Movable Typeのテーマにブログ記事を利用できる「EntryImExporterプラグイン」バージョンアップ

Movable Typeのテーマにブログ記事を利用できる「EntryImExporterプラグイン」バージョンアップ

Posted at December 7,2011 1:55 AM
Tag:[EntryImExporter, MovableType, Plugin, Theme]

Movable Typeのテーマにブログ記事を利用できる「EntryExporterプラグイン」をバージョンアップしました。バージョンアップに伴い、プラグイン名も「EntryImExporterプラグイン」に変更しました。

1.変更点

ブログ記事のエクスポート時に、ブログ記事のアイテム(アイテムのラベル)を含むようにしました。これにより、テーマ適用時に同じラベル名のアイテムが存在すれば、自動的にプログ記事のアイテムとして登録することができるようになります。

例えば、ブログのアイテムに3つの画像「車」「オレンジ」「コーヒー」が登録されているものとします。

アイテム

そしてブログ記事のアイテムに、この3つの画像を登録しています。

ブログ記事のアイテム

このブログ記事をテーマに(バージョンアップしたプラグインを使って)エクスポートします。

エクスポート

エクスポートすれば、エクスポートしたtheme.yamlの該当記事に「asset_labels:」という項目と、ブログ記事アイテムに登録しているラベル名が設定されます(赤色部分)。

--- 
author_link: ''
class: blog
description: ''
elements: 
  default_entries: 
    component: ~
    data: 
      news: 
        allow_comments: 1
        allow_pings: 1
        asset_labels: オレンジ,車,コーヒー
        authored_on: 20111103225230
        category: news
        convert_breaks: __default__
        created_on: 20111103225243
        …後略…

このテーマを別のブログにインポート(適用)する際に、同名のラベル名のアイテムが予め登録されていれば、テーマ適用後にプログ記事アイテムが登録される、という仕組みです。

アイテムは手動でブログに登録してもかまいませんが、他のブログから移行するのであれば、AssetExporterプラグインが便利です。

AssetExporterプラグイン

移行する場合のイメージを図に示します。

全体のイメージ

アイテムとブログ記事は同時にエクスポートできますが、1つのtheme.yamlファイルでアイテムとブログ記事を同時に適用すると、アイテムをブログ記事より先に登録できない可能性があるため、2つのtheme.yamlに分けた方が確実と思われます(theme.yamlの中でアイテムが先に記述されていれば大丈夫かもしれません)。

2.プラグインのダウンロード

EntryImExporterプラグインは下記のリンク先からダウンロードできます。

EntryExporterプラグイン
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)