CSSでoption要素を非表示にするときの不具合について

CSSでoption要素を非表示にするときの不具合について

Posted at November 20,2012 1:55 AM
Tag:[CSS, option, select]

CSSでoption要素を非表示にするときの不具合について紹介します。

タイトルでは「不具合」としていますがブラウザの仕様かもしれません。認識誤りでしたらどこかでつぶやいてください。

1.option要素を非表示にするケース

フォームの動作によっては、option要素の一部を非表示にしたい場合があると思います。

たとえばフォームに2つのselect要素があり、1つめのselect要素を選択した結果によって2つめのselect要素のoptionの表示を変更したいときなどです。

このエントリーでは事象の紹介だけにとどめ、解決方法は別エントリーしたいと思います。

2.サンプル

事象を発生させるサンプルを作りました。

サンプル
サンプル

サンプルでは次のHTMLマークアップを用いています。

<select name="foo">
<option value="" selected="selected">-選択してください-</option>
<option value="01">01</option>
<option value="02">02</option>
<option value="03">03</option>
<option value="04">04</option>
<option value="05">05</option>
<option value="06">06</option>
<option value="07">07</option>
<option value="08">08</option>
<option value="09">09</option>
<option value="10">10</option>
<option value="11">11</option>
<option value="12">12</option>
<option value="13">13</option>
<option value="14">14</option>
<option value="15">15</option>
<option value="16">16</option>
<option value="17">17</option>
<option value="18">18</option>
<option value="19">19</option>
<option value="20">20</option>
<option value="21">21</option>
<option value="22">22</option>
<option value="23">23</option>
<option value="24">24</option>
<option value="25">25</option>
</select>

「01~20を非表示にする」のボタンをクリックすると、25のoption要素のうち、前半の20のoption要素をCSSで非表示(display:none)にします。

3.ブラウザの挙動

ボタンをクリックしたあとの表示はブラウザの挙動は次のようになります。

まず、Firefoxでは非表示にした分が空白として残ります。空白部分を選択することはできません。

Firefoxの挙動

次に、Google Chromeではプルダウンメニューの高さが出なくなってしまいます。確認したところ、非表示にするoption要素が増えるたにびプルダウンメニューの高さが次第に狭くなり、非表示にするoption要素が20を超えると1行分しか表示されない事象が発生するようです。

Google Chromeの挙動

最後にIE9ですが、非表示にすらなりません。

3.disabledにした場合の動作

CSSで非表示にするのではなくdisabled属性を設定した場合、どのブラウザについても正常に動作するようです。

disabledにしたoption属性は表示されますが、選択ができない状態になります。動作はサンプルでお試しください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)