンマネージャ

開いた画面のテキストエリアの3行目にあるドメイン「www.google.com」を「www.google.co.jp」に書き換えて「保存」をクリック。

アドオンマネージャ

これでGoogleリーダーのページにスタイルが反映されているはずなので、確認してください。

4.その他

他にも色々なユーザースタイルが公開されているので同じような手順で適用してみるといいでしょう。

Mozilla Re-Mix - 新しくなったGoogle リーダーのUIをカスタマイズできるユーザースタイルあれこれ。
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)