Windowsでファイルのロックを強制解除できる無料ソフト「Unlocker」

Windowsでファイルのロックを強制解除できる無料ソフト「Unlocker」

Posted at July 29,2012 9:55 AM
Tag:[Windows]

ご存知の方も多いと思いますが、Windowsでファイルのロックを強制解除できる定番の無料ソフト、「Unlocker(アンロッカー)」を紹介します。

1.機能

Windowsでは、ファイルやフォルダーを削除するためには、ファイルまたはフォルダを開いている間は削除することができません。

再実行

が、利用しているソフトなどによっては、ファイルを閉じたあとでもロックが解除されずファイルやフォルダを削除できないケースがあります。

Unlockerは、ファイルやフォルダが使用中のため削除できないファイルを強制的に削除できるようにするためのツールです。

2.ダウンロードとインストール

Vectorなどからでもダウンロードできますが、ここでは本家サイトからダウンロードします。

Unlocker
Unlocker

ページ中ほどにある「Download for Windows 2000 / XP / 2003 / Vista / Windows 7 - Unlocker is Freeware」の「Download Unlocker 1.9.1 - 32 bit version」または「Download Unlocker 1.9.1 - 64 bit version」をクリック(バージョン1.9.1は2012年7月現在)。

Download

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを実行します。インストール実行前に言語の設定があるので、日本語でインストールできます。

言語選択

「次へ」をクリック。

インストールウィザード開始

「同意する」をクリック。

許諾事項

「Install Babylon Toolbar」が不要であればチェックをはずして、「次へ」をクリック。

Unlocker

必要に応じてインストールフォルダを変更して「次へ」をクリック。

インストールフォルダ変更

インストールコンポーネントを選択して「インストール」をクリック。ここではデフォルトのチェック状態でインストールします。「アシスタント」にはタスクトレイに常駐させるための機能で、チェックをいれておくことをおすすめします。

コンポーネント選択

インストールが完了しました。「完了」をクリック。

インストール完了

3.使い方

冒頭の繰り返しになりますが、ファイルやフォルダを削除しようとして、次のようなメッセージが表示されたとします。

再実行

削除できないファイルまたはフォルダを右クリックして、「Unlocker」を選択。

コンテキストメニュー

ロックされているプロセスが表示されるので、選択して「ロック解除」、または選択せずに「全ロック解除」をクリックします。「プロセス停止」は、Windowsタスクマネージャと同様、ロックしているアプリを強制終了させます。なお本当に使用中である可能性もあるので、その場合は通常の手順で該当のソフトを終了させた方がいいでしょう。

プロセス表示

ちなみにロックされていない状態で「Unlocker」を選択すると、次のダイアログが表示されます。この画面で名前の変更・移動・削除も行えます。

ダイアログ

Unlockerをタスクトレイに常駐させて「自動スタート」にチェックをいれておけば、ファイルやフォルダの削除でエラーが出た場合、Unlockerが自動的に開くようです。

タスクトレイ

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)