Movable Typeの日付カスタムフィールドを2つ使って「開催中」を表示する方法

Movable Typeの日付カスタムフィールドを2つ使って「開催中」を表示する方法

Posted at February 22,2013 12:03 AM
Tag:[CustomField, Customize, MovableType]

Movable Typeの日付カスタムフィールドを2つ使って「開催中」を表示する方法を紹介します。

1.概要

先日「Movable Typeの日付カスタムフィールドを使って現在時刻と比較する方法」を紹介しましたが、本エントリーではカスタムフィールドに設定した開始日と終了日をチェックして、現在の日付が期間内であれば「開催中」と表示します。

下のスクリーンショットは「最近のブログ記事」の右側に状況を表示させてみたものです。

完成例
完成例

前のカスタマイズ同様、jQueryを使ってリアルタイムに判定します。

2.事前準備

次のようなカスタムフィールドを事前に2つ作成してください。

まず、開始日用のカスタムフィールドです。

  • システムオブジェクト:ブログ記事
  • 名前:開始日(任意の名称でOK)
  • 種類:日付と時刻
  • オプション:日付と時刻
  • ベースネーム:(任意の名称)
  • テンプレートタグ:EntryCFStartDate

もうひとつは終了日用のカスタムフィールドです。

  • システムオブジェクト:ブログ記事
  • 名前:終了日(任意の名称でOK)
  • 種類:日付と時刻
  • オプション:日付と時刻
  • ベースネーム:(任意の名称)
  • テンプレートタグ:EntryCFEndDate

テンプレートタグは以降に示すサンプルコードとあわせるためのものですので、実際の名称は何でもかまいません。

作成後、ブログ記事作成時にこのカスタムフィールドを設定してください。

3.日単位で判定し「予定」「開催中」「終了」を表示する

日単位で判定し、冒頭のスクリーンショットのように、開始日より過去であれば「予定」、開始日および終了日を含んだ範囲であれば「開催中」、終了日を過ぎた場合は「終了」を表示します。

この場合、日付カスタムフィールドの時分秒は開始日・終了日ともに必ず「00:00:00」と設定してください。

まず、メインページやブログ記事アーカイブのMTEntriesタグ内のMTEntryTitleタグの右側に、2項で作成したカスタムフィールドタグ「MTEntryCFStartDate」および「MTEntryCFEndDate」を記述します(赤色部分)。

<mt:Entries>
  <$mt:EntryTitle$> <span class="icon" style="display:none"><$mt:EntryCFStartDate format="%Y:%m:%d:%H:%M:%S:"$><$mt:EntryCFEndDate format="%Y:%m:%d:%H:%M:%S"$></span>
</mt:Entries>

MTEntryCFStartDateタグとMTEntryCFEndDateタグにformatモディファイアを使って、

YYYY:MM:DD:HH:MM:SS:YYYY:MM:DD:HH:MM:SS

と表示するようにします。これはあとでJavaScript(jQuery)で処理しやすいようにするためです。

また、この部分はstyle属性「display:none」で非表示にしているので、JavaScriptが有効になっていない場合でも表示されることはありません。

続いて次のコードを同じテンプレートに埋め込みます。埋め込み位置は、head要素内かbody終了タグの直前です。

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.0/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
<!--
// 開催中の場合に表示させたい内容
var during_content = '開催中';
 
// 過去の場合に表示させたい内容
var old_content = '終了';
 
// 未来の場合に表示させたい内容
var future_content = '予定';
 
var currentDate = new Date(); 
jQuery(function(){
    jQuery('.icon').each(function(){
        time = (jQuery(this).text()).split(":");
        var startDate = new Date(time[0], time[1]-1, time[2], time[3], time[4], time[5]); 
        var endDate = new Date(time[6], time[7]-1, time[8], time[9], time[10], time[11]); 
        var start = (startDate.getTime()/(24*60*60*1000)) - (currentDate.getTime()/(24*60*60*1000)); 
        var end = (endDate.getTime()/(24*60*60*1000)) - (currentDate.getTime()/(24*60*60*1000)); 
        start = Math.ceil(start);
        end = Math.ceil(end);
        if (start <= 0 && end >= 0) {
            jQuery(this).html(during_content);
            jQuery(this).css('display', 'inline');
        } else if (start > 0) {
            jQuery(this).html(future_content);
            jQuery(this).css('display', 'inline');
        } else if (end < 0) {
            jQuery(this).html(old_content);
            jQuery(this).css('display', 'inline');
        }
    });
});
//-->
</script>

赤色の「開催中」「終了」「予定」は好きな内容に変更してください。

次のようにimg要素を記述すれば、画像を表示させることもできます。

// 開催中の場合に表示させたい内容
var during_content = '<img src="http://user-domain/during.jpg" />';
 
// 過去の場合に表示させたい内容
var old_content = '<img src="http://user-domain/end.jpg" />';
 
// 未来の場合に表示させたい内容
var future_content = '<img src="http://user-domain/future.jpg" />';

4.「本日初日」「本日最終日」も表示する

さらに実践的なサンプルとして、「予定」「開催中」「終了」に加えて、「本日初日」「本日最終日」も表示してみます。

この場合も、日付カスタムフィールドの時分秒は開始日・終了日ともに必ず「00:00:00」と設定してください。

「本日初日」「本日最終日」を表示するには、3項のjQueryの部分を以下の内容と差し替えればOKです。

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.0/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
<!--
// 開催中の場合に表示させたい内容
var during_content = '開催中';
 
// 過去の場合に表示させたい内容
var old_content = '終了';
 
// 未来の場合に表示させたい内容
var future_content = '予定';
 
// 初日に表示させたい内容
var init_content = '本日初日';
 
// 最終日に表示させたい内容
var last_content = '本日最終日';
 
var currentDate = new Date(); 
jQuery(function(){
    jQuery('.icon').each(function(){
        time = (jQuery(this).text()).split(":");
        var startDate = new Date(time[0], time[1]-1, time[2], time[3], time[4], time[5]); 
        var endDate = new Date(time[6], time[7]-1, time[8], time[9], time[10], time[11]); 
        var start = (startDate.getTime()/(24*60*60*1000)) - (currentDate.getTime()/(24*60*60*1000)); 
        var end = (endDate.getTime()/(24*60*60*1000)) - (currentDate.getTime()/(24*60*60*1000)); 
        start = Math.ceil(start);
        end = Math.ceil(end);
        if (start < 0 && end > 0) {
            jQuery(this).html(during_content);
            jQuery(this).css('display', 'inline');
        } else if (start > 0) {
            jQuery(this).html(future_content);
            jQuery(this).css('display', 'inline');
        } else if (end < 0) {
            jQuery(this).html(old_content);
            jQuery(this).css('display', 'inline');
        } else if (start == 0) {
            jQuery(this).html(init_content);
            jQuery(this).css('display', 'inline');
        } else if (end == 0) {
            jQuery(this).html(last_content);
            jQuery(this).css('display', 'inline');
        }
    });
});
//-->
</script>

赤色部分は3項と同様、好きな内容に変更してください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメント

オリジナルの質問をした者です。チュートリアルありがとうございます!すごく実用的で早速試してみました。

一つ最後の「4」スクリプトで「本日最終日」の表示タイミングにズレがあるみたいです。

[1] Posted by kohei.myopenid.com logo : February 28, 2013 3:38 PM

コメント欄でエラーが出てしまい途中で送信してしまいました。
続きになります。

[2] Posted by kohei.myopenid.com logo : February 28, 2013 3:51 PM

申し訳ございません。長文を入力しようとすると「短い期間にコメントを大量に送りすぎです。しばらくたってからやり直してください」とのエラーがでてしまい続きが送れません。。。Google ChromeでUncaught ReferenceError: commenter_name is not defined
というエラーが発生しています。

[3] Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/8FjVSfBDRrxF5bFJZSNhBsmYbtHsdrO42Q4-#f137b logo : February 28, 2013 4:16 PM

>koheiさん
こんばんは。
ご返事遅くなってすいません。

ご指摘の件は動作が確認出来次第エントリーを更新したいと思います。
よろしくお願い致します。

[4] Posted by yujiro logo : March 10, 2013 10:04 PM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)