Finale PrintMusicで複付点音符を入力する

Finale PrintMusicで複付点音符を入力する

Posted at December 16,2012 1:55 AM
Tag:[Finale, PrintMusic]

Finale PrintMusicで複付点音符を入力する方法を紹介します。

1.問題点

次のような楽譜があります。1拍目の長さは3拍半あるので1拍目と4拍目の表をタイ記号でつないでいます。

複付点音符なし

この1拍目の音符を以下のように複付点音符で表記したい場合がありますが、Finale PrintMusicでの入力方法が不明です。

複付点音符あり

2.複付点音符を入力する(ステップ入力用パレット)

まず、ステップ入力用パレットで2分音符アイコンと付点アイコンを選択。

ステップ入力用パレット

これで1拍目に付点2分音符を設定します。

付点2分音符を設定

次に、ステップ入力用パレットで2分音符アイコンをもう一度クリックして解除し、付点アイコンだけが選択された状態にします。

ステップ入力用パレット

これで付点だけを入力できる状態になるので、2分音符にカーソルをあててクリック。カーソルにも付点がついています。

複付点を入力

これで複付点音符になりました。

複付点音符

上記は付点音符から複付点にする方法を紹介しましたが、最初に2分音符だけを入力しておき、音符上で2回クリックすれば付点を2つつけることもできます。

3.複付点音符を入力する(高速ステップ入力ツール)

高速ステップ入力ツールで入力する場合、該当の音符を選択。

複付点音符

この状態でピリオド「.」キーを押下すれば付点が入力されます。

複付点音符

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)