Excelでセルの中にグラフを表示する方法のまとめ

Excelでセルの中にグラフを表示する方法のまとめ

Posted at May 2,2014 2:22 AM
Tag:[Excel]

Excelでセルの中にグラフを表示する方法のまとめです。

ここでは次の2種類のグラフ表示について説明します。

セルの数字に対応するグラフを同じセルに表示
セルの数字に対応するグラフを同じセルに表示

複数のセルの対応するグラフを別のセルに表示
複数のセルの対応するグラフを別のセルに表示

1.セルの数字に対応するグラフを同じセルに表示

B2セル~B11セルに設定された数値をグラフにします。

B2セル~B11セルに設定された数値

まず、B2セル~B11セルを選択した状態にします。

セルを選択

「ホーム」タブをクリック。

「ホーム」タブ

「条件付き書式」→「データバー」→「塗りつぶし(グラデーション)」から好きな色を選択。

条件付き書式

これでセルにグラフが表示されました。

セルにグラフ表示

条件付き書式には他にもさまざまな表示方法があります。たとえば「条件付き書式」→「アイコンセット」→「方向」から好きなパターンを選択。

アイコンセット

これでセルに矢印が表示されます。

セルに矢印表示

グラフを取り消すには、「条件付き書式」→「ルールのクリア」から「選択したセルからルールをクリア」または「シート全体からルールをクリア」のどちらかを選択します。

グラフの取り消し

その他、きめ細かいルール設定などで表示方法を変更することができます。

2.複数のセルの対応するグラフを別のセルに表示

1項で使ったB2セル~B11セルに設定された数値を別のセルにグラフとして表示します。

まず、B2セル~B11セルを選択した状態にします(あとで選択しても構いません)。

セルを選択

「挿入」タブをクリック。

「挿入」タブ

「スパークライン」→「縦棒」をクリック。

スパークライン

スパークラインの作成画面が表示されるので、データの範囲を指定します。グラフの元データは選択されているので、ここではグラフ(以下、スパークライン)の配置先を指定します。

スパークラインの作成画面

フィールドに値を手入力してもかまいませんが、任意のセルをクリックすれば設定されます。ここではD5セルをクリックします。選択後、「OK」をクリック。

スパークラインの配置先

これでセル内にスパークラインが表示されます。

グラフ(スパークライン)を表示

スパークラインのセルが選択されている状態では、「スパークラインツール」というメニューが開き、グラフの種類やデザイン、特定の軸の色を変更することなどができます。

(クリックで拡大)
スパークラインツール

スパークラインを取り消すには、「スパークラインツール」→「クリア」からから「選択したスパークラインのクリア」または「選択したスパークライングループのクリア」のどちらかを選択します。

スパークラインの取り消し

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)