Excelでセルの合計値を素早く計算する方法のまとめ

Excelでセルの合計値を素早く計算する方法のまとめ

Posted at April 17,2014 12:55 AM
Tag:[Excel]

Excelでセルの合計値を素早く計算する方法をまとめて紹介します。

1.はじめに

セルの合計を計算するときにはSUM関数を使いますが、数式バーに「=SUM()」と入力してセルを選択する手順では手間がかかります。

数式バーに「=SUM()」を入力
数式バー

ということで、セルの合計を素早く簡単に計算する方法を紹介します。

2.連続した範囲の合計をセルに表示する

まず、下のスクリーンショットように、B2~B10セルにある連続した値の合計をセルに表示させます。

連続した値

B2~B10セルをマウスのドラッグで選択します。

セルを選択

メニューから「ホーム」タブをクリック。

メニュー

この状態で「Σ」アイコンをクリック。

「Σ」アイコン

これでB11セルに合計が表示されます。

合計を表示

3.連続した範囲の合計を表示する

2項のデータをセルに表示するのではなく、単に値を知りたい場合の方法です。

1項と同じように、B2~B10セルをマウスのドラッグで選択します。

セルを選択

これで画面下のステータスバーに合計が表示されます。

合計が表示

選択したセルの個数や平均値なども同時に表示されます。

4.不連続なセルの合計をセルに表示する

今度は下のスクリーンショットように、B2/B4/B7/B8/B10という不連続なセルの合計をセルに表示させます。

不連続なセル

合計を表示したいセルを選択。ここではB11セルを選択します。

セルを選択

「Σ」アイコンをクリック。

「Σ」アイコン

最初はB2~B10が選択された状態になりますが、無視してB2セルをクリック。

B2~B10が選択された状態

これでB2のみが選択された状態に変わり、SUM関数に「B2」が表示されます。続いてカンマキーを押下。

B2のみが選択された状態

ちょっと分かりにくいですがこれでSUM関数に表示されている「B2」の後方にカンマがつきます。

カンマがついた状態

続いてB4セルをクリックし、さきほどと同じようにカンマキーを押下。

B4セルをクリック

上記の「セル選択→カンマ押下」という手順を繰り返し、不連続なセルをすべて選択します。連続しているセルはドラッグで選択してからカンマキーを押下します。

不連続なセルをすべて選択

最後にリターンを押下すれば、B11セルに合計が表示されます。

B11セルに合計が表示

5.不連続な範囲の合計を表示する

4項のデータをセルに表示するのではなく、単に値を知りたい場合です。

Ctrlキーを押しながらB2/B4/B6/B7/B10セルを選択。

セルを選択

3項と同様、これで画面下のステータスバーに合計や選択セルの個数などが表示されます。

合計が表示

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)