iPadやiPad miniでファイルを保存・管理できる「Bridge Reader」

iPadやiPad miniでファイルを保存・管理できる「Bridge Reader」

Posted at January 25,2013 12:55 AM
Tag:[]

iPadやiPad miniでファイルを保存・管理できるKING GIMの「Bridge Reader」を紹介します。

Bridge Reader
Bridge Reader

1.主な機能

ドキュメント・画像・音楽・映像ファイルを、このアプリ1つで管理・閲覧することができます。

カメラロールの画像をPDFに変換することができます。また、PDFファイルや画像ファイルを結合することもできます。

「カメラロール」「iTunes(ファイル共有)」「メール」を利用したデータ転送の他に、
「Dropbox」とも連携することができます。

2.インストール

ホームにある「App Store」をタップして「Bridge Reader」で検索するとアプリが表示されるので、「無料」をタップ。
※価格は350円ですが2013年1月末まで無料でダウンロードできます。

Bridge Reader

「Appをインストール」をタップ。

インストール

インストールが開始します。

インストール開始

3.基本的な使い方

メールで添付されたファイルを開く場合、添付ファイルを長押しして「Bridge Readerで開く」をタップ。

メールで添付されたファイルを開く

これで「Bridge Reader」でファイルを見ることができます。画面のどこかをタップしたらメニューの表示・非表示を切り替えることができます。

(クリックで拡大)
ファイルを表示

左上に表示された×印をタップすれば管理画面に移動できます。その右側にあるアイコンは閲覧時の表示切替用です。

メニュー

メールから開いたファイルは「インボックス」というフォルダに自動保存されるようです。

管理画面

右上のアイコンをタップしてリスト表示からアイコン表示に切り替え、アイコンを長押しして左側のフォルダにドラッグすることで、ファイルを別のフォルダに移動できます。

別のフォルダに移動

上部の「編集」をタップすれば、新しいフォルダを作ったり削除することもできます。

編集

上部の「設定」をタップすれば、DropBoxとの連携などが表示されます。

設定

具体的な操作方法についてはYouTubeに動画がアップされているので、そちらをご覧ください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)