Movable TypeのTinyMCEに任意のボタンを追加する方法

Movable TypeのTinyMCEに任意のボタンを追加する方法

Posted at February 6,2013 12:55 AM
Tag:[MovableType, Plugin, TinyMCE]

Movable TypeのTinyMCEに任意のボタンを追加する方法を紹介します。

完成イメージ
完成イメージ

1.TinyMCEのカスタマイズについて

Movable Typeでは、バージョン5.2以降からリッチテキストエディタとしてTinyMCEが採用されました。

TinyMCE

MT5.1まで提供されていたテキストエディタでは、プラグインを使ったカスタマイズが行えましたが、TinyMCEでは同じカスタマイズを行うことができません。

TinyMCEに新たな要素を追加といったカスタマイズを行うには、基本的にデフォルトで用意されているTinyMCEのプラグインを利用します。

TinyMCEのプラグインは、

mt-static/plugins/TinyMCE/tiny_mce/plugins

配下に用意されています。

1つのアイコンに1つの要素を割り当てようと試みたのですが、プラグインをざっとみたところ、そのような都合のよいものは用意されていないようです。

2.プルダウンメニューを表示する

ということで、冒頭のスクリーンショットのようにspan要素とpre要素を追加する方法を紹介します。

これはTinyMCEの「template」というスタイル用のプルダウンメニューを表示するプラグインを利用しています。

プルダウンメニューを表示するには、MTプラグイン形式で追加します。サンプルを作りましたのでご自由にお使いください。

SampleTinyMCE_1_00.zip

プラグインの構成は次のようになります。

mt-static/
 └ plugins/
   └ SampleTinyMCE/
     └ extension.js
plugins/
 └ SampleTinyMCE/
   ├ config.yaml
   └ tmpl/
     └ extension.tmpl

まず、次の内容でconfig.yamlを作成します。

id: SampleForTinyMCE
name: SampleForTinyMCE
version: 1.00
editors:
    tinymce:
        extension: extension.tmpl

次の内容でextension.tmplを作成します。

<mt:setvarblock name="js_include" append="1">
<script type="text/javascript" src="<mt:var name="static_uri">plugins/SampleTinyMCE/extension.js"></script>
</mt:setvarblock>

プラグインのメインとなるextension.jsの内容は次のようになります。

(function ($) {
var config = MT.Editor.TinyMCE.config;
var styles = [
        { title: 'span', inline: 'span', classes: 'foo' },
        { title: 'pre', block: 'pre' }
    ];
$.extend(config, {
    plugins: config.plugins + ',template',
    plugin_mt_wysiwyg_buttons4: 'styleselect',
    style_formats: styles
});
}(jQuery));

変数styleの部分に表示したい要素を記述します。

var styles = [
        { title: 'span', inline: 'span', classes: 'foo' },
        { title: 'pre', block: 'pre' }
    ];

「title:」に編集画面に表示する名称、「inline:」または「block:」にテキストエリアに埋め込む要素名、「classes:」はclass属性を設定します。「inline:」を使うと、囲んだ要素をさらにp要素で括ります。

利用するプラグインは「plugins:」に追加します。

    plugins: config.plugins + ',template',

表示するエリアを「plugin_mt_wysiwyg_buttons4:」で指定します。「~4」は4段目を意味するみたいです。

    plugin_mt_wysiwyg_buttons4: 'styleselect',

先程のスタイルを「style_formats:」に加えます。

    style_formats: styles,

他にもオプションがあるようですがここでは割愛しています。

ということで、任意の要素を追加したい場合にご利用ください。

2014.07.24
本文を一部修正しました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)