Firefox10の新機能について

Firefox10の新機能について

Posted at December 22,2011 12:45 PM
Tag:[Firefox]

2011年12月20日、Firefox9が予定通りリリースされました。が、PCには早くもFirefox10(Aurora)のベータ版をインストールしてみました。

Firefox10

Firefox10では以下の改善が行われます。

  1. アドオンのバージョン互換性を柔軟に判断
  2. 「進む」ボタンを無効時に非表示
  3. HTML5ビデオでスナップショットの保存、統計データ表示が可能
  4. Firefox Syncのセットアップが簡単に
  5. 開発者ツールにインスペクタが追加
  6. CSS 3D Transformに対応
  7. WebGLでアンチエイリアスをサポート
  8. フルスクリーンAPIに対応
  9. mouseenter/mouseleaveイベントに対応
  10. dataURL でも Workerを生成
  11. Page Visibility APIに対応

以下、「Firefox 10 の主な新機能を紹介します」の記事を元に、Firefox10の新機能を紹介します。

1.アドオンのバージョン互換性を柔軟に判断

基本的にアドオンは後方互換性あり(=Firefoxのバージョンがあがっても動作可能)として扱い、実際に問題が生じる可能性のあるケースについてのみ非互換と判断するようになります。

言い換えると、Mozillaのアドオンサイトで配布されていないアドオンなども、互換性情報を無視する「Compatibility Reporter」アドオンなどを使わずにインストールできるようになります。

2.「進む」ボタンを無効時に非表示

「進む」ボタンは無効な時には表示せず、有効になった時にスライド表示されるようにします。

「進む」ボタンが有効なとき
「進む」ボタンが有効なとき

「進む」ボタンが無効なとき
<br />
「進む」ボタンが無効なとき

なお、ボタンのレイアウトを変更して、進むボタンとアドレスバーの間に他のボタンが入ると、これまで同様、進むボタンは表示されたままとなるようです。

進むボタンとアドレスバーの間に他のボタンが入っているとき
進むボタンとアドレスバーの間に他のボタンが入っているとき

3.HTML5ビデオでスナップショットの保存、統計データ表示が可能

HTML5 ビデオの右クリックメニューに、現在のフレームを静止画として保存する「スナップショットを保存」メニューと、動画のサイズ、音声チャンネル数やサンプルレート、フレーム数などを表示する「統計情報を表示」メニューが追加されます。

4.Firefox Syncのセットアップが簡単に

ブックマークなどのユーザデータを同期するFirefox Syncサービスのセットアップが、これまでより分かりやすく、以下のように改善されるようです。

これまでの新規アカウント作成画面(このあとウィザード画面がいくつか続く)
新規アカウント作成画面

Firefox 10の新規アカウント作成画面(次へをクリックすれば設定完了)
新規アカウント作成画面

  • 新規アカウント作成:メールアドレス・パスワード・画像認証を入力のみ
  • デバイス間のデータ同期:既存端末で表示される12桁のワンタイムパスコードを入力するのみ
  • その他:セットアップ時にリカバリキーの確認が不要

5.開発者ツールにインスペクタが追加

Firebugのような「インスペクタ」が追加されます。

インスペクタ

対象要素を右クリックして「要素を調査」をクリックするか、「Web開発」→「調査」をチェックしてから、任意の要素を選択(要素のボックスが強調表示されます)してクリックします。

対象要素を右クリック
対象要素を右クリック

「Web開発」→「調査」をチェック
Web開発

インスペクタの使い方は別途エントリーしたいと思います。なお、書き換え可能な対象は要素の属性とスタイルのみのようです。Firebugとの併用も可能なので、要素の内容を書き換えたいといった場合はFirebugを使いましょう。

6.CSS 3D Transformに対応

CSSの3D Transformに対応します。3D Transformを利用すれば、複雑な JavaScriptのコードやWebGLなどを使うことなく、単純なCSSスタイル指定だけでWebページ中で3次元のコンテンツを利用できます。

3D CSS Tester
3D CSS Tester

7.WebGLでアンチエイリアスをサポート

WebGLコンテキストの生成時に次のようにantialiasオプションを有効にすると、図形の輪郭でジャギーが発生しないよう滑らかに描画されるようになるようです。

ctx = canvas.getContext('webgl', { antialias: true });

8.フルスクリーンAPIに対応

W3Cで仕様策定中のフルスクリーン APIの対応がデフォルトで有効になります(Firefox 9ではデフォルトオフ)。任意の要素に対して mozRequestFullScreen()メソッドを呼び出すことで、その要素が画面全体に拡大表示して描画されます。

9.mouseenter/mouseleaveイベントに対応

IE が独自に実装した、マウスポインタが要素から出入りする時に発生するイベントmouseenter/mouseleaveについて、DOM Level 3 Eventで標準化されることになったため、Firefoxでもこれらのイベントをサポートすることになるようです。

10.dataURLでもWorkerを生成

これまでは別スレッドで実行させたいスクリプトのURLをWorker()に渡してワーカースレッドを生成していました。しかしこれでは単一ファイルの HTMLではワーカースレッドが使えないし、ワーカースレッド用のスクリプトを文字列から生成できないなどの制約がありましたが、Worker()にdataURLを渡すことも可能になるようです。

Bug 699857 - Workers: Allow data urls

11.Page Visibility APIに対応

ブラウザが最小化されたりタブを切り替えてページが表示されなくなった時に、アニメーションやビデオ再生などの処理停止を(簡単に)可能とするため、document.hiddenおよびdocument.visibilityStatusプロパティでページが表示中であるかどうか判断できるPage Visibitity APIをサポートします。

12.Android向けのFirefoxについて

Android向けのFirefoxでは、メモリ使用量が大幅に削減されるようです。また、バッテリーステータスAPIにも対応し、端末がバッテリー駆動かどうかによって処理内容を変えることも行うようです。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)