ウェブサイトの画像にAmazonのアフィリエイトリンクを簡単に設定できる「Amazon Publisher Studio」の使い方

ウェブサイトの画像にAmazonのアフィリエイトリンクを簡単に設定できる「Amazon Publisher Studio」の使い方

Posted at April 14,2014 1:55 AM
Tag:[Affiliate, Amazon]

ウェブサイトの画像にAmazonのアフィリエイトリンクを簡単に設定できる「Amazon Publisher Studio」の使い方を紹介します。

Amazon Publisher Studio

1.完成イメージ

まず最初に、「Amazon Publisher Studio」でウェブサイト上の任意の画像に設定したアフィリエイトリンク(赤枠部分)です。

リンク

このリンクにマウスをポイントすると、次のように商品情報が表示されます。

リンク

ということで、「Amazon Publisher Studio」の使い方を紹介します。

「Amazon Publisher Studio」を利用するにはサイトの登録が必要なので、その手順から説明します。

なお本エントリーの説明では、Amazonアソシエイトの登録が事前に完了していることが前提です。

2.「Amazon Publisher Studio」へのサイトの登録

アソシエイト管理画面の上部メニューにある「Publisher Studio」をクリック。

アソシエイト管理画面

Publisher Studioの管理画面が表示されます。まだ何も登録されていない状態では「このアソシエイトIDで登録されているサイトはありません」と表示されます。

(クリックで拡大)
Publisher Studioの管理画面

「新規サイトの登録」で「サイト/サービス名」に任意の名称を入力して「JavaScriptを生成する」をクリック。

新規サイトの登録

このブログでは次のように「小粋空間」と入力してみました。

サイト名の入力

これで登録されたようです。

サイト登録完了

その下に表示されたJavaScriptをコピーして、ブログのbody終了タグの直前などにペースト・保存します。

JavaScript

「ツールバーを有効にする」をクリック。

ツールバーを有効にする

「有効になりました」と表示されればOKです。

ツールバーを有効にする

ちなみに時間が経過してサインアウトされてしまった状態でこの操作を行うと、次のような「Not Authenticated」が表示されるため、再度サインインしてからこの操作を行うとよいでしょう。

ツールバーを有効にする

3.アフィリエイトリンクの追加

2項の設定を行った後でブログにアクセスすると、ページ上部にAmazon Publisher Studioのツールバーが表示されます。このツールバーはウェブサイトの閲覧ユーザーには表示されません。

(クリックで拡大)
ツールバー

「ログイン」をクリック。

ツールバー

これで表示が切り替わります。

ツールバー

「タグ」をポイントすると「ページモード」と「シアターモード」が表示されます。ここでは「ページモード」をクリック。または「タグ」をクリックしても同じ動作になります。

ツールバー

それではページを移動して、以下の画像ファイルにアフィリエイトリンクを設置してみたいと思います。

ツールバー

「タグ」をクリックすると、画像にグレーのレイヤーが表示されます。

ツールバー

リンクを追加したい画像をクリックすると、検索フォームが表示されます。

検索フォーム

画像に対応する商品名を入力して「検索」をクリック。入力内容はインクリメンタル検索で常に補完されるようです。

検索フォーム

商品の一覧が表示されるので、その中からリンクさせたい商品をクリック。

検索結果

画像の右下にリンクが追加されました。

リンク

ツールバーの「タグ」を再度クリックして編集モードから抜けると、冒頭に示した画像のようにアフィリエイトリンクが追加された画像が表示されます。

リンク

「シアターモード」を選択すれば、次のようにページ内で利用している画像の一覧が表示され、そこからリンクを設定することができます。

(クリックで拡大)
シアターモード

リンクの設定方法はタグモードと同じです。

4.アフィリエイトリンクを無効にする

アフィリエイトリンクを無効にするには、サイトに追加したJavaScriptを削除するのではなく、管理画面の「ステータス」から「非表示」をクリックすればOKです。

ステータス

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)