Firefox29でリロードボタン・停止ボタンの位置を移動させる方法

Firefox29でリロードボタン・停止ボタンの位置を移動させる方法

Posted at May 29,2014 1:23 AM
Tag:[Addon, Firefox]

Firefox29でリロードボタン・停止ボタンの位置を移動させる方法を紹介します。

1.はじめに

Firefox29になってレイアウトが変わりました。

それによりカスタマイズできる内容も変更されたようです。

Firefox29のリロードボタンは、アドレスバーの右側に表示されています(停止ボタンはリロード中に同じ位置に表示)。

Firefox29のリロードボタン
リロードボタン

Firefox28のリロードボタンもアドレスバーの右側に表示されています。

Firefox28のリロードボタン
リロードボタン

が、Firefox28までは「ツールバー」→「カスタマイズ」でリロードボタンを移動することができました。

Firefox28:「ツールバー」→「カスタマイズ」でボタンの移動が可能な状態
リロードボタン

Firefox28:リロードボタン・停止ボタンを移動したところ
リロードボタン

が、Firefox29以前ではカスタマイズ画面を表示しても、リロード・停止ボタンの配置をカスタマイズすることができました。

Firefox29:カスタマイズ画面を表示してもリロードボタンは対象外
リロードボタン

ということで、Firefox29でリロードボタン・停止ボタンの位置を移動させる方法を紹介します。

2.「Classic Theme Restorer」アドオンのインストール

リロードボタン・停止ボタンの位置を移動させるために「Classic Theme Restorer」アドオンを利用します。

Firefoxボタンの「アドオン」をクリック。

Firefoxボタン

検索フォームに「Classic Theme Restorer」を入力して検索。

検索フォーム

「Classic Theme Restorer」の「インストール」をクリック。

Classic Theme Restorer

インストール後「今すぐ再起動する」をクリック。

Classic Theme Restorer

2.「Classic Theme Restorer」アドオンの設定

再起動したあと、Firefoxボタンの「アドオン」→「拡張機能」タブ→「Classic Theme Restorer」の「設定」をクリック。

Classic Theme Restorer

設定画面が開きます。

Classic Theme Restorer設定画面

以下の3つの項目をチェックしてOKをクリック。

  • Movable back-forward button
  • Hide urlbars stop & reload functions
  • Combine stop & reload buttons

Classic Theme Restorer設定画面

Firefoxボタンの「カスタマイズ」をクリック。

Firefoxボタン

カスタマイズ項目に「更新」と「中止」のアイコンが表示されます。

Classic Theme Restorer設定画面

「中止」→「更新」の順にアイコンをアドレスバーの左側にドラッグします。

Classic Theme Restorer設定画面

「カスタマイズを終了」をクリック。

Classic Theme Restorer設定画面

これでリロードボタンを移動できました。

Classic Theme Restorer設定画面

なお、カスタマイズしただけの状態ではリロードボタンがクリックできる状態にならないので、Firefoxを再起動します。

Firefoxを再起動後、リロードボタンがクリックできる状態になります。中止ボタンはリロード中に表示されます。

Classic Theme Restorer設定画面

中止ボタンを常に表示したい場合は「Combine stop & reload buttons」のチェックをはずすか、「更新」→「中止」の順にアイコンを並べ替えてください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)